[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「築地市場」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:00 - 23:59 日本テレビ
NEWS ZERO (エンディング)

明日1月12日の主な予定を紹介。トランプ次期大統領 記者会見、日・フィリピン首脳会談、小池都知事 築地市場を初視察。

住所: 東京都中央区築地5-2-1

URL: http://www.tsukiji-market.or.jp

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月18日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
豊洲移転断念ならコスト1兆円。水質調査は8回やってきて、今回9回目。シアンは不検出だったが、ベンゼン、ヒ素も基準値を超えてしまった。小池さんも計算外だっただろうと東国原さんはコメント。このあとに調査して、正常値が出ても、疑うことになってしまうという。風評被害はおさめることができないだろうと有馬さん。小池さんは決断に苦労するだろう。土壌汚染対策については影響ないという人もいるという。風評被害を解決するのが小池さんの責任だ。
先週土曜に発表された豊洲新市場の地下水の調査結果。環境基準値の79倍となるベンゼン、シアン、ヒ素といった有害物質が複数の箇所で検出された。小池都知事の側近の野田数特別秘書官は、小池都知事は、驚いていた。食の安心安全を考えたときに、安全宣言は出せないという。移転白紙を含め、専門家会議の結果を待つという野田氏。最善を尽くすと言う。そして、なぜ豊洲なのかという問題もあるという。任命権者は石原元都知事なので、元知事への聴き取りも必要になるだろう。舛添時代に、安全宣言を出している。しかし、基準値を超えているのだから問題はあると野田氏は語る。すでに豊洲新市場は5800億円かけてつくっている。豊洲市場で約6000億円、築地市場の改修費用が3400億円で、合計約1兆円となってしまう。

2017年1月18日放送 9:11 - 9:21 テレビ東京太陽と緑の健やかタイムキラリ!元気人
東京・世田谷区の住宅街で大人気の栄寿司総本店で、元気にお客さんを迎える70歳の大将・和栗良文さんを紹介。こだわりはマグロで、築地市場に赴き自ら目利きする。23歳で店を開き、奥様のレツさんと結婚し夫婦二人三脚で順風満帆かに思えたが経営は赤字だった。徐々に口コミで評判になり忙しくなると不規則な生活により食生活はおそろかに。命に関わる大病に倒れた和栗さんだったが、手術は成功、妻・レツさんの看病の甲斐もあって回復してからは健康に気を遣うように。忙しい中でも手軽に野菜の栄養を補えるものを探していた時テレビで青汁を見つけ、その飲みやすさと食材へのこだわりから愛飲するように。妻・レツさんは牛乳に入れて飲むのがお気に入り。和栗さんは夢だった新しい店をオープンさせた。

2017年1月18日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
豊洲市場地下水モニタリング調査で、観測地点201か所から72か所で有害物質が検出された。地下水調査はこれまで2年間で9回行われてきた。1~7回の調査では、基準値を超える有害物質は検出されなかった。しかし、8回目の調査で、基準値以上のベンゼンとヒ素が検出された。さらに、9回目の調査で、数値が急激に悪化した。この結果に山崎康弘代表は「本当に延期していてよかった」と話した。藤井玉喜理事長は「調査結果の数字が出なければ動揺しなかった」と話した。

2017年1月18日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
豊洲市場の地下空間で基準値の79倍のベンゼンが検出されたことを受け、豊洲移転を見直すべき声が次第に高まり、築地市場の再整備の声も上がっている。築地市場は長年に渡り施設の老朽化が目立っていたが、豊洲移転が決定した後は、最低限の補修にとどめてきた。かつて移転が決定する前に築地の再整備の案は出ていたが、再整備費の問題から業界団体に豊洲への移転を望む声が上がった。しかし市場関係者のなかには築地ブランドへのこだわりで反対する人もいた。当時の石原慎太郎都知事は築地市場の老朽化を問題視し、2001年に豊洲への移転を正式に決定した。再び再整備を行えるかどうかについて、藤井理事長は「現実的ではない」と話す一方、仲卸業者の中澤氏は「今の財政状況に合わせた案を考える必要がある」と話す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.