[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「百条委員会」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

豊洲市場問題を調査する都議会百条委員会は昨日までの3日間、石原元都知事らを証人喚問、質疑を行った。石原元都知事は豊洲への移転を決めた責任を認めるが当時の都庁幹部が重要局面では知事の了解を得ていたと当時の都庁幹部が証言、石原元知事は担当者に一任し記憶にないなど繰り返し詳細な経緯は明らかとならなかった。これまでに未公開の資料が提出されるなど交渉の一端が明らかとなるも全体としては新事実は出てきていない。調査の進展が見通せない状況で解明すべきポイントを明確にする必要性も出ている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
豊洲移転問題、百条委員会・証人喚問で石原氏は責任を認め、安心のハードルを上げすぎたなど語る。百条委員会を終えた石原氏から浜渦氏へありがとう俺の知らないことがいっぱいわかったと言っていたと浜渦氏は話した。石原氏と当時の東京ガス会長は同窓会で会い土地のことについて話していただけだという。
水面下の交渉の真意とは?1999年東京ガスとの交渉が本格化するも担当の福永副知事が了承せず難航。2000年に浜渦氏へ担当が変更され東京ガスと初交渉。東京ガスは経営判断出来る条件が示されていないとし、水面下でやりましょうと浜渦氏が話す。水面下の交渉とは?豊洲の護岸工事は東京都、土壌汚染対策工事は東京ガスがする約束だった。しかし土壌汚染対策をどの程度まで行うかの約束は無かったという。当時は土壌汚染はそこまで深刻ではなかった、土壌のことを東京ガスが一番知っている、土壌汚染対策を行える能力を持っているのは東京ガスか東京電力の関連会社しかない。その為東京ガスでわかるところはやってもらいたいと段取りが進むが環境確保条例出来、土地の権利者が土地をきれいにしなければ売ってはいけない条例だったがどの程度対策をするのかは当時ルールが存在しておらず国の基準のみと具体的なものは無かったと述べた。百条委員会でも水面下の交渉について追及、水面下という言葉は浜渦氏は東京ガスの方から提案があったという。当時の資料に浜渦氏の水面下でやりましょうという記述が独り歩きしているという。以前から水面下という言葉が使われていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.