[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「町田市(東京)」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:15 - 8:55 NHK総合
あさイチ スゴ技Q

ワイシャツの汚れ解決法を教わるため、洗濯を研究する東京・町田市の東京家政学院大学の藤居眞理子教授を訪ねた。まず部分汚れが目立つワイシャツから開始。40度程度のお湯で濡らしてから、固形石鹸を直接塗りつける。歯ブラシなどで汚れをかき出すように洗う。次に全体の黄ばみを落とすため漂白剤を使用する。
粉末漂白剤には過炭酸ナトリウムが含まれているが、色素を破壊する力がとても強い。使い方は40度のお湯に溶かし、服をつけ込む。予めシャツが濡らし、10分に1回かき回すとムラになりにくい。1時間つけたら、すすぎ&脱水&乾燥をして完成。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
先週金曜日、127議席をかけた東京都議会議員選挙がスタートした。初の週末、各党幹部が応援・支持を訴えた。各党が訴えたのは、最大の争点とされる市場移転問題についてだった。 菅義偉官房長官は、小池都知事が豊洲へ移転し築地はまた再整備をして帰ってくるようなあまりよく分からないことを発表したと話した。小池百合子代表は、市場移転の費用について費用が膨らんでいっている。そのためにどのような費用を年収するのかが問題である。山口那津男代表は、豊洲に移転することを安全対策、安心対策を講じて方向性を決めるべき、都議選の前に方向性を示すように知事に迫ったのは公明党です。志位和夫委員長は、小池知事の方針は日本共産党の主張が都政を一歩動かした。蓮舫代表は市場移転に税金がいくらかかるのか?二つの市場の役割分担は何なのか?西崎光子共同代表は、小池都知事の方針にはまだまだ十分な情報、中身を詰めていく議論が必要と語った。
都民ファーストの会と都議会自民党が火花を散らしている。都民ファーストの会は50人の公認候補をたて、公明党と合わせて過半数の64議席の確保を目標としている。先週土曜日小池知事は戦闘服のグリーンジャケットで先陣を切った。300人を超える聴衆を前に、森友・加計学園問題の象徴“忖度”という言葉を使い、自民党を痛烈批判した。さらに、元秘書への暴言暴行問題の豊田衆院議員にも触れた。一方、自民党の応援演説に下村博文都連会長が登場し、冒頭から議員の不祥事や加計学園問題について謝罪した。丸川珠代五輪相は、都民ファーストを褒めながらも小池知事をチクリとした。さらに、紆余曲折のす末、ようやくオリンピック・パラリンピックの準備を加速させることができたと皮肉めいた発言もあった。
翌日、小池知事は雨の中聴衆に対して、野球の応援のように傘を上下するように呼びかけ、小池流パフォーマンスをみせた。町田では、加計学園問題で追求された自民党の菅義偉官房長官が現れ、加計学園獣医学部が52年間認められていなかったことのう方が異常ではないか、丁寧に説明をさせていただきながら戻ることは許されないと語った。一方で都民ファーストを警戒する発言もあった。

2017年6月26日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
7月2日に東京都議選を控えた最後の日曜日、立候補者は選挙区で有権者に向けて最後のアピールを行った。都民ファーストの会率いる小池都知事は銀座四丁目など都内13ヶ所で「古い議会を新しくしよう」などと応援演説。公明党や生活者ネットワークは都民ファーストの会と選挙協力し「都政・国政ともに一貫して責任感を持っている政党は公明党のみ」「自民党と戦う思い」などと演説。一方都民ファーストと同調しない日本維新の会や民進党は「都知事に対し是々非々で評価できる議会・議員が必要」「自民・公明対日本共産党」 などと演説。自民党の応援演説に安倍総理は出ず、代わりに菅官房長官が「急遽設立された政党には都政は支えられない」などと演説、加計学園問題への反論も。有権者からは追及ばかりだが政策の議論はしているのか、国の問題なので説明責任があるなどの意見が出た。スタジオでは投票率の伸びが選挙結果に大きく影響するとの意見。都議選のポイントは三点、第一党がどの政党になるのか・豊洲移転問題の解決法・国政の試金石となることと述べた。

