[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「退位」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

天皇陛下の退位をめぐり、政府は2年後の2019年元日に、皇太子さまが新たな天皇に即位され、元号「平成」も改める方向で検討に入った。去年8月、退位の意向をにじませたお言葉の冒頭で、平成30年を節目のひとつに挙げられた陛下。2018年の年末を持って退位された場合、元号も変わることになる。その影響をうけるものの1つが、元号が書かれたカレンダーだ。カレンダーなどを販売する会社では、新元号発表の時期によって商品の完成に影響が出る。高橋書店日記事業部・吉田泰輔副部長は「2018年の1月には新元号が決まっていてほしい」と話した。政府は、今の天皇陛下に限り退位を認める特例法を制定する方向で調整を進めていて、春頃に関連法案を提出し、成立を図る考えだ。また、新元号に関しては事前に発表する案も浮上している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
天皇皇后両陛下は、おととい建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞の授賞式に出席された。そんななか、きのうの毎日新聞は、天皇陛下の退位をめぐる専門家の意見に、陛下が強い不満を漏らされていたと報じている。平川祐弘東大名誉教授ら保守系の専門家は、陛下の被災地訪問などの公務を縮小し、宮中祭祀だけを続ければ、退位する必要はないと主張していた。宮内庁関係者によると、国民との触れ合いを通し、象徴としての役割を果たそうと努めてきた陛下の生き方を全否定する内容に、「陛下はやるせない気持ちになっていた」という。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
19日、政府は閣議で天皇陛下の1代限りの退位を実現する特例法案を決定し国会に提出した。皇族が少なくなっている現状から女性宮家の創設などをめぐり与野党間での調整が行われる。

2017年5月19日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
天皇陛下の退位を認める特例法案が閣議決定。天皇陛下は先週は日本橋などでの公務でお出かけをしたが、今週は風邪のため一部の公務を中止されている。政府は天皇退位等に関する皇室典範特例法案を閣議決定。皇室典範になかった退位を特例として認める。天皇は退位後に上皇となり、上皇后となる。菅義偉官房長官は政府は速やかな法案成立を期したいと話した。国会での焦点は女性宮家創設について、議論することを付帯決議に明記するかどうか。秋篠宮殿下の長女・眞子さまのご婚約を受けて、皇族減少への対応が課題。京都産業大の所功名誉教授は「このままいくと、佳子さまも愛子さまも内親王が一般人となるため、男女を問わず皇室に残り、天皇皇后の役割をお手伝いしていただけるようにすることが皇室にとって大事」と指摘。
天皇陛下が退位し、譲位するまでに準備が多く必要。去年夏の天皇陛下のビデオメッセージには、平成30年という言葉が出てきた。平成30年12月後半に天皇陛下の退位、新天皇の即位、平成31年の元旦に新元号の案も検討している。京都産業大の所功名誉教授は「今の陛下が即位されて、平成31年1月7日で満30年。皇室では先祖のお祭りが1番大事で、10年、20年、30年の節目の祭りを行われて、ご自身が役割を果たして、それ以降に譲位なさることがふさわしい」とした。譲位は光格天皇以来200年ぶりのことで、所功名誉教授は宮殿の長和殿などで晴れやかな皇位継承の儀式を作って頂きたいとした。

2017年5月19日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
退位「閣議決定」も残る”課題”

2017年5月19日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
陛下退位の特例法案が閣議決定され、今後は女性宮家の話がどう進んでいくかというのが1つのポイントになるとみられる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.