[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「TPP」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月1日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
先月29日、アメリカ・ペンシルベニア州で就任100日を迎えたトランプ大統領が支持者の前で演説。ひどいTPPから離脱したなどと成果を強調したほか、主要メディアが正しく評価していないなどと批判した。同日夜、ホワイトハウスでは大統領が出席しスピーチを披露するのが恒例となっている記者会主催の夕食会が開かれたが、トランプ大統領は欠席。今回の対応は極めて異例だという。夕食会でロイター通信のメーソン記者は、報道の自由こそが民主主義を築くものなどとスピーチした。

2017年5月1日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
トランプ大統領誕生から100日。各地では未だ反対デモが相次いでいる。一方、改めて「米国を再び偉大にする」と意気込んだトランプ氏。支持率は41%と低迷中だが、「我が政権は毎日職務を果たした」など満足げだ。そのうえで自分に批判的なメディアを「フェイクニュース」と批判。
就任時に掲げられた「米第一主義」。さっそくTPP離脱を実行する。しかしメキシコとの国境建設については、費用の目処立たず先送りへ。そして最大の物議を呼んだ入国禁止令。これは裁判所によって停止された。一方、大きく動いたのは軍事である。アサド政権が「化学兵器」使用したことで、シリア空爆へ。選挙中は海外介入に否定的だったトランプ氏。そのためシリア空爆は、むしろ公約を覆すようだ。なお北朝鮮に対しても「ハンバーガーを食べながら有益な取引したい」と示唆していた。しかし実際は軍事的圧力を強めている。
トランプ大統領の100日間の動きを解説。選挙中の公約と比較したところ、実行されたのは「TPP離脱」のみ。一方、シリア攻撃と北朝鮮牽制は突然行われた。専門家は「どう見ても軍事重視の国際主義に変わっている」と分析。背景へホワイトハウスの権力闘争か。つまり保守・強硬派のバノン首席戦略官と、現実主義のクシュナー上級顧問が方針争いをしている。専門家によると、バノン氏の影響力が低下している模様。
トランプ氏の支持率は42%と歴代最低。一方、投票した有権者の支持率は94%で高い。専門家は「米社会の分断ですね」と見通した。もしトランプ氏が従来と同じ政策しか取らなければ、有権者は離れていくだろう。そのため新たな革命を起こさねばならない。つまり日本も、予測不能な行動に付き合わされるということだ。

2017年4月30日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(ニュース)
日本時間の今日午前9時前、トランプ大統領は大統領選の勝利の鍵を握ったペンシルベニア州で政権発足100日を記念する集会を開いた。多くの支持者を前に、「この100日間は建設的だった」と述べ、TPPからの離脱や雇用の回復など、実現した公約をアピールした。一方でイスラム教徒の入国禁止やオバマケアの廃止、メキシコとの国境に壁を建設するといった公約については実現のメドは立っていない。29日にはアメリカの各地で大統領の政策に反対するデモが行われた。
ブッシュ大統領、クリントン大統領などアメリカの大統領は、政権発足100日目には、ホワイトハウスの担当記者が主催する夕食会に出席するのが慣例になっていた。だが、トランプ大統領は夕食会には出席せず、ほぼ同じ時間に集会を開催した。6年前に記者主催の夕食会にトランプ氏はメディア側の1人として出席したことがあるが、オバマ大統領にからかわれていた。今日の集会でトランプ大統領はCNNなど自身に批判的なメディアに対して、「フェイクニュース(偽ニュース)」と批判。一方、記者主催の夕食会で代表の記者は「私たちは偽ニュースではない。わたしたちは、アメリカ国民の敵ではない」と訴えた。選挙戦から取材を続けてきた松山俊行氏は「予測不可能な行動をとるのがトランプ政権だということが証明された100日間だった」と振り返った。今後の課題として外交面を挙げている。

2017年4月30日放送 17:20 - 17:30 テレビ東京TXNニュース(ニュース)
就任から100日を迎えたトランプ大統領は29日に支持者を集めて演説し、TPP離脱や株価の上昇などを成果として強調した。その上で、公約に掲げたメキシコ国境での壁の建設やオバマケアの見直し実現などに改めて意欲を見せた。一方、中国を為替操作国に指定するとの公約を実行していないことについては「中国は北朝鮮情勢でわれわれを助けてくれている」と理解を求めた。

2017年4月30日放送 12:00 - 12:15 NHK総合ニュース(全国のニュース)
トランプ大統領は就任から100日の日に合わせた集会で演説を行い、TPPからの離脱による雇用の創出や、外国首脳らと強固な関係を築くことができたなどの成果をアピールした。ワシントンではトランプ政権への抗議のデモが行われ、1万人以上が参加したと見られている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.