[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「義家弘介文部科学副大臣」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
加計学園が獣医学部を52年ぶりに新設する問題をめぐり、「総理のご意向」と示された渦中の文書について文科省が調査の結果「存在を確認できなかった」としたが、前川喜平前事務次官が「本物だ」と証言し国会が紛糾した。野党は前川氏の参考人招致、総理出席の集中審議を要求した。またきのう民進党が新たに公開したメールについて文科省は正式なコメントはしていないが、メールが送信された翌日に獣医学部の新設が認められた。菅官房長官は強い言葉で前川氏を批判し、改めて総理の意向はなかったと強調した。午後の国会も前川発言について追及が続いた。(朝日新聞)

2017年5月25日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
国会記者会館から中継。前川前次官が文書の正当性を主張する一方、政府側は文科省での調査は終了し文書の存在は確認できなかったと話しており、主張は対立している。前川氏は文書について、自らが担当から受け取った文書に間違いないとしている。菅官房長官は文書の信ぴょう性などについて改めて疑問を呈し、その内容についても事実関係を完全否定した。菅氏は再調査にも否定的な考えを示している。文科省義家副大臣は、私の発言を決済なく行政文書として言うならなんでもできる、と憤りを示した。野党側は前川氏の参考人招致などを求めているが、政府側は文書の存在が確認できなかったと繰り返し収束を図りたい考え。文書についての他、規制緩和の形についても前川氏は問題提起したが、これについても政府側は取り合っていない。

2017年5月25日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
前川氏が文書は本物と証言したことを受け、参議院の委員会で野党からの追及が相次いでいる。そんな中、松野氏は前川氏の証言について発言を避けたうえで文書が確認でいなかったという結果を強調した。また事前のすり合わせについて改めて調査をしない姿勢を示した。野党は前川氏の参考人招致を求めたが、与党側は全会派の合意が必要だとして拒否している。さらに野党側は連携し、安倍首相が出席する予算委員会での集中審議を求めるとしている。

2017年5月23日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルNEWS井戸端ランキング
中2男子自殺は教師の体罰だったという事で水谷さんは「またか頭に来ている、あとで詳しく話す」とした。先月26日に宮城県・仙台市で中2男子生徒(13)が自宅近くのマンションから飛び降り自殺し市教委・校長の会見があった。先月29日に生徒同士が悪口を言い合うようなトラブルはあったが教員が指導して快勝したいじめとは判断していないとしたが2日後一転して今月1日に学校としていじめがあったと認識しているとして、去年12月に机に油性ペンで死ねと書かれていたなどがあった。そして今回に、自殺した生徒が教師から体罰を受けていた事が市教委からの連絡で明らかになった。市教委によりますと生徒が飛び降りた前日に50代男性教師が男子生徒の頭を殴り1月ごろには50代の女性教師が男子生徒の口に粘着テープを貼った。女性教師は体罰の認識があったにも関わらず校長に報告していませんでした。大越裕光教育長は議会で「それぞれの教師は当該行為をした時点または自死事案発生後ただちに校長に報告すべきだったが行いませんでした。このような行為があったことが自死につながった可能性があると考えられる」と述べた。きのう文部科学省の義家副大臣は奥山仙台市長らを呼び出し「極めて遺憾であると思います。これでは隠蔽という指摘は免れられることはできない」と述べた。仙台市長は取材陣の隠蔽との自覚は?と聞かれ「私としては教育委員会が意図的に隠蔽をしたとは受け止めていませんでした。しかしこの間の特に教師の体罰の問題について速やかに把握をできなかったという点については、それが隠蔽ではないかと国民の方から思われるということも我々としては受けていかなければならない」と述べた。水谷氏は「根本的に体罰もいじめもなくならない、教育委員会のせいではなく文科省に問題がある。例えば体罰ですが、星座とか身体的拘束を教師がおこなうことが体罰です。しかし殴る蹴るは暴行です。殴るを体罰と同じにしてはいけない。粘着テープを貼ることについて、僕が子どもに粘着テープを貼って殴ったらそれだけで手錠が掛かる犯罪になる。学校は聖域なのか?と、いじめの問題も同じです。学校で仲間を殴ったり蹴ったりしたらいじめ?それは暴行傷害じゃないかと。その観点で開かれて、教員2人に対して先にいいますと無期限の自宅謹慎としたと、なにが?違うでしょ警察に自首させるべきでしょ、と。それを前例として仙台市がやれば体罰は相当減っていきます。もう1点は、いじめの事実があったか有耶無耶になることが怖い。いじめはいじめであった。体罰は体罰であった。仙台市がこれらを有耶無耶にどちらもせずに第三者委員会がこれから出来るでしょうから包括的に何があったのかを亡くなった子の為、親のために頑張って欲しいです」と述べた。無期限自宅謹慎というのは人の噂が消える75日を待つ感じを受けますね、と橋本さん。水谷氏は「体罰などは年間6000-7000件が報告されていて、処分を受ける教員は数百人、500-600人なので、それに比べれば厳しい処分ではあるけれど、刑法上でも考えて欲しい。学校は聖域ではない」と述べた。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!あさチャンNEWS
先月、仙台市立の中学2年生が自殺し、いじめと教諭の体罰が発覚したことを受けて、義家弘介文部科学副大臣は市長に徹底調査するよう指導した。副大臣が市長を呼び出しての指導は異例のこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.