[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「盛岡市(岩手)」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

東日本大震災で推定162人が死亡・行方不明になった岩手県釜石市にある鵜住居地区防災センターは津波発生時の本来の避難場所ではなかった。しかし、多くの人が駆け込んだ理由について、遺族側は日頃の避難訓練で防災センターを使用し住民らの誤解を生んだと主張している。建物何には避難室と呼ばれる部屋も準備されており、原告側は紛らわしい名称などの様々なことから誤解したとした。一方、市側は避難訓練では地元の要請に応じてやむを得ず防災センターの使用を認めたと主張。盛岡地裁は市は震災前から本来の避難場所の名称や場所を周知していた、防災センターを避難場所だと住民に誤解させたとは言えないと指摘、1億8千万の損害賠償を求めた遺族の訴えを退けた。市長は市の主張が認められたものと考えている、しかし防災センターで多くの方が亡くなっているのは事実で遺族の心情を思うとこうした事態になったことは誠に残念と話した。しかし、震災後遺族はこれからの自治体の防災を考えても許しがたい判決であると懸念した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
昨日芥川賞・直木賞が発表された。デビュー作で芥川賞を受賞した沼田さんの意外な素顔とは。会見前親に電話したという。デビュー作で受賞したことについては光栄ですと答えた。影裏は岩手県盛岡市に転勤してきた男性が主人公だ。東日本大震災をきっかけに元同僚の驚くべき人間性を知っていく物語だ。自らも震災翌年の2012年に両親の住む盛岡市へ移住したという。盛岡市では号外や特設コーナーも作られた。震災を選んだ理由は禊みたいな感じで書いた麺がないことはないと話す。沼田さんは小樽生まれだ。岩手の自然描写が優れていると言われ親戚は自然豊かな生まれ故郷にあるという。沼田さんは盛岡市内の進学塾に勤務している。中学生と高校生に英語を教えている。趣味は音楽でロックとクラシックが好きだという。母校は受賞作を掲載した雑誌が完売した。影裏の発売は今月28日だ。

2017年7月20日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましNEWS ON
第157回 芥川賞・直木賞が発表された。芥川賞は岩手・盛岡市在住の沼田真祐さんの「影裏」。沼田さんはこの作品がデビュー作で文學界新人賞を受賞している。受賞作「影裏」は、仕事で岩手県に移り住んだ男性が同僚と親しくなるものの、東日本大震災をきっかけに同僚の意外な人間性を知っていく短編小説。直木賞は佐藤正午「月の満ち欠け」。佐藤さんは長崎・佐世保在住で、デビュー34年目の受賞となった。

2017年7月20日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
第157回芥川賞に沼田真佑「影裏」が選ばれた。沼田さんはこの作品で今年デビューし文學界新人賞を受賞している。作品は岩手県に移り住んだ男性が同僚と親しくなるものの、東日本大震災をきっかけに意外な人間性を知っていく短編小説である。直木賞は佐藤正午「月の満ち欠け」が選ばれた。作品は娘の生まれ変わりを名乗る少女に出会う物語。佐藤さんはデビュー34年目の受賞となった。

2017年7月19日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイムユアタイム NEWS
今年の芥川賞には沼田真佑氏の「影裏」、直木賞には佐藤正午氏の「月の満ち欠け」が選ばれた。前者の選考について、高樹のぶ子氏委員によるとモメにモメたという。沼田氏は岩手・盛岡市在住の現役塾講師で、作家としてのデビュー作で芥川賞を受賞することとなった。心境としてはジーパン1本しか持っていないのにベストジーニストを受賞したようなものだという。塾生からは「言葉回しが面白い」、「本の話になると盛り上がる」といった声が聞かれた。一方、佐藤正午氏はデビュー34年目にして念願の直木賞受賞。受賞作が発表されると三省堂書店 神保町本店では特設コーナーが設けられ、店員が作品を陳列していった。

2017年7月16日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(ニュース)
寒気を伴った低気圧の影響で北日本を中心に記録的な大雨。視聴者撮影の動画では、札幌で道路から数メートルの高さまで水が吹き出している映像が見られた。小樽市・余市町では昼前に1時間に80ミリの雨が降り記記録的短時間大雨情報が発表された。上小阿仁村では大雨の影響とみられる土砂崩れで柳沢地区9件が一時孤立。引き続き今夜にかけて北海道東部を中心に非常に激しい雨が降る見込み。予想雨量は明日夕方までで北海道で90ミリなど。土砂災害や低い土地の浸水に警戒が必要。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.