2017年6月26日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
都議選に国政はどこまで影響を及ぼすのだろうか。週末の舌戦で各党は加計学園問題での応酬を繰り広げた。焦点は”小池派”が過半数獲得できるかどうか。公明党は小池知事との連携をアピールした。下村博文都連会長は演説冒頭で国政の影響について反省の弁を述べ異例の演説となった。また取材に対し「都民ファーストに負けたくない」と述べた。小池知事は昨日の演説で都議会自民党を批判した。世論調査では投票先として自民党、都民ファーストの会が拮抗するも、投票先を決めていない人が6割の状態で無党派層の動向がカギとなっている。スタジオで鎌田靖が「(小池知事の演説について)都政、国政は違うということや自信の表れかもしれないが、安倍政権との対立を示すのを避けているように感じた」など話した。

2017年6月26日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
東京都議会議員選挙の期間中唯一の日曜日だったきのうは各党代表らが激しい論戦を繰り広げた。都議選では自民党と小池都知事の都民ファーストの会が都議会第一党の座をめぐり対決。これまでの都議選はその後に行われる国政選挙の結果を先取りしたことも。自民党候補者の応援には菅官房長官や二階幹事長ら幹部クラスが駆けつける。菅官房長官は小池都知事の豊洲移転と築地再整備案に「また築地へ帰ってくるようなあまりよくわからないことを発表した。自民党が主張しているようにそのまま進めていくべきじゃないか」など、加計学園問題については「国家戦略特区による規制改革は進めるべき」など訴えた。安倍総理が演説に立つことはなかった。一方で都民ファーストの会の小池代表は週末に25か所で応援演説を行った。小池代表は自民党から都民ファーストの会が第一党になった場合、議会のチェック機能が失われると批判されていることに「知事と議会の2元代表性が壊れるというが、そのような批判をしている自民党の都連はまさしくこれまで一元制でやってきて、自民党都連のお伺いを立てなければ予算も成立しなければ都庁の人事も進まない」などと述べて都議会改革を語った。小池代表は築地市場のお膝元の中央区で演説。移転問題についての発言なし。公明党は自民党との連携を断ち、都民ファーストの会と協力。同じく東京・生活者ネットワークも都民ファーストの会と協力関係を結ぶ。民進党・共産党は加計学園・森友学園の問題など安倍政権の国政批判を強調。都議選の投開票は7月2日。

2017年6月25日放送 2:00 - 2:30 日本テレビSENSORSシェアリングエコノミー
そして、日本でその普及のカギを握るのは多くの遊休資産を抱える地方。重松大輔がシェアリングエコノミーの事業を紹介。長崎県では今年3月に島原城をシェアするイベントを開催。横須賀市の猿島は東京湾に浮かぶ唯一の自然島。町田市は明治時代に建てられた古民家をシェア。16年の利用者は1000人以上に。日本ではハイヤーの配車がメーンのUBERだが、マイカーをアレンジする海外のライドシェアをアレンジしてすでに地方創生に取り組んでいる地域がある。京都・京丹後市と北海道・中頓別町の自治体ではUBERの技術を使ったマイカー配車サービスを行っている。地元住民が自家用車を運転し、乗客を目的地まで運ぶ相乗りサービスのシステムを提供。高橋正巳は「持続可能な交通の便を確保。地方に行けば一家に一台車がある状況なので、それをどう上手く活用できるか議論になってこの取り組みが始まった」など語る。遊休資産の中から空き時間に目をつけ昨年9月に開始したフードデリバリーサービス「UberEATS」はスマホで簡単に注文が可能。時間が空いている配達パートナーが配達員を抱えていないレストランが提供の料理を配達する。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.