[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「生活保護」 に関するテレビ情報

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ
実録!金の事件簿こんな奴らは許さない! 実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!

さいたま市の岩槻駅前。車から次々と降りてきた人を、緑色の作業着を着た男が誘導していた。その先には、岩槻区役所があった。誘導された人々は会議室へ。この日は、生活保護費の受給日だった。この会議室で、生活保護費が手渡されている。生活保護費を受給された人々は、柱のそばに立っていた男に生活保護費を手渡していた。封筒の名前と金額を読み上げながら、男はその後ろに立っていた別の男女に封筒を手渡していた。
集団が乗り込むと、バスは出発した。バスの後を追うと、東京・足立区にある「宗永寺」が運営する宿坊施設があった。宿坊施設を張り込むと、男性たちが列になり一人ずつ小さな建物の中へ。すると、男性たちは1000円札を持って出てきた。
施設にいたことがあるという男性によると、男性は突然男から「施設に入れば寝る所も食べるものもある」と声をかけられ、施設の入所契約書にサインしたという。しかし実際の暮らしは、3畳1間に布団とテレビがあるだけだった。収納もなく、冷暖房もなかった。施設では生活保護費13万円を全額預かり、その中から部屋代4万7700円、光熱費9000円、生活消耗品費6000円、管理費3000円、食事代3万円を天引き。残る3万4300円を、入居者に一日1000円ずつ返金していた。この問題に取り組む弁護士は、「弱みに付けこんで暴利を貪る貧困ビジネス」と話した。
施設を運営している宗教法人は、さいたま市内に5つの施設を建設し、373人を入居させている。宗教法人は、単純計算で年間4億2500万円を荒稼ぎしているとされる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月26日放送 6:00 - 6:15 NHK総合ニュース・気象情報(関東甲信越のニュース)
神奈川県小田原市で生活保護担当職員らが”不正受給しようとする人間はカスだ”と言う趣旨のジャンパーを着て受給者を訪問した問題で、再発防止策を検討してきた有識者の検討会で報告書の案を取りまとめた。その中で問題が起きた背景に職員に生活困窮者の支援者としての意識が弱く援助を受ける側の支店が軽視されていたと指摘している。その上で生活保護の理解を深める研修を増やすほか、無記名アンケートで受給者の声を聞くなどが提案された。この案は近く正式決定され、来月上旬にも小田原市長に渡される見通し。

2017年3月25日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(リポート)
大阪・西成区のあいりん地区では、月に1回労働者に向けて情報誌が発信されている。その誌面で人気があるのが、労働者の現状を描いた「カマやん」という4コマ漫画。作者のありむら潜さんは、あいりん地区の労働者を題材にユーモアに満ちた漫画を描き続けている。ありむらさんは、事実に基づいた物語にこだわりたいと、日頃から労働者との会話を大事にしている。
平成10年のあいりん地区は、バブルの崩壊で仕事を失った路上生活者で溢れかえっていた。その頃に書かれたカマやんでは、公園を追い出され右往左往する路上生活者の様子を表現している。変化するあいりん地区。生活保護などを利用することで、路上生活者は減っている。かつて労働者が格安で利用していた簡易宿泊所。壁は薄いベニヤ板で仕切られただけで、隣の部屋からの音が筒抜けだった。今は改装され、外国人観光客向けのホテルに変わっている。
カマやんが掲載されている情報誌は昭和53年に創刊され、今年1月で500号を迎えた。カマやんは40年に渡り一度も休まず、労働者たちに笑いを届けてきた。ありむらさんは、あいりん地区にも高齢化の波が押し寄せていると感じている。

2017年3月18日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ新・週刊フジテレビ批評テレビウィークリー
14日の「実録!金の事件簿」では、税金の滞納、生活保護の不正受給などと戦う人たちの姿を伝えた。問題を良くないと感じており共感できた、すべての税金滞納者に悪意があるような構成は良くないとの声が届いた。

2017年3月15日放送 19:00 - 21:54 日本テレビ「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル
2015年度の生活保護費の不正受給は4万3938件、169億9408万円にのぼり年々増加している。こうした一部の不正受給者のために本当に生活保護を必要としている人にも迷惑がかかっている。

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!
生活保護を利用した貧困ビジネスについて、浅田舞は「貧困ビジネスという言葉があること自体がすごく悲しい」などと話した。本村健太郎は「建前として社会福祉事業としてやっている。また入居者と合意の上でやっていると主張しているため、行政はこれ以上追及できない」などと述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.