[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「総務省」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

先月埼玉・三芳町で発生した、アスクル物流センターでの出火を受けて、総務省ではきのう防火対策などを協議する検討会が開催された。検討会では、防火シャッターの一部が作動せず、ベルトコンベアーが障害となって閉まり切らない部分もあったことが報告された。警察・消防は、延焼の要因になったとみて調べている。

住所: 東京都千代田区霞が関2-1-2

URL: http://www.soumu.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
前橋市では高齢者・障害者などタクシー運賃を一部助成サービスも手続きの煩雑さが課題となっている。ことためマイナンバーを活用しサービスをできるよう新たな取り組みを試験的に実施することとなった。割引活用に登録した高齢者や障害者などがタクシーに設置の専用端末にカードをかざしてサービスを受けられるようにする予定。総務省は「公共割り引サービス利用券としてマイナンバーカードの活用は全国初」としている。サービスは年内にも試験運用を始める方針。

2017年8月21日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(関東のニュース)
前橋市は高齢者・障害者などのタクシー運賃の一部を助成する割引サービスを実施しているが、運転手に登録証を提示し利用券を提示するなど手続きの煩雑さが課題。このため前橋市はマイナンバーカードを活用してサービスが受けられるよう新たな取り組みを試験的に行う。具体的には割引サービスに登録した高齢者や障害者がタクシーに設置される専用タブレット端末に、マイナンバーカードをかざすとサービスが利用できるというもの。総務省は「公共割引サービスの利用券としてマイナンバーカードを活用するのは全国初の試み」としている。前橋市は年内にも試験運用を始める方針。

2017年8月17日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
便利屋さんの市場が伸びていてシニア世代が鍵を握っていて、異業種とタッグを組む店も増えている現場を取材した。全国約230店舗を展開する便利屋の新店舗が、東京都町田市に「ベンリー小田急鶴川店」としてあすオープンする。家の掃除や害虫駆除など生活に関する100種以上の悩みに対応する。作業員2人が川崎市の住宅を訪れ、利用者は3年前に購入後フィルター以外は掃除していないエアコンの清掃を依頼した。清掃にかかった時間は約1時間30分で、価格は税抜1万5000円。会社のモットーは「日常生活のあらゆる困りごとに応える」ことで、利用者は「どこに頼んでいいか分からないことが結構あり、その際に思い出して電話できるのは安心」だと語る。ベンリーでは客の約5割が60歳以上だという。
家事支援サービスの市場規模は、高齢者や共働き世代の増加に伴って毎年拡大していて、来年には1000億円を突破するとみられている。そのため異業種から生活支援サービスに乗り出す会社が増えているという。町田市のベンリー小田急鶴川店を運営するのは小田急グループの「小田急不動産」で、ベンリーと組み初めて生活支援サービス事業に参入した。住宅を販売した客と長くつながっていくことが目的だという。ベンリーは鉄道会社やガス会社、ホームセンターなどと組み5年間で売り上げが2倍以上に増加した。関東圏では年間売り上げが1億円に達している店も出ていて、2025年までに全国に1000店舗展開したいとエリアマネジャーの長谷川さんは語る。

2017年8月15日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
今日で72回めの終戦の日を迎えた。第二次世界大戦の戦没軍人の妻が今年度初めて2万人割る見通しであることが総務省への取材でわかった。平均年齢は94歳を超えているという。戦争を語れる妻らの減少が急速に進んでいる。以前は戦没者追悼式で元軍人らが遺族代表の言葉を述べることが一般的だったが、今年妻が代表となるのは愛知、香川、奈良県のみとなり記憶の継承が年々難しくなっている。(毎日新聞)

2017年8月15日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
北朝鮮はきょう祖国解放記念日を迎えた。ミサイル発射が懸念される中、上空を通過すると予告された県知事らが安倍総理大臣に対応を求めた。安倍総理を訪ねた島根・広島・愛媛・高知の4知事がミサイル対応の強化を要請。4県にはすでに地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」が展開済み。しかし、不測の事態はいつ起こるかわからない。北朝鮮ミサイルが日本を通過または飛来する場合は全国瞬時警報システム「Jアラート」が自治体を通じ住民へ情報を伝達。北朝鮮のミサイル対応で過去に2度発動。去年2月には北朝鮮がミサイル発射の際に沖縄県庁でJアラートの音声が鳴った。 伝えられたのは発射から4分後。10分後には沖縄上空を通過したため、避難に使えたのは6分だけだった。専門家の分析では、今回のケースではミサイルが日本の上空に到達するのは3分50秒後。Jアラート発動時にはミサイルがすでに日本上空に到達していることになる。
グアムを狙ったミサイルの日本に及ぼす影響について専門家は「北朝鮮が撃ったミサイルが発射して早い段階で故障し、狙ったとおりのスピードが出ず失速して日本に落下することを想定」など述べている。日本の弾道ミサイルに対する防衛システムは、イージス艦のSM-3ミサイルとPAC-3の2段構え。SM-3で撃ち落とせない場合は地上のPAC-3が迎撃することに。しかし、PAC-3は配置された場所から北朝鮮側に25kmしかカバーできないため、中国・四国地方のほとんどをカバーすることが難しい。カバーできるのは配備されている自衛隊の駐屯地周辺まで。14日付の労働新聞では「中距離弾道ミサイル・火星12は金正恩同志の発射命令だけを待っている」と報道。きのうの北朝鮮では軍服を着てシュプレヒコールを上げるのは婦人団体。国連安保理の制裁決議に抗議し、ミサイル発射の政府声明を支持する訴え。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.