[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「糖化」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 20:00 - 22:48 テレビ東京
主治医が見つかる診療所 (オープニング)

10歳若返るぞ!プロジェクト第5弾。糖と油を上手に摂って若返るスペシャル。糖の摂り方を間違えると急速に老化が進む。それが糖化。危険な糖化を止める方法はあの食べ物に…。油の選び方、使い方に若返りのポイントが!油選びを徹底解説。さらに芸能人徹底検査!糖と油の摂り方で血液はどう変わる?

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月16日放送 19:00 - 19:54 テレビ朝日林修の今でしょ!講座医師100人が選ぶ体に良い夏野菜ベスト5
3位は香りがいいためアロマ的効果も期待され、豆腐の上に刻んだり刺し身に巻いたりと出来る「青じそ」である。5月から8月が旬である。漢方に使われるほどの栄養価があり、香りパワーで食中毒も予防できるという。香り成分のペリルアルデヒドには抗菌作用があり、傷みやすいものにそえてあるのは昔の人の知恵であるという。今では分子レベルで香り成分が細菌の膜を破り破壊する力が明らかになっている。また、栄養素の宝庫でカロテンは1位で人参よりも多く含まれている。100年前から明らかになっているビタミンAは目に良いとされ、炎症を抑える作用があるとされる。全然食べられない子どもには食べないより食べる方がいいため、焼いたり刻んだりした方がいいが、最大限に青じその効果を活かすには香りは消さない方がいいという。
ママ目線で栄養を最大限に引き出す調理法について、「刻んで生で食べる」「丸ごと油で揚げる」の二択の問題が出題された。正解は刻んで生で食べることで、油と和えることは良いが高温の揚げ物は糖化を進めてしまうため、揚げ物ばかりを好む人とそうでない人は糖化の進み方が違うという研究も出ていることから、青じその効果を最大限に活かす食べ方は揚げるのではなく刻むのが良いという。刻んで食べることのメリットは一度に多くの量を食べる事が出来、香り成分が多く出ることであるという。糖化が進むと細胞レベル、臓器レベルで糖化減少が進んでいき、骨の糖化は骨粗しょう症のリスクに繋がったり、血管の糖化は血管の内側がベタベタの状態になってしまうという。脳も糖化現象があり、認知症の人の脳内にあるカラメル色の色素は糖化に関係している可能性もあるという。糖化は老化や病気の元になるという。ご飯の熱に和えて食べることは問題はないという。
栄養MAXレシピは青じそとみょうがのお薬味ソースがおすすめだという。みょうがも夏野菜としておすすめで、抗酸化作用が高くしそと一緒にとるといいという。青じそは細かく刻んで香りを出し、生で食べたほうが良いという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.