[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「原発事故」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

原発事故で福島県から横浜市に避難した生徒が同級生から名前に「菌」をつけられたり遊ぶ金を払わされるなどのいじめを受けた、震災いじめ問題で横浜市教育委員会は「組織として適切な対応ができなかった」として教育委員会の担当者と当時の小学校校長ら6人を戒告などの処分にした。担任だった男性教師には口頭で注意したという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論時論公論
東京電力の経営陣一新について神子田章博解説委が解説。新しい会長には河村隆氏が就任、新しい社長には小早川智明氏、原子力立地本部長牧野茂徳氏、燃料火力発電トップ守谷誠二氏、送配電事業トップ金子禎則氏が就任した。7月10日原子力規制委員会による聞き取りが行われた。
東京電力の経営陣一新について神子田章博解説委が解説。福島第一原発事故の東電の負担は廃炉費用8兆円、賠償費用4兆円を合計12兆円を30年程度で確保し、1年あたり5000億円程度を確保する。福島の責任を確実に果たすためには5000億円とは別に巨額の利益を継続的に生み出していくことが求められている。しかし実際には276億円しか残らない目標から程遠い状況になっている。
東京電力の経営陣一新について神子田章博解説委が解説。TEPCO収益改善策として、送電コストの削減、資材調達の見直しなど年間1800億円程度の収益改善を図るとしている。実際に東電は先月中部電力との間で両者の持つ火力発電事業を完全に統合することで合意した。改善に向けて最大の鍵を握る最も困難なのが、新潟県柏崎刈羽原発の再稼働で、現状では地元の理解を得られるのが難しい状況。河村隆会長は東電の置かれた状況を認識していないのではないかという厳しい声もあがった。

2017年7月21日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
福島第一原発3号機で水中ロボットの調査をしている東京電力ホールディングスの木元崇宏氏は今日、原子炉圧力容器の底に溶け落ちた核燃料デブリの可能性が高い事を明らかにした。東電は今回見つかったものの他に燃料デブリの大部分が格納容器の底にあると分析していて、明日にはロボットを格納容器の底まで潜らせて調査をする予定。

2017年7月21日放送 20:45 - 21:00 NHK総合首都圏ニュース845(ニュース)
栃木県北部の住民7000人余りが東京電力に原発事故の賠償を求めた集団申し立てについて、国の紛争解決センターは「和解案を提示できない」として手続きを打ち切ったことを住民側に伝えた。住民側は個別に改めて申し立てることなどを検討している。

2017年7月20日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
強い放射線に阻まれ、福島第一原発の溶け落ちた核燃料の行方は詳しく分かっていない。そこで調査に用いられたのは、さまざまな物質を通り抜ける性質を持つ素粒子「ミューオン」だ。3号機では、原子炉の中に核燃料はほとんど残っておらず、格納容器にまで達している可能性が高いことがわかった。きのう行われた「マンボウ型ロボット」による調査でも、原子炉から核燃料が溶け落ちたとみられる痕跡が明らかになっている。前例のない事故への対応が続く中、国の原子力委員会はきょう、今後の原子力政策の「基本的考え方」を示した。この中で、「原発は運転コストが低い電源であり、地球温暖化や国民生活への影響を踏まえながら原発利用を進める」と明記した。一部委員や一般からの意見では、原発事故の教訓などから経済性を疑問視する声もあったが指針には反映されなかった。委員長は、指針は5年後をめどに見直す考えを示した。

2017年7月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
福島県から企業立地に関する復興補助金2億5000万円を詐取したとして東京地検特捜部は大阪に本社がある精密機器会社「CKU」社長ら2人を逮捕した。特捜部は2人の認否を明かしていない。福島県によるとCKUは「新型熱交換器の技術開発・量産拠点」として補助金を申請してきたという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.