TVでた蔵トップ >> キーワード

「石原経済再生相」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

石原経済再生相は昨夜、TPPの11カ国での発効に協力を求め、メキシコ・ベトナム・ペルー・ニュージランドの担当閣僚と個別に会談。このうちニュージーランドは賛成の姿勢を見せたのに対し、ベトナムはアメリカの市場参入がTPPの前提と位置づけていたこともあり、慎重な姿勢を見せた。石原経済再生相はTPPの発効に向けた方向性を閣僚会議で明確にしたい考えで、今日はカナダ・オーストラリア・マレーシア・チリなどの担当閣僚と会談し協力を求めることにしている。

URL: http://www.nobuteru.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月10日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
野田総務大臣が次の総裁選に必ず出ると名言したことについて岸田さんは、1年以上先の話を今から言うことはしない。政治というのは刻々と変化するしどう動くかわからない。政策担当責任者としてこれだけはやりたいと思う政策について聞かれ岸田さんは、まずは政治の信頼感回復は大事。やるべきことはたくさんあるが何と言っても基本になるのは経済だと思う。アベノミクスという経済政策を4年余り続けてきた。GDPや雇用においては成果があがってきたが、消費がまだ伸びないとか格差問題とかの指摘がある。成長と分配の好循環を完成させるためにもまだもう1踏ん張りやらなければならないことがある。こうした点を中心に具体的な政策を積み上げていくべきと考えるなどと述べた。末延さんは、例えば大平さんが田園都市構想をまとめたような政調会長として長いスパンの政策というのをやっていただきたい。私はポスト安倍は岸田さんが前へ出ておられると思うなどと話した。
岸田さんについて末延さんは、適度な距離感。これがかつて自民党の中にあった実力者同士が政権を作るとき昔よく見た風景。その辺りでもっと政策について党の方でまとめて発信していただかないと、官邸だけが突出しているところに世の中が疲れているのではという感じがあるなどと話した。岸田さんは、総理との適度な距離感という話があったがそもそも私と安倍総理は衆議院当選同期で個人的には親しくはして頂いてるが、政治家としての信念としては簡単に言えば総理は保守、いわばタカ派、私はリベラルハト派という違いはあったと思うなどと話した。

2017年8月9日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
岸田氏が政治家として影響を受けた出来事は加藤の乱。当時、森喜朗首相の神の国発言、中川秀直官房長官の愛人問題が発覚、朝日新聞社の世論調査で支持率は23%と低かった。野党が内閣不信任案を提出することになり、宏池会会長の加藤紘一氏が不信任案に賛成票を投じる意向を示したが同調者が足りず断念。加藤氏は1人不信任案投票を投じようとしたが谷垣氏らに止められた。そこには岸田氏の姿もあった。宏池会は採決を欠席し不信任案は否決された。
岸田氏はいろんなことがあった、教訓は戦う時は勝たないといけないとコメント。田崎史郎は重い言葉、インターネットで広がった初めての政局、伊藤惇夫は反乱軍ではだめなどと語った。谷垣禎一は戦い方が見える言葉と話した。加藤の乱の時に離党を覚悟した岸田氏は石原伸晃らとドライマティーニで出陣式を行い、その後も4人で集まっているという。

2017年8月6日放送 15:20 - 16:30 テレビ朝日路線バスで寄り道の旅湘南を巡る路線バスの旅
珠屋洋菓子店は石原家が愛するお店として有名。名物は数種類ロールケーキ、一行は石原家の人たちが好んでいる商品を聞き、絶景を見ながら食べるため購入した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.