[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「豊洲」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWSペーパー

豊洲百条委の証人21人の質疑で浮き彫りとなったのは市場の安全安心よりも用地確保を優先していた都の交渉姿勢だと伝えている(東京新聞)。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月28日放送 20:45 - 21:00 NHK総合首都圏ニュース845(ニュース)
東京都の新年度予算案は、都議会の予算特別委員会で豊洲への移転の早期決断を求めて小池知事に攻勢を強めた自民党も含め、全会一致で可決され、あさって成立する見通しとなった。小池知事は、「生活に即した、将来に目を向けた予算案が前に進むことになった」とコメント。一方、築地市場協会の伊藤裕康会長は小池知事に対し、「ともかくもう決断してください。総合的とかいろいろ言っているが判断を早く示してほしい」とコメントした。

2017年3月28日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
2007年4月に都知事選で専門家会議の立ち上げを示唆して当選した石原慎太郎氏。就任後、専門家会議を発足し環境基準値以下に抑える対策をとして地下水のモニタリング調査を行った。しかし9回目の結果が出るのが2017年1月だったため、小池知事は移転の延期を決定。その後、盛土問題や基準を超える数値が出た。石原氏は百条委員会で「地下水に非常に厳しい基準を設置したがハードルが高すぎたかもしれない。小池都知事は基準にとらわれずに都民のことを第一に考えて豊洲移転を実行してもらいたい」と発言。川上さんは「小池都知事は環境大臣をやって環境にこだわりがある。石原都知事も非常に環境にこだわりがあった。東京都としては環境基準を設けて範囲内でやることは都民の安心安全を考えてやったことだと思う。豊洲に移転できないようなレベルなのかはもう一度検証する必要はある」などと話した。
小池知事は「環境基準は石原都政から決まっていたこと。途中で打ち切ると安心の確保にはつながらないのでは」と述べている。地下水の環境基準はベンゼンについては1リットルあたり0.01mg。体重50kgの人間が70年間毎日2リットル飲み続けると10万人当たり1人ががんになる確率が上がるとされている。武田さんは「環境基準というのは30年ぐらい前までは病気が出るか出ないかで決まっていた。現在では病気が出るか出ないかの100分の1。100分の1測によって安全な食生活が守れるようになった」などと話した。元副知事の浜渦さんはきのうの番組生出演で「他の石原さんがやったことはやめると言ってここだけはやめないで継承するというのは理屈に合わない」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.