[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「百条委員会」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 11:55 - 12:00 テレビ東京
TXNニュース (ニュース)

豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の百条委員会 は、まもなく移転を決めた当時知事だった石原元知事を証人喚問。東京ガスの跡地だった豊洲を選んだ理由、用地取得の交渉経緯を問いただす。石原氏はこれまで「(知事への就任時に)豊洲移転は既定路線と聞いた」「取得交渉は副知事の浜渦氏に一任していた」と主張している。喚問は石原氏側が体調不良を訴えているため1時間に短縮される予定。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
昨日市場移転問題で判断を示した小池都知事は市場を移転し築地は売却せずに再開発するとした。築地市場跡地は当面五輪の移送先として活用し5年後をメドに再開発ししょくのテーマパークの機能を有する拠点にするとした。費用の見通しについてはベストなワイズすペンディングで行くとした。質疑応答は3問で終了した。百条委員会に呼ばれた石原元都知事は会見を見ても聞いてもいないあとは議会が決めることとした。五輪前の環状2号線については森会長がやれやれという気持ちでいつどうするかは言っていないという。伊藤裕康会長は知事の発言としてバランスの取れたものだという。泉未紀夫会長は一抹の不安はある、風評被害をどう払拭するのかとした。小池都知事は昨日のインタビューで理解を得る自信はあるとした。

2017年6月8日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
トランプ氏はロシアとの関係を巡って最側近のフリン前大統領補佐官とイヴァンカ氏の夫クシュナー上級顧問に疑惑の目が向けられている。情報機関トップとされるコーツ国家情報長官に対してトランプ氏が圧力をかけたのではと言われている。司法省トップのセッションズ司法長官は一時辞任の意向を示していてトランプ政権は崖っぷちという状況。そして今日コミー前FBI長官が公聴会で証言する。前嶋さんは、全米では4大ネットワークが全部中継するなどと話した。公聴会とは立法の参考となる情報を集めるために上下両院の委員会が開催を決定、証人に宣誓を求めるかは委員会が判断、宣誓下での嘘の発言が発覚すれば偽証罪にも問われる。前嶋さんは、多くのケースは宣誓を求めるなどと話した。
FBIは1908年司法省内の捜査機関として34人でスタート、ワシントンD.C.に拠点、全米に事務所があり世界60か国以上のアメリカ大使館にも職員が派遣されている。2013年時点で職員は約3万5000人いて、採用試験は州の弁護士試験よりも難しいと言われている。捜査対象はスパイなどの公安事件、政府の汚職事件など。FBIには令状なしに盗聴など幅広い捜査権限が与えられた最強の捜査機関と呼ばれる。前嶋さんは、FBIは全米規模の警察組織などと説明。森本さんは、国内組織なので外国との関係はCIA、CIAでもアメリカ国内の人が関わっていたら捜査をするなどと説明。トップにアメリカ合衆国憲法があり、下に司法・行政・立法、行政トップが大統領、その下に各省があり、司法省の下にFBIが位置する。立法府からも予算があるので立法府の下でもある。
過去に大統領以上の権限を持ったFBI長官がいた。FBI長官は大統領が指名し米議会の上院の承認が必要、捜査の継続性や政治的な中立性を保つため任期は10年。コミー氏はオバマ氏に指名された。解任や自ら辞めることは可能。任期10年が定められた背景にFBI初代長官フーバー氏がいる。フーバー氏は第30代~第37代までの大統領に48年間仕え、最も長く政府機関の長を務めた人物と言われている。しかし、盗聴や尾行など様々な手段で情報を収集し要人の秘密ファイルを作成、大統領からも恐れられた。住田さんは、準独立機関のような強みを発揮したように見えるなどとコメント。森本さんは、たくさんの物語の題材になってきた、現在のFBIの組織や権限を確定した人と言われているなどと話した。前嶋さんは、盗聴に関しても厳しくなっているなどと話した。

2017年6月8日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
東京都議会最終日。豊洲市場をめぐる百条委員会で嘘の証言をしたとして、浜渦武生元副知事らを偽証で刑事告発することを可決し、閉会した。また、今季限りで引退する内田茂氏らのお別れ会には小池知事も出席。餞の言葉を送った小池知事だったが、内田氏と言葉をかわす場面はなかった。 さらに内田氏は小池知事に「地方自治は二元代表制。(首長と議会の)互いが切磋琢磨してより良く伸ばしていく努力をするのが当たり前」と物申した。来月2日、東京都議会議員選挙へ。昨日の閉会をもって、本格的な選挙モードへ突入した都議会。市場移転をめぐる有権者の判断が注目される中央区は、1つの議席をめぐって6人が立候補を予定。豊洲への早期移転を訴えるのは自民党と日本維新の会。一方、一貫して築地存続を訴えてきたのが共産党。そこに、自民党を離党し築地再整備を掲げて無所属で立候補するのが現職都議の立石晴康氏。さらに、市場問題プロジェクトチームのメンバーだった森山高至氏も築地再生を訴え、無所属での出馬を表明した。2人の移転派と3人の存続派が名乗りを上げる中、都民ファーストの会は「小池知事の判断に従う」とする立候補する西郷歩美氏だが、個人的な思いも見え隠れ。また、別の都民ファーストの会の立候補予定者からは「“上”が決めないと何も言えない候補者だというレッテルを貼られてしまう」と弱気な発言。存続か、移転か都議選を前に小池知事が判断を下すことはあるのだろうか?専門家の有馬晴海氏は「決断はない。どちらに決めても反対派は生まれる。決めなければ選挙時には両方に期待して入れてもらえ、今、決めるのは危険」。一方、ジャーナリストの池上正樹氏は「決断はある。プロジェクトチームの案がまとまったことで6月15日以降いつでも判断を下せる環境が整ったのではないか」などとみている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.