[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「琵琶湖」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京
歴史の道 歩き旅 (忍者の里から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅)

滋賀県甲賀市にある甲賀もち工房。幻の米といわれる貴重な滋賀羽二重糯をつかった餅は、きめが細かく粘りがあるのが特徴。つきたて餅(ゆずみそ)を頂いた渡辺正行は、伸びますね、ゆずみそが合いますねなどとコメント。この地でよくのびる餅ができるのは、かつてここは琵琶湖の底で、土と滋賀羽二重糯の相性がいいからだという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 20:54 - 21:54 テレビ朝日サタデーステーション(ニュース)
GW初日、上空に流れ込んだ寒気の影響で天気の急変が相次ぎ、隔地で突風による被害が相次いだ。琵琶湖では9隻が転覆するなどし11人が投げ出されるが全員救助された。当時大津市では瞬間的に20m近い突風だった。目撃者は豪雨みたいな感じだった。1時間もない一瞬だったと語る。広島市ではイベント用の遊具が風で倒れ5人が軽いけがをし、伊東市では運動会用のテント5張りが強風に飛ばされ1人がけが。また雷からの火災も相次いだ。掛川市では竹やぶから出火して3mほどの高さの炎があがった。前橋市では一戸建てが燃える火災が発生。家は留守だったためけが人はなし。気象庁は連休中出かける際は天気の変化に注意するよう呼びかける。

2017年4月29日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
連休の楽しみ方は人それぞれ。成田空港には朝から海外組が集まる一方で、旭山動物園や東京スカイツリーなども観光客で賑わった。各地で穏やかな春の陽が降り注いだが、午後から天気が崩れた。広島市の住宅展示場では、正午過ぎに遊具が風に煽られて倒れ、5人がけがをした。また、琵琶湖では強風の影響でヨットやボートが相次いで転覆した。

2017年4月27日放送 10:15 - 10:40 NHK総合趣味どきっ!三都・門前ぐるめぐり
京都で最も格式が高い南禅寺へ女優の酒井美紀が向かう。南禅寺門前の名物は豆腐のコース料理。豆腐専門誌の編集長を務める西尾俊治が案内する。最初に訪れたのは南禅寺の名所として知られる三門。ここから見える風景に京都の豆腐のおいしさの秘密があるという。京都は三方を山に囲まれ、東は鴨川、西には桂川があり、地下には琵琶湖に匹敵する量の地下水があるという。豆腐の7~8割は水が含まれているため水のおいしさが豆腐のおいしさに影響すると解説。西尾氏が見せてくれた江戸時代の名所案内には南禅寺の湯豆腐店が名物として紹介されていた。湯豆腐は南禅寺発祥ではなく門前の店で始まったという。豆腐は精のつく食べ物といわれ元気を出すために食されていたと解説。

