TVでた蔵トップ >> キーワード

「綱川智社長」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー (今週のニュース! 気になる人物 トップ10)

東京・港区で月曜日、東芝 綱川智社長が2016年度の業績の見通しを発表し、最終損益が9500億円の赤字となり、債務超過が5400億円にのぼるとした。この債務超過により東芝は東証2部降格が確実視されている。さらに来年3月末時点で債務超過を回避できなければ2年連続債務超過となり、上場廃止も現実味を帯びてきた。半導体事業の売却を進めてきた東芝だが、提携先のウエスタンデジタルが「明確な契約違反」と主張し、同意なく売却しないよう国際仲裁裁判所に申し立てた。売却交渉が長期化すれば経営再建に影響を及ぼす可能性がある。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月11日放送 7:00 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
経営再建中の東芝は当初予定から3か月近く遅れて、きのう昨年度の決算を発表し、チェック役の監査法人が「限定付適正」の意見をつけた。東芝 綱川智社長は“次の大きな課題は半導体事業の売却交渉を進めること”だという認識を示した。東芝は来年3月末時点で債務超過解消できないと株式が上場廃止となる。廃止となった場合、株式市場を通じて資金を集められず、銀行からの借り入れはより厳しい条件の可能性が出てくる。東芝は来年3月末までに半導体事業の売却を完了させたい考えだが、政府が主導する“日米韓連合”への売却交渉は米 ウエスタンデジタルが強硬に反対していることから、合意に至ることができるか先行きは不透明になっている。東芝は裁判所への申し立ての取り下げを前提にウエスタンデジタルと交渉を進めているほか、台湾のホンハイ精密工業とも交渉を進めている。

2017年8月11日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NNN NEWS ZIP!
東芝がきのう、1ヵ月以上遅れて有価証券報告書を提出。監査法人は財務内容について、一部を除き正しいとする「限定付き適正意見」を出した。昨年度決算では9656億円の赤字となった東芝、製造業として戦後最大である。

2017年8月11日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
東芝は会計をチェックする監査法人からお墨付きを貰い、決算などを含む有価証券報告書を1か月以上遅れて提出した。監査法人は財務内容について一部を除き正しいとする「限定付適正意見」を提示。ただかつての原発子会社の会計については重要な虚偽があると指摘。昨年の決算で赤字が9656億円と製造業として戦後最大で来年の3月までに債務超過が解消しなければ上場廃止となる。そのため半導体子会社の売却を急いでいるが、交渉が難航している事業のパートナーウエスタンデジタルについて関係者は真剣な交渉になっていると話している。

2017年8月11日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
経営再建中の東芝はきのう予定より3か月近い遅れで2017年3月期の決算を正式に発表した。監査法人はい「一部を除き適正」 だとしている。

2017年8月10日放送 23:00 - 6:25 TBS世界陸上 ロンドンJNN NEWS
東芝は3か月遅れで決算を発表。最終赤字は9656億円で国内製造業で過去最大となった。網川智社長は「当社の決算は正常化したものと考えている」と話した。東芝と監査法人はアメリカの原発事業の損失について対立してきたが、今回監査法人が有価証券報告書を限定付き適正と判断することで決着した。半導体事業の売却については産業革新機構を中心とする「日米韓連合」と優先的に交渉するも難航。ウエスタンデジタルや台湾のホンハイ精密工業とも交渉をしている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.