[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「築地市場」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング ニュースまとめ

豊洲移転問題めぐる石原慎太郎元都知事のきのうの都議会・百条委員会の証人喚問で、石原氏は都のトップとして決裁した責任を認めるもかつての部下との食い違いが目立つ。元中央即売市場長・大矢実氏は石原氏に豊洲含む複数案を示したが豊洲移転は既定路線ではなかったと証言。また、大矢氏は石原氏からすぐ東京ガスの社長にお願いに行けと指示されたとのこと。石原氏は東京ガスに汚染対策費用の追加負担を求めないことを去年初めて知ったと証言し、土地取得交渉は浜渦武生元副知事に任せていたと強調。

住所: 東京都中央区築地5-2-1

URL: http://www.tsukiji-market.or.jp

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月28日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
築地市場の豊洲への移転問題が7月の都議選の焦点となるかと問われたのに対し、小池知事は一つとして捉えているとコメント。また、移転の判断はロードマップにそって検討を進める考えを改めて明らかにした。また都議会では百条委員会が開かれ、委員長の不信任を求める動議が提出された。自民党以外のすべての会派の賛成多数で可決、後任委員長はまだ決まっておらず、浜渦元副知事などの偽証認定手続きは遅れるおそれがでている。

2017年4月28日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
都電荒川線が今日から東京さくらトラムと呼ぶとした。ホランさんはトラムは都市で発達しているので親しまれればいいかなと話す。昨日は市場のあり方戦略本部で小池知事は鳥の目で総合的な判断をしようという言葉で始まり、外部有識者などでまとまったものを東京都が集約したという。築地市場と豊洲市場の現状のまとめを読み上げた。都議選の争点になるが時期は示さないため都議選のあとだと思われるという。安心安全、巨額の建設費になったことが解決されないと決断できないといっており今の段階では結論がでないという。豊洲を辞めたら整備した冷蔵庫などの処分代がかかる。企業債などは事業中止なら自ら買い戻すことになりその額は3500億円になる。築地再整備の場合土地売却が2360億円の場合市場会計は破綻する。移転の場合は返還ができ20年以上安定して事業継続ができる。企業債は年々増しており16年度は3500億円になっている。建築費ゼネコンへの入札不調なども理由にある。小池知事は安定して事業継続にたいし楽観的な数字ばかり並べないほうがいいシビアに考えるべきと話している。消費者がどういう風に考えているのかヒアリングを重ねたいと話しており選挙前移転について都議選とのタイミングは白紙だとした。焦りはまだなくかけてこれだと思うとぶれない。今でも豊洲を疑っているという。ベンゼンが出ていても安全、コンクリートだから安全という答えが出ていないというのが知事の気持ちだという。決められる人はいない掛けだという岸井さん。

2017年4月28日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(特集)
築地市場の青果部門の会長が怒りをぶちまけた。この理由は小島座長が出した青果と水産を分けてしまうという案についてだ。青果の人は豊洲に行きたがっているので、青果は豊洲に行ったらいいと発言し、青果部門の会長は青果の皆さんは行きたければ言ったらいいでしょ?なんてなんという発言だろうか。果たしてこれが行政の仕事でしょうかと耳を疑ったと話した。

2017年4月28日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
きのう築地市場の青果仲卸業者たちが、市場問題プロジェクトチームが発表したある提案に怒りの声を上げた。それは、築地市場の内の水産部門を築地に残し、青果部門のみを豊洲に移転させるという市場分離案だ。さらに築地再整備が734億円で出来るプランについて都の市場のあり方戦略本部が疑問を呈した。新たな案が浮上するも問題点も浮上する中、小池知事は何を語ったのか。そして、築地移転の判断はいつになるのか。

2017年4月28日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
おととい、小池知事の特命で市場移転問題を検討しているプロジェクトチームが水産物の売り場を築地に残し、青果部を豊洲市場に移転する案を提言。豊洲市場では青果棟から水産卸売場に来るまで移動するには約2.1kmの距離がある。築地市場と豊洲市場は直線で約2kmのため青果棟だけを豊洲に移しても移動距離は変わらないという理屈。小島座長は「業者の意見を聞いて、「青果は豊洲に行きたい」と」などと話した。しかし、青果業者は「移転したいということは誰も言っていない。水産と青果が一緒にならないと、分離ということは考えられない」「魚と野菜が別々になるのは全く思いつかない」などと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.