[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「稀勢の里」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざスポ

大相撲夏場所初日、横綱・稀勢の里は小結・嘉風に押し出しで敗れて黒星スタート。双葉山以来の初優勝から3連覇に黄信号となった。稀勢の里本人は左腕の負傷の影響を否定し、相手が強かったと答えている。観戦したファンからは、動きが固く見えたなどとの声が聞かれた。横綱行きつけ「辰之鮨」の主人・中村和範さんは、まだ先は長いと答えた。
スタジオからは、横綱・稀勢の里のほか鶴竜も初日で敗れ、横綱4人中2人が黒星発進となったと紹介した。日馬富士と白鵬は初日白星。白鵬は稀勢の里の黒星について「横綱としての勉強」と答えている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月22日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!のぞき見!リアル とくキュウ
今日ののぞき見!リアル とくキュウシリーズ第2弾、夏バテ知らずの絶品相撲メシを紹介。今月13日に仙台市青葉区で力士の夏巡業が開催されていて、こうした力士のために2300円の豪華な弁当などが用意されていた。「2段弁当(2合ご飯付き)」はその名の通り2合のご飯のボリュームがあるといい、髙安はこうしたことに土地の人たちが一生懸命作ってくれた弁当と感謝の気持ちを語っていた。又、稀勢の里も毎日いいちゃんこを食べいい稽古をすれば良くなっていくと怪我明けにこうしたご馳走が効果的なことを話している。こうしたことから今回は「相撲メシ」に注目し、横野レイコリポーターが潜入したことを説明した。

2017年8月21日放送 20:00 - 21:54 テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜日本では無名なのに現地で超有名な日本人SP
イタリアで有名な80歳の日本人女性がいる。住んでいるのはイタリア・ミラノ。暮らしている集合住宅を訪ね、湯崎夫沙子さんと対面した。夫沙子さんはオシャレ好きでかけるメガネは20種類あるという。また時計のコレクションもあり最近はアップルウォッチをつけている。さらにベランダから撮った景色をフェイスブックをアップ、SNOWも使いこなす。
夫沙子さんが街に出れば写真や握手などを求められる。現地語も話せないままイタリアにきて54年目になる夫沙子さんはイタリア史上初のあることが大当たりし超有名人となった。彼女の謎を探るべく日常に密着。ある日の朝、前日のテレビに対する発言をスタッフに謝った律儀な夫沙子さん。お気に入りの番組は相棒。さらに稀勢の里など日本のことを話題にした。ちなみにタバコは止めようと思ったことがないという。
午後にある場所へ移動。体育館の様な大きな建物で着替えて乗馬を行った。午後4時、家に帰ると3人の若者がカメラを取り出し撮影。彼らは夫沙子さんのドキュメンタリー映画を撮影していた。夫沙子さんがイタリアで有名人になった裏には無鉄砲さが生んだ人生ドラマがあった。
湯崎夫沙子さんは1937年山口・下関市で生まれ、運送会社社長である父の影響を受けヨーロッパに行ってみたいと考えた。当時は一般人は海外へ行くのが難しく、国費留学生として26歳の時にイタリア・ミラノにやってきた。学校に通った夫沙子さんには語学の壁が立ちはだかり、貧乏で苦しんだ。
人生の転機は31歳。友人たちとの夕食会で、国費留学試験で見せた作品「ピラトの足音」を紹介。友人のすすめで夫沙子さんが粘土とフィルムカメラを使ってクレイアニメーションを作った。この作品は当時CMで使われ、カンヌ国際広告祭で金獅子賞を受賞した。こうして広告業界で有名人となった。そして16年前に放送されていた子供番組に顔出しで出演、日本のノッポさんのような事をしていた。番組は大当たり、粘土がおもちゃ屋からなくなる社会現象となった。イタリアに渡って50年以上、湯崎夫沙子さんは今も輝き続ける。

2017年8月17日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
“掛け持ち”騒動の町になぜか横綱稀勢の里。そのワケとは?青森県板柳町にやってきたのは大相撲夏の巡業。初巡業ということもあり満員御礼に。人口約1万4000人の町が熱狂した。そして巡業ならではのお楽しみと言えば、地元食材のみを使用した特製ちゃんこ鍋。さらにファンとのふれあいも。その中でも一番のお目当ては横綱稀勢の里。しかし、現在けがで療養中のはずだが…。横綱昇進した3月場所で左肩を負傷したが、強行出場し見事二場所連続で優勝を果たした。しかし、その代償は大きいものに。その後の二場所はけがの影響か連続で途中休場する事態に。そんな中、けがを押してまでなぜ巡業に参加したのだろうか?番組が注目したのは6年前のある出来事だった。2011年6月、東日本大震災の被災地を慰問した。この時、逆に被災者に励まされ勇気づけられたという。慰問直後の7月場所から三場所連続で2桁勝利し大関まで上り詰めた。そして今回、夏巡業の途中で再び被災地を訪れ横綱として土俵入りを披露。東北を巡る夏巡業の途中からの復帰。そこには被災地への強い思いがあった。けがの状態は?きのうは取組はなかったものの雲竜型をファンに届けた。いよいよ迎える9月場所。稀勢の里はこの巡業で復活のきっかけをつかめるか?

2017年8月15日放送 16:50 - 19:00 日本テレビnews every.気になる!
東京・両国国技館で小学生力士の頂点を決める大会が開催。全国各地から4年生~6年生の約400人が出場、学年別のトーナメント形式で対戦する。過去には横綱稀勢の里も出場していた。今回の注目選手は山下昇介くん。身長170センチ、体重107キロの小学6年生。4年生と5年生でこの大会に優勝、今年も優勝を目指している。将来の夢は横綱と話す。鹿児島・出水市の自宅を訪ねると横綱白鵬のTシャツで登場。家の中にはたくさんのトロフィーがある。3年生で相撲を始めてから出場するほとんどの大会で優勝してきた。好きな力士は貴乃花、一緒に撮った写真は宝物。お昼ご飯は山盛り、夏休みで給食がないので一日一升は炊くという。この日のメニューはチキンソテーにトマトソースとチーズをかけた昇介くんの好物。1日4~5食食べるという。お母さんは縁起の良い食べ物として2本足で立つ鶏肉料理をよく作るという。一緒にいた弟正清くんは身長150センチ、体重70キロの4年生。今回初めて相撲の全国大会に出場する。

2017年8月15日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNスタ4
横綱・稀勢の里が岩手県・釜石市で、東日本大震災の復興を願う土俵入りを行った。怪我の回復具合が心配される中、雲龍型を披露した。力士の四股は邪気を踏み固めて大地を清めると言われている。稀勢の里は「勇気づけるために来ましたけど大きな声援をいただきまして、もっと頑張らなくちゃいけないという気持ちをまた持ちましたし、本当にありがたかった」などと話した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.