2017年4月23日放送 0:58 - 2:08 TBSCOUNT DOWN TV(SPECIAL 1:CDTVアンケート)
アンケートの結果発表を紹介。今回のテーマは「47都道府県 私の町のNo.1アーティスト」。出身者や土地にゆかりのあるアーティストが選出されているほか、各都道府県で全国1位のものや名産品も紹介する。
北海道のアーティストはGLAY。全国1位は温泉地の数で、観光スポット・名物は「旭山動物園」だった。
青森県のアーティストは、HIPHOPアーティストCRAZY BOYとしても活躍するELLY(三代目J Soul Brothers)。全国1位はカップ麺の購入金額、観光スポット・名物は「りんご」だった。
岩手県のアーティストは福田こうへい。全国1位はゼリー消費数、観光スポット・名物は「わんこそば」だった。
宮城県のアーティストはRake。全国1位はサメ類の漁獲量、観光スポット・名物は牛タンだった。
秋田県のアーティストは高橋優。2016年に行われた凱旋ライブの様子が流れた。全国1位は睡眠時間の長さ、観光スポット・名物は「きりたんぽ」だった。
山形県のアーティストは林部智史。全国1位はラーメン店の店舗数、観光スポット・名物は「芋煮」だった。
福島県のアーティストはGReeeeN。全国1位は桐材の生産量、観光スポット・名物は「五色沼」だった。
茨城県のアーティストは石井竜也(米米CLUB)。全国1位はれんこんの収穫量、観光スポット・名物は納豆だった。
栃木県のアーティストは斉藤和義。全国1位はいちごの収穫量、観光スポット・名物は日光東照宮だった。
群馬県のアーティストはback number。全国1位は弁当の支出額で、観光スポット・名物は草津温泉だった。
埼玉県のアーティストは星野源。全国1位は快晴日数で、観光スポット・名物は草加せんべいだった。
千葉県のアーティストはBUMP OF CHICKEN。地元の千葉県で行われたバンド結成20周年記念ライブの様子を流した。全国1位は醤油の出荷額で、観光スポット・名物は東京ディズニーリゾートだった。
東京都のアーティストはAKB48。全国1位は一人あたりのビールの消費量、観光スポット・名物は東京スカイツリーだった。
神奈川県のアーティストはゆず。全国1位はチーズの出荷額で、観光スポット・名物は横浜中華街だった。
新潟県のアーティストはNGT48。全国1位は米菓の生産額、観光スポット・名物はコシヒカリだった。
富山県のアーティストはHikaru(Kalafina)。全国1位は住宅の広さで、観光スポット・名物は黒部ダムだった。
石川県のアーティストは中田ヤスタカ(CAPSULE)。全国1位はアイスクリームの消費量で、観光スポット・名物は兼六園だった。
福井県のアーティストはレキシ。全国1位はカツレツ消費量で、観光スポット・名物は越前がにだった。
山梨県のアーティストはレミオロメン。全国1位はヨーグルト支出額で、観光スポット・名物はほうとうだった。
長野県のアーティストは、出身メンバーが2人いるMrs.GREEN APPLE。全国1位は打ち上げ花火の生産額で、観光スポット・名物は善光寺だった。
岐阜県のアーティストはLiSA。全国1位は食品サンプルの生産量、観光スポット・名物は飛騨牛だった。
静岡県のアーティストは久保田利伸。全国1位はガーベラの出荷量で、観光スポット・名物は富士サファリパークだった。
愛知県のアーティストは7人のメンバーが愛知県出身のBOYS AND MEN。全国1位はアサリの漁獲量で、観光スポット・名物は名古屋城だった。
滋賀県のアーティストはT.M.Revolution(西川貴教)。全国1位はスマートフォンの普及率、観光スポット・名物は琵琶湖だった。
三重県のアーティストは西野カナ。全国1位は海女さんの人数で、観光スポット・名物は伊勢神宮だった。
奈良県のアーティストは堂本剛。全国1位はコーヒーの消費額で、観光スポット・名物は東大寺だった。
京都府のアーティストは倖田來未。全国1位は方言女子の人気度で、観光スポット・名物は清水寺だった。
大阪府のアーティストは、7人中5人が出身の関ジャニ∞。全国1位は喫茶店の店舗数で、観光スポット・名物は通天閣だった。
和歌山県のアーティストはhyde(L’Arc-en-Cie)。全国1位はケチャップ消費量で、観光スポット・名物はアドベンチャーワールドだった。
兵庫県のアーティストは堂本光一。全国1位はため池の数で、観光スポット・名物は姫路城だった。
鳥取県のアーティストは瀧本美織。全国1位はカレールウの消費量で、観光スポット・名物は鳥取砂丘だった。
島根県のアーティストは竹内まりや。全国1位はサバの消費量で、観光スポット・名物は出雲大社だった。
岡山県のアーティストは稲葉浩志。全国1位は学生服の生産量で、観光スポット・名物はきびだんごだった。
広島県のアーティストはPerfume。全国1位はソース消費額で、観光スポット・名物は嚴島神社だった。
山口県のアーティストは山崎まさよし。全国1位はおみくじの出荷量で、観光スポット・名物はふぐだった。
徳島県のアーティストは米津玄師。全国1位はLEDの生産量で、観光スポット・名物は鳴海海峡だった。
香川県のアーティストはダイスケはん(マキシマム ザ ホルモン)。全国1位はオリーブオイルの生産量で、観光スポット・名物は讃岐うどんだった。
愛媛県のアーティストはSuperfly。全国1位は真珠の生産量で、観光スポット・名物は道後温泉だった。
高知県のアーティストは岡本真夜。全国1位はなすの出荷量で、観光スポット・名物はカツオだった。
福岡県のアーティストは浜崎あゆみ。全国1位はたけのこの生産量で、観光スポット・名物は明太子だった。
佐賀県のアーティストは鷲尾伶菜(Flower)。全国1位は鯛の消費量、観光スポット・名物は佐賀牛だった。
長崎県のアーティストは福山雅治。地元での凱旋ライブより。全国1位はびわの出荷量。観光スポット・名物はハウステンボスだった。
熊本県のアーティストはWANIMA。全国1位はトマトの出荷量で、観光スポット・名物は熊本城だった。
大分県のアーティストは指原莉乃(HKT48)。全国1位は道路トンネル数で、観光スポット・名物は由布院だった。
宮崎県のアーティストは小渕健太郎(コブクロ)。全国1位は食料自給率で、観光スポット・名物はマンゴーだった。
鹿児島県のアーティストはAI。全国1位はウミガメの上陸数で、観光スポット・名物は桜島だった。
沖縄県のアーティストは安室奈美恵。全国1位は出生率で、観光スポット・名物は沖縄美ら海水族館だった。

2017年4月12日放送 1:45 - 2:44 NHK総合ETV特集女ひとり 70歳の茶事行脚
2014年7月、滋賀県琵琶湖を訪れた半澤鶴子さん。朝日漁港で琵琶マスを釣る漁師・松岡正富さんと出会ったことにより、漁師さんを相手に琵琶マスの料理を振る舞いたいと考えた。自然に歩み寄るため、夜は野宿。半澤さんは漁師さんたちに思いを伝え、茶事に誘う。しかし、38度の熱が出てしまった。
約束した茶事の当日、朝5時から準備を始めた半澤さん。熱は下がらないままだ。そこへ、新鮮な琵琶マスが届く。5人のお客様が来てくれたが、席入りの時刻が15分遅れてしまい、待たせてしまった。さらに、猛暑で準備していた野菜が傷んで使えなくなった。仕方なく、いかにも寂しい煮物椀をお客様にお出しする。お客様に楽しんでもらうことだけに集中して、4時間の茶事を終えた。
夏の旅のあと、半澤さんの表情に不安な影がさし始める。久しぶりに、故郷である広島県呉町音戸町へ帰る。ここで親戚の家に育てられた半澤さんは、「渇望があるから、根底に。厳しいほうにとびこんでいく貧乏性みたいなものがあったと思う。」と話す。4歳の頃から水くみが仕事だったという半澤さん。幼い体に井戸水の重さは過酷だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.