[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「習近平国家主席」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー (ニュース)

フィリピンのドゥテルテ大統領が中国から「戦争になる」と警告を受けたとことを明らかにした。ドゥテルテ大統領は習近平国家主席との会談で、南シナ海での資源採掘の考えを表明したところ警告を受けたと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
日本は「米国とともに具体的な行動をとっていく」としたが、アメリカのマティス国防長官は「北朝鮮との紛争は最悪の悲劇となるだろう。戦争が始まれば中国とロシアにとっても危険な存在となる」ということでロシアのチトフ次官は「関係諸国にはこの地域での武力行使は自制するよう呼びかけたい」として中国・外務省は「我々は冷静と自制を保ち緊急情勢を早急に緩和させ再び平和的対話を求める」とし、韓国の広報室長は「韓国政府の対北朝鮮政策の転換を図る意図がある」としている。水谷は「サミットで世界中に脅威を与える問題だと共通理解を得たのが今回の成果ならば、ヨーロッパ各国と連携しながら国連を動かすとか、未だに北朝鮮に石油を提供している中国に圧力をかけるなど、やれるべきことはもっとたくさんあるはず」とコメントした。

2017年5月30日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
日本では各国と連携し安全保障理事会での更なる制裁決議について働きかけ対北包囲網を強化していきたい考えだ。安保理の追加制裁は中ロが反対すれば実現しない。中国は北朝鮮の最大の貿易相手で圧力をかけないと抜け道になり効果が上がらないという。谷内太郎局長は29日来日中の中国の楊 潔篪国務委員と会談し北朝鮮への原油供給制限などを要請したとみられる。トランプは習近平主席に3ヶ月内に成果を出すように迫った。米中は6月21日に外交安全保障の閣僚対話を開き7月までに成果を出すように強く働きかけする方針だ。トランプ政権はロシアをめぐる疑惑で揺れており日本政府内では北朝鮮との安易な対話に乗り出してしまうのではと懸念がくすぶっている。(読売新聞)

2017年5月30日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
習近平国家主席肝いりの19番目の国家級特区「雄安新区」が河北省に作られる。現地を訪れると新車の検査場に1キロ近い列が出来ていた。中国では北京市など環境汚染が進む都市では排ガス規制のため地元ナンバーの車しか走れない時間帯が設定されるなど、車の台数が制限されており、車のナンバーは抽選で入手困難となっている。光学で売買されるケースも珍しくない。新区の車の台数に制限がかかる前に車を買う人が急増しているのであった。転売目的のにわか投資家も多い。

2017年5月29日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(ニュース)
北朝鮮のミサイル発射をどう止めるか。中国は北朝鮮の体制維持が安全保障上の国益だと考えており、北朝鮮の制裁に積極的に取り組むはずはない。開発をやめさせるためには対話が必要だが、アメリカが未来永劫今の体制を保証すると言った交換条件を出さない限り核ミサイル開発をやめないかもしれない。

2017年5月29日放送 21:00 - 21:54 テレビ朝日クイズプレゼンバラエティーQさま!!6月に知っておきたい問題で激突SP
6月に知っておきたい問題、最初のテーマは「北朝鮮」。来月6回目の核実験をするともいわれ、アメリカのトランプ大統領は軍事介入を示唆している。そんな北朝鮮外交のキーマンと呼ばれる3人を当てるクイズが出題された。正解はロシアプーチン大統領、中国習近平国家主席、韓国文在寅大統領。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.