[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「原発事故」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

原発事故の影響で除染費用や賠償費用が大幅に拡大していることについては「福島の復興が優先順位として高い。原子力予算そのものが急激に増えているというわけではない」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月20日放送 11:45 - 12:00 テレビ朝日ANNニュース(ANNニュース)
原発事故後の翌年から飯舘村にあった3つの小学校は避難先の仮設校舎で授業をしていたが、今年3月に大部分の避難指示が解けたことで、来春の春に帰村し、3校合同で授業再開となる。きょうは原発事故で福島市に非難した飯舘村の小学生にとって最後の運動会が開かれた。子どもたちは声援を受けながら全力で競技に取り組んでいた。

2017年5月19日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論道筋つけられるか 核のごみ問題
高浜原発4号機が再稼働し稼働中の原発は4機に増えた。政府は核のごみ問題を地下に処分できる可能性のある科学的な有望地を提示して対策を前に進めるとしていたが、半年近く経っても未だ示されず足踏み状態が続いている。開設のポイント「地図提示 遅れの理由は?」「どんな形で提示されるのか?」「道筋つけるために必要なことは」の3点を紹介した。
核のゴミ問題について国民の関心を高めたいとして経済産業省は全国で一般向けの説明会を実施している。初回は東京で開かれ地下処分の安全性が強調されたが、参加者からは安全性・進め方への不安が多くだされた。高レベルの廃液は10万年隔離が必要とされている。処分場選びは難航しており日本は取り組みが大きく遅れている。調査を受け入れる自治体も少なく問題は先送りにされて来た時に起こったのが「福島第一原発事故」で危険性が再認識された。
科学的有望地として、火山・活断層がある地域は適性が低いとして外し、それ以外を有望地とている。船での輸送を考慮し、港から内陸へ20キロをより適性が高いとした。しかし政府がそこへ処分場を押し付けようとしているなどの批判が相次いだ。政府は表現の見直しを行い、名前も「科学的特製マップ」とし「好ましい特製が確認できる可能性が相対的に高い地域」と表現を変えた。半年前に示すと約束した地図を未だに示していない点を取り上げた。
東京23区で説明会を行い処分の必要性や安全性などが説明された。好ましい特製はあるとされた地域の中には処分場の拒否を宣言する自治体が相次ぐ可能性もある。世界で最終処分場を決めたのはフィンランドとスウェーデンだけで、決定までに30年を要し大規模な反対運動や難度も政策を変更した。
地図の提示を年末までに約束したからには政府は地図を示すべきで国民的な議論を早急にスタートさせなくてはならない。ヨーロッパとは違い日本は20億年も変化していない安定した岩盤がない。政府はなぜ10万年の安全保障をしたのか、根拠について納得できる説明をしていくことが必要。高浜原発4号機に続き、来月には3号機。その後、玄海原発の再稼働も予想されている。

2017年5月17日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+(オープニング)
原発事故に伴う避難指示解除で故郷に戻り始めた人達を野生動物が阻んでいる。イノシシやニホンザルが民家に現れ、事故後に急激に増えたのがアライグマで寄生虫・ウイルスを持つ可能性がある。3月末から4の町・村で始まった避難指示解除で対象となる住人は3万2千人で帰還したのは900人にとどまるという。

2017年5月17日放送 4:10 - 4:11 NHK総合明日へ1min.明日へ1min.
福島・いわき市で端午の節句の風物詩となっていた「いわき絵のぼり」。絵のぼり職人・高橋謙一郎は、「のぼりの目は、生まれた子どもを優しく見守ると思って描いてるんです。」と語る。しかし、東日本大震災・原発事故を受け、のぼりの注文は激減した。それでも高橋謙一郎は今、子どもたちの幸せを願いのぼりを作り続けている。

2017年5月13日放送 16:40 - 16:45 NHK総合みちのくモノがたり子どもたちへ〜福島 いわき絵のぼり〜
福島・いわき市で端午の節句の風物詩となっていた「いわき絵のぼり」。江戸時代からの伝統を受け継ぐ絵のぼり職人・高橋謙一郎は、「のぼりの目は、生まれた子どもを優しく見守るというか、将来の希望も見ると思って描いています。」と語る。しかし、東日本大震災・原発事故を受け、のぼりの注文は途絶えた。空に翻るのぼりも、外で遊ぶ子どもたちの姿も失われたのだ。高橋謙一郎は今、子どもたちと福島の未来のためにのぼりを作り続けている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.