[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「甘えび」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 8:15 テレビ東京
厳選!いい宿 南伊豆・下賀茂温泉 豪華海の幸づくしの名湯宿

石廊館の夕食の紹介。大エビ堂ヶ島塩焼きや、アワビの踊り焼きなど、伊豆の地魚を取り揃えた料理だった。ボリュームもある。番組スペシャルプランで13500円(通常16200円)など。特典として湯上がりにワンドリンクか宿オリジナルアイスクリームをサービス。詳しくは番組HPまで。電話で予約もできる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月10日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
今月1日 、福井県坂井市の三国漁港から北西350km沖合の日本海の漁場・大和堆に、北朝鮮船籍と見られる小型木造船が現れた。昼夜を問わず違法操業を続ける船団の目的は不漁で価格の高騰しているスルメイカで、船の上では水揚げしたイカを干している様子もみられたほか、近くには魚の加工施設を備えたとみられる大型の母船もいて、数十隻で構成された大規模な船団に甘エビ漁の漁師らは命の危機を感じている。船団は日本の漁船にわざと近づいて威嚇してくることもあるという。船団が現れれる大和堆は水深が急激に浅くなる地形で、暖流と寒流が交わる豊かな漁場で、海域は日本が主張するEEZ(排他的経済水域)にあたる。韓国とは漁業を結んだ上で双方で操業しているが、国交のない北朝鮮とは取り決めがない。坂井市の漁師・五島精一さんは先月始めから北朝鮮漁船団を目撃していて、「35年間その海域に出漁しているが、北朝鮮漁船団が大量に来るのは今回が初めて」と述べ、今年の操業の可否を懸念していた。また小型木造漁船は流し網漁でイカを乱獲していて、1隻あたり4000mあまりの網を流す。網を流している上を船が航行すると、スクリューが網を巻き込んで航行不可能になる危険性がある。五島さんの話ではそうした船がこれまでに合わせて200隻ほど確認されたという。甘えび漁が近海で解禁となるのは9月からで、漁師たちはそれまでの6月から8月までの3か月間、違法船団の脅威のもと大和堆で漁を行なう。越前岬沖では、おととしにも北朝鮮のものとみられる漁船が漂流している。北朝鮮が最近になって日本の排他的経済水域に押し寄せてきた理由について、福井県立大学の島田洋一教授は「漁民による違法操業ではなく軍も絡んだ組織的な行動。北朝鮮は核ミサイルに軍事予算がかなり傾けられているため、一般の軍には予算がなく自分たちで稼がなければいけない状態。したがって日本の排他的経済水域に出てきて山を根こそぎさらっていく」と分析し、その上で、違法操業を防ぐには海上保安庁による警備の強化が欠かせないほか尖閣諸島をめぐる中国との問題を解決する必要性を指摘した。乱獲を続ける北朝鮮船団について、水産庁は漁業取締船で対応にあたる一方、海上保安庁は巡視船の派遣を検討している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.