TVでた蔵トップ >> キーワード

「EPA」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

安倍首相は日本時間昨夜、ドイツでメルケル首相と会談。保護主義台頭が懸念される中で日本とヨーロッパが米と連携、自由貿易推進が重要という認識で一致。更に日本とEUのEPAの早期の大枠合意に向け引き続き協力していくことを確認。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月13日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
日本とEUの経済連携協定でEUが保護を求めているのはゴルゴンゾーラなど210品目。日本が保護を求めているのは松阪牛など39品目。ゴルゴンゾーラ・グラッパ・バルサミコ酢を言い換えるとゴルゴンゾーラはブルーチーズ、グラッパは絞りカスブランデー、バルサミコ酢は濃厚樽熟成ブドウ酢となる。地理的表示の長所について浅野卓副所長は「国がお墨付きを与えることでブランド力が高まり輸出拡大の可能性もある」と話した。

2017年9月11日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
中国の欧州産チーズの輸入禁止について吉崎達彦は「チーズというのは日EU間の経済連携協定のもとすごく重要な品目で、今回日本側が枠を広げることになったのですけど、欧州から見ると非常にタッチーな問題。中国もなんでこんなこと言い出したのでしょうかね?」など述べた。

2017年9月9日放送 7:00 - 7:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本けさのクローズアップ
世界に広がる和食ブームでかつお節の注目が集まっている。しかし、ヨーロッパで出回るかつお節の多くは、韓国産や中国産がほとんどで、EUの厳しい衛生規制のひとつであるHACCPにこれまで日本産のかつお節が輸出できなかったという。EPA合意で関税が撤廃されるなど自由貿易への動きが加速、EUに期待が集まる。静岡・焼津市のかつお節メーカーにはフランスのバイヤーが訪れ、日本のかつお節をヨーロッパにPR。HACCPの認定を得るために、雑菌が繁殖しにくくすすがつきにくいよう製造ラインの組み換えなどの改修に追われた。製造工場だけではなく、漁船の保冷設備、漁港の水揚げ施設にわたりすべての工程で管理を徹底。4年の歳月を経て、ヨーロッパ輸出の認定を得た。来月からの本格的な輸出に準備が進められる。小郷によると、老舗かつお節メーカーでは、多様化する国内の外食産業向けに新しい風味が出るかつお節にも挑戦しているという。は、海外に出る姿勢が地域に活力をみたらせるとコメント。

2017年9月3日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
一週間ニュース水曜日英・メイ首相が来日した。京都迎賓館で安倍総理と非公式の夕食会を行った。翌日首脳会談で共同声明を発表。北朝鮮への対応に関し圧力強化のため国際協力を進めること。EPAを踏まえ日英間で新たな経済関係の構築を行うことを確認している。 出演者は115年前の日英同盟について挙げ、当時英国は大国で日本は極東の新興国だったが今は関係が逆転している。英国が安全保障などで日本に協力する代わりに何らかの取り引きをしたのだろうなどと述べた。

2017年9月1日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
8月から発動しているセーフガード。そのためアメリカ産の牛肉に値上げの波が押し寄せている。そんな中、あまり馴染みのないメキシコ産の牛肉が注目されている。東京・池袋のメキシコ料理専門店ではメキシコ牛ハラミプレートが人気だという。セーフガードによって、来年の3月31日までアメリカ産などの冷凍牛肉の関税を38.5%から50%まで引き上げている。アメリカ産の冷凍バラの卸売価格は1kgあたり7月24~28日は783~803円だったが、8月21~25日は800~825円となっている。現在日本における輸入牛肉の割合でメキシコは2.0%。すたみな太郎では焼肉に使う肉の約4割がアメリカ産の冷凍牛肉だったが、メキシコ産牛肉に目をつけた。日本はEPAをメキシコと結んでいるため、輸入に関税がかからず価格が安いという。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.