[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「TPP」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
就任が100日となったトランプ大統領の。これまでの成果を強調しアメリカ第一主義を掲げて政権運営に当たる決意をアピールした。この間に達成と果たした公約はどの程度実現できたのか。トランプ氏は「私の政権の100日は最も成功したといえる」と話した。トランプ大統領が公約として掲げた100日の行動計画。どの程度実現したのか、ます TPPの離脱、空席だった連邦最高裁判所の判事に保守派を使命は達成。しかし、中等などからの入国制限は裁判所の判断で執行停止に、さらにメキシコ国境に建設する壁は建設のめどがたっていない。オバマ前大統領が推進した医療保険制度改革通称アバマケア撤廃も議会の反対で代替案は取り下げに。厳しい政権運営を迫られているがそれでも強気の姿勢は崩していない。就任100日に合わせた世論調査の支持率は42%と戦後歴代大統領で最低、ただ大統領選でトランプ氏に投票した96%は判断は正しかったと回答している。
こうした中、際立っているのがトランプ大統領と主要メディアとの確執。記者たちはトランプ大統領の就任以来主要メディアを抵抗勢力とみなし批判を強めていることに危機感を募らせる。選挙中トランプ氏のスキャンダル追求するなどしたワシントン・ポストの記者デービット・ナカムラ氏はトランプ就任以降取材現場の雰囲気が大きく変わったという。主要メディアはトランプ氏は勝てないと軽視していていた。それが大統領になったトランプ氏になぜメディアを信じるのか、メディアは勝利はないと言わしめることになったと話す。 ホワイトハウスの記者会見で優先的に質問できるのは保守系のメディアで、トランプ大統領が政権に批判的なメディアのインタビューに応じることはほとんどない。

2017年4月29日放送 8:15 - 9:32 NHK総合週刊 ニュース深読み深読み
経済の面で今後の日本とアメリカがどうなっていくのか、田中アナウンサーのプレゼンが行われた。日本の主張は「貿易はアジア太平洋地域で」というものだったがアメリカの主張は「日米二国間で」と紹介。大統領就任後、トランプ氏はTPPを離脱した。TPPはアジア太平洋地域の三カ国が自由で公正なビジネスができるようにつくる統一ルール。発行を待つ段階まで行ったがトランプ大統領により白紙に戻った。アメリカ側には製造業が打撃を受ける、雇用が奪われるなどの声が上がっており日本ではアジア太平洋地域の経済成長を取り込みたいという声が上がっている。日本が2国間貿易協定を避けたい理由として、日米貿易摩擦があげられた。次回の会談は年内に予定されている。

2017年4月29日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
1月20日午前11時半盛大に行われた就任式。しかしその裏で国は分断されていた。あれから100日、お得意のツイッターで不満をこぼしたトランプ大統領。だが選挙直前2つの大きな公約2つを含む100日間行動計画を発表。100日にこだわっていたのはトランプ大統領本人だった。就任初日はTPPからの離脱を表明、さっそく公約を実現した形となった。オバマケアの代替案はまとまらず、メキシコの国境の壁の建設予算はメドが立っていない。入国停止措置は差し止めとなった。そんな中同盟国軽視や孤立主義に向かうのではないかと危惧されてた外交は日本とはゴルフでハイタッチ、中国に対する姿勢は和らげつつ、シリアにミサイルを打ち込み世界の警察官としてふるまっている。一方、経済ではNYダウが史上初2万ドルを達成。玉石混交トランプ政権に対する最新の世論調査では不支持が53%、支持が42%と戦後最も不人気の大統領となった。選挙でトランプ大統領に投票した有権者の96%が支持している。

2017年4月29日放送 6:00 - 6:25 NHK総合ニュース(ニュース)
29日の就任100日を前にしたトランプ大統領。公約として就任から100日間の行動計画を掲げており、TPPからの離脱の他、連邦最高裁判所の判事に保守派のゴーサッチ氏を指名し、就任させた。しかし、テロ対策として中東などからの入国を制限する大統領令は裁判所に執行を停止されたほか、メキシコとの国境沿いに壁を建設することは、建設費用やメキシコ側の協力の目処がたっていない。外交面では安倍総理大臣と首脳会談を行い、北朝鮮情勢などをめぐり同盟国との連携を打ち出したほか、化学兵器を使用した疑いがあるシリアのアサド政権に対し、軍事攻撃に踏み切った。アメリカのABCテレビなどが今月23日に発表した世論調査では、大統領を支持すると答えた人は42%と戦後歴代大統領で最低となった。

2017年4月28日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(エンディング)
日本総合研究所の高橋進は来週のTPP首席交渉官会合について解説。今回はアメリカは参加しないが、TPPをしないと中国中心のRCEPができてしまうと質が悪い貿易圏になるとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.