[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「習近平主席」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23セカイは今
中国・北京から磯田雄大記者が報告する。北京では今年、増えすぎた人口を抑制するため副都心計画「雄安新区」が発表されたが、同時に予定地とその周辺で騒ぎが起きているという。予定地の不動産会社には、価格の高騰を見越して転売目的の投資家が殺到。マンションの建設予定地にも購入希望者が押し寄せたという。地元政府は価格高騰を抑えるため、計画発表の翌日には一切の取引を禁じ、不動産会社をすべて閉鎖させた。街頭のスピーカーからは「家は転売するものではない」という警告が放送されていた。すると、購入希望者は新区の周辺にまで触手を伸ばし、新区から車で1時間の場所でも住宅の値段は6倍に跳ね上がった。今回の計画は、トウ小平や江沢民と同じく、自らを共産党の“核心”と位置づける習主席の党大会に向けた実績づくりとの見方もある。人口1000人ほどの向村は、プロジェクトで工業団地に生まれ変わる予定だ。地元政府は立ち退きの相談も始めていて、監視の目を光らせる。村の人々は「村を離れたくない」と思っても口には出せないという。

2017年6月22日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9ニュースこの1本
ワシントンで米中「外交安保対話」が行われた。北朝鮮をめぐり、アメリカのティラーソン国務長官は「北朝鮮と不正な取引している中国企業の取り締まりを強化する」よう求めたうえで「中国には北朝鮮に対し、外交経済的に一層の圧力を強める責任がある」と述べた。一方、中国側は会見を開かず、中国外務省は「中国ばかりに責任を押し付けず、アメリカも早期の対話に着手すべき」とコメントを発表した。トランプ大統領は「私は習近平国家主席が好きだ。北朝鮮に関しては中国の協力がもう少しほしいが、今のところ結果が出ていないようにみられる」と述べた。

2017年6月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
トランプ大統領は北朝鮮を強く非難。北朝鮮に1年以上拘束されたうえ先週深刻な容体でアメリカに帰国した大学生が死亡したことについて、アメリカ国内では非難の声が強まっている。アメリカ軍はB1爆撃機を朝鮮半島に派遣、改めて北朝鮮への圧力を強める姿勢を示している。ワシントンでは日本時間の今夜アメリカと中国の閣僚らによる外交安全保障対話が開かれる。主要な議題となるのが北朝鮮への対応。トランプ政権になって初めてとなる米中の新たな協議の枠組みは今年4月の首脳会談で合意したもの。しかし協議を前にトランプ大統領はツイッターに「北朝鮮に対する習主席の対応は感謝しているが結果が出ていない」と投稿、中国の圧力が不十分との認識を示した。中国に対し北朝鮮と取引のある中国企業の取締りなどさらなる圧力の強化を迫る構えのアメリカ。今回の協議で中国とどこまで一致した姿勢を持ち出せるかが焦点。

2017年6月21日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
トランプ大統領はツイッターで北朝鮮への対応について「中国の習近平主席の努力に感謝するも『うまくいっていない。』」と指摘した。明日からワシントンで行われる米中の外交・安全保障対話を前に北朝鮮への圧力を強めるようけん制したカタチだ。

2017年6月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
トランプ大統領は20日、「北朝鮮問題における習主席と中国の努力に大変感謝しているが成果は出ていない」とツイッターに投稿した。米中の閣僚級協議の新たな枠組み「外交安全保障対話」を前に中国側に揺さぶりをかけた。外交安全保障対話についてアメリカのソーントン次官補代行は「北朝鮮問題での協力態勢の強化が最優先課題」との認識を明らかにした。ワシントンとで行われる対話にはティラーソン国務長官や中国の外交トップ楊潔篪国務委員らが参加。アメリカに対し中国側がどう応じるのかが最大の焦点となる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.