[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「習近平主席」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月19日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集特集 / 北のミサイルに悩む国際社会
北朝鮮に対し、中国の習近平国家主席は今は安定が第一だという。北朝鮮を抑えられないのは、不満を募らせるトランプ大統領は、貿易赤字を理由にした経済制裁をちらつかせ圧力を強めている。習近平国家主席は、国連の新たな制裁決議が採択されると、いち早く、北朝鮮からの鉄鉱石や海産物などの全面禁輸を打ち出し、厳しい姿勢をアピールした。しかし、その一方で、アメリカが軍事行動に踏み切ることになれば、難民が流入してくるだけでなく、朝鮮半島の均衡が崩れるという、中国が自らの安全保障上、最も恐れることが現実となる。そのため、石油の供給停止など、北朝鮮の息の根を止めるような措置に踏み切ることが出来ず、ほぼ手詰まりというのが現実。今年の秋は中国共産党大会に加え、トランプ大統領の初訪中もあり成功させなければならない。一方、韓国は、就任から100日を迎えた文在寅大統領が、北朝鮮への軍事行動は強く否定し、アメリカも勝手な軍事行動はできないと強調した。今月始めにも南北外相が非公式に接触するなど、文政権は繰り返し、対話を呼びかけてきたが、北朝鮮は対話に耳をかさず、挑発をエスカレートさせてきた。韓国国内では、文政権に反発する保守層を中心に北朝鮮に対抗して核武装すべきだという声も高まってきている。世論調査では、57%が核兵器の配備に賛成している。

2017年8月18日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNトク!
スタジオ解説。“ファイティング・ジョー”と呼ばれるジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長はアメリカ軍約130万人制服組のトップでトランプ大統領に直接意見を言える権限があり、オバマ前大統領が任命した人物。今月9日、北朝鮮がグアム周辺にミサイル発射作戦を検討したと発表があり、その後韓国・中国・日本で会談を行ったダンフォード氏。アメリカ統合参謀本部は軍事作戦の立案を行っていて、アジア各国に北朝鮮への包囲網を築きたいのではないかという。武貞秀士氏は北朝鮮に圧力をかけ努力していると3ヶ国に示しているなどとした。

2017年8月18日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア430
中国の習近平国家主席が、アメリカ軍制服組のトップ、ダンフォード統合参謀本部議長と会談し、米中両軍の関係強化を強調した。会談に先立ち、中国軍の制服組トップ、范長竜中央軍事委員会副主席もダンフォード議長と会談し、朝鮮半島の問題について「軍事行動は選択肢になり得ない」として、アメリカに自制を求めた。

2017年8月17日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
須田慎一郎が「小泉訪朝の実現に動いた北朝鮮側キーマンの話では北朝鮮の高官たちは中国の制裁に激怒している。ものすごい不信感だ」とした独自情報を公開。こんな中、北朝鮮幹部は「開発に成功した新型弾道ミサイルは中国全域を射程に収めた」と述べている。須田は「金正恩としては金正男を使って自らを追い落とそうとしてるんじゃないかという疑いを持っている。中国に対して。だから怒ってるし苛立ちを隠せない」と分析。
今月5日、国連が北朝鮮への国連制裁決議をスピード実施した。北朝鮮から石炭・鉄鉱石・海産物などの輸入を禁止しようという事を決議。こうなると北朝鮮の輸出総額の3分の1が減る。おとといから北朝鮮からの石炭・鉄鉱石・海産物などの輸入を全面禁止した。これは国連の決議から10日の迅速な対応。ちなみに昨年3月の国連制裁決議(民生用を除く石炭の輸入禁止)の際は実施までに1か月以上かかった。さらに今年5月に金正恩党委員長が量産を指示した中距離弾道ミサイル「北極星2型」が北京を標的にすると国際関係筋が指摘。北朝鮮の技術でも平壌に近い北京ならピンポイント攻撃ができる。金正恩党委員長は習近平国家主席を脅してるのではないかという話もある。
中国関係者は「金正恩党委員長は中国の“半植民地”になるのを避ける手段が核兵器だと考えている。多様なミサイルを合わせれば経済的にかなわない中国と対等に話せる」と話している。須田は「中国とは主従関係にあるわけじゃなくて従来から常に対等な関係という意識が高い」と話した。中国の経済制裁に反発する金正恩党委員長が中国依存をやめる手段としてミサイルを利用かと思われる。須田は北朝鮮は「中国の言うなりにはならない」「中国の軍事介入は許さない」とミサイルで脅している。尻尾を振って生き延びるより華々しく散る方がいいのだと分析。

2017年8月17日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
中国の北朝鮮に対する警告について説明。10日環球時報社説によれば、米韓が先制攻撃を発動して北朝鮮の政権転覆を図り朝鮮半島の政治的版図を変革しようとするなら中国は断固として介入し阻止する、と中朝軍事同盟を発動。中国はロシアとの強調を強化し、反核戦争と混乱反対を中国の共同戦略として推進している。遠藤さんは「先制攻撃を抑制することで北朝鮮・韓国両方に軍事的なカードを切った。ロシアとの協力はロシア・中国・北朝鮮が退治することとなると第3戦争となる可能性があるが、プーチンが黙ってないし秘密をバラす可能性がある」などコメントした。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.