[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「石原元知事」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (今朝のニュースヘッドライン)

豊洲移転問題を調査する百条委員会で石原元知事の証人喚問が行われた。石原氏は改めて「豊洲への移転は既定路線だった」とする一方、「決済した責任はある」と述べた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月30日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
自民党や公明党は築地市場の移転について「早急に前進すべきだ」と主張したが東京改革議員団は「「消費者の理解などがないまま急ぐことは不誠実だ」と反論した。東京都新年度予算は美濃部都政の昭和48年度以来全会一致で可決・成立した。各会派ごとに異なる知事へのスタンスが明確になってきた。豊洲市場の「安心」に対する小池知事の見解が焦点だ。豊洲市場は法令上の対策が取られているため安全だとする一方で地下水に有害物質が検出され安心できないという意見が出た。自民党は「小池知事の考え方は不自然だ」とし、小池知事は「法令を上回る措置を講じると決めたではないか」と投げかけた。地下水モニタリング再調査では環境基準を超える有害物質が検出されたが、専門家会議にて座長は「科学的に安全だ」という見解を示した。自民党ひゃ豊洲への移転の早期決断などを求める決議の提出を主張したが反対多数で否決された。
閉会後、小池知事は各会派に挨拶回りを行った。自民党十数人、公明党全員、東京改革議員団、共産党全員、都民ファーストの会全員が出迎えた。小池知事は「豊洲ありきで進めてきた自民党からは強硬姿勢が見られた」と記者らに話した。自民党は「私どもの質問に真正面から答弁してもらえなかったのは残念」と話した。
豊洲市場問題について当初は専門家の検証結果を重視する姿勢を示していた小池知事だが、最近は専門家が安全と判断する中で安心できないと主張している。都議選を睨んで石原元知事の責任追及など過去の検証で世論を見方につけたい思惑があるとみられる。結論を先延ばしにしている、と批判した自民党は予算特別委員会で攻勢に出た。公明党や東京改革議員団などには都議選を控えて知事との関係を維持する狙いがあり、「総合的に判断したい」とする知事に理解を示している。都議選は対決姿勢の自民党、協調路線の公明党や東京改革議員団、是々非々の立場の共産党という構図で行われるだろう。小池知事は豊洲市場、五輪の問題で正念場を迎えている。今月末までに仮設施設の設備費用の負担について大枠を示すと約束していたが守られなかった。

2017年3月30日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング池上彰のニュース大辞典
きょうのキーワードは「東京都の行政改革」。小池百合子知事が新たに計画づくりを進めるとしている「2020改革プラン」は、業務の効率化、官民の適切な役割分担に取り組むとしているが、具体的な作業は4月から始まる。東京都の職員は現在16万人だが、1967~1979年の美濃部亮吉知事時代には最大の22万人以上だった。美濃部知事は社会党と共産党が支持基盤で、労働組合が強く職員の退職金も高額だったが、と独自の福祉を充実させたことで巨額の財政赤字となった。その後就任した鈴木俊一知事は旧内務省出身の官僚で、職員の数を大幅に削減した。また、青島幸男知事も職員削減に力を入れたが、大鉈を振ったのは石原慎太郎知事で、3回の行政改革で職員1万5000人を削減した。

2017年3月28日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
2007年4月に都知事選で専門家会議の立ち上げを示唆して当選した石原慎太郎氏。就任後、専門家会議を発足し環境基準値以下に抑える対策をとして地下水のモニタリング調査を行った。しかし9回目の結果が出るのが2017年1月だったため、小池知事は移転の延期を決定。その後、盛土問題や基準を超える数値が出た。石原氏は百条委員会で「地下水に非常に厳しい基準を設置したがハードルが高すぎたかもしれない。小池都知事は基準にとらわれずに都民のことを第一に考えて豊洲移転を実行してもらいたい」と発言。川上さんは「小池都知事は環境大臣をやって環境にこだわりがある。石原都知事も非常に環境にこだわりがあった。東京都としては環境基準を設けて範囲内でやることは都民の安心安全を考えてやったことだと思う。豊洲に移転できないようなレベルなのかはもう一度検証する必要はある」などと話した。
小池知事は「環境基準は石原都政から決まっていたこと。途中で打ち切ると安心の確保にはつながらないのでは」と述べている。地下水の環境基準はベンゼンについては1リットルあたり0.01mg。体重50kgの人間が70年間毎日2リットル飲み続けると10万人当たり1人ががんになる確率が上がるとされている。武田さんは「環境基準というのは30年ぐらい前までは病気が出るか出ないかで決まっていた。現在では病気が出るか出ないかの100分の1。100分の1測によって安全な食生活が守れるようになった」などと話した。元副知事の浜渦さんはきのうの番組生出演で「他の石原さんがやったことはやめると言ってここだけはやめないで継承するというのは理屈に合わない」と話した。

2017年3月25日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル週間ニュースランキング
8位は月曜日、百条委員会に石原慎太郎元都知事84歳が証人喚問に呼ばれた。自宅前で石原慎太郎元都知事は「天気晴朗なれども 波高し…君ら教養がないから分からないだろう」と述べ、車に乗った。この言葉は、日露戦争で日本海軍が決戦を前に日本に送った電文の一説と伝えられた。そして都議会 百条委員会で石原慎太郎元都知事は冒頭で「2年ほど前に脳梗塞を患いまして残念ながら私 全ての字を忘れました。ひらがなさえ忘れました。非常に記憶を引き出そうとしても思い出せない事が多々あります」と発言。その中で喚問スタートすると、石原慎太郎元都知事は「当時、最終的に報告を受け全体の総意とし決裁を致しました。その責任は認めます。青島知事からの引き継ぎ文書に豊洲地域に移転するという文言があった。これは私が青島さんから引き継いだ事項の懸案のひとつだと思っている。市場を豊洲へ移すことは大きな流れとし決定しているということで逆らいようもありませんでした」と語った。元中央卸売市場長 大矢實さんは「青島都知事の時代に豊洲移転を決めた。既定路線だったというのはちょっと違う…」と語っている。また石原元都知事の証人喚問を受け「びっくりしました。脳梗塞を患われて…そういう影響もおありだと思いますけども、豊洲はひとつの候補地である、そういうレベルの話であったと記録に残っています」と説明した。
もう一つの焦点…東京ガスの土地の売買契約について、最終的に豊洲の土壌汚染対策費用は858億円、東京ガスの負担は78億円と発表され、それ以上は求めないという書類に石原慎太郎が捺印している書類も公開された。石原慎太郎元都知事は「担当から そういう報告を受けた記憶はございません」と述べ他の質問にも「記憶にございません」、「覚えておりません」と発言した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.