[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「習近平主席」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるおびハテナ?
中国の国家安全局が日本人6人を拘束した。拘束された日本人男性らは地質調査を行う日本企業の社員。日本地下探査の社長は温泉開発に伴う地質調査の指導だと明かした。中国側は詳しい容疑を明らかにしていない。この拘束には新たに作られた反スパイ法。取締強化の背景とは?

2017年5月24日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング明快!まとめるパネル
中国で日本人6名が理由不明の拘束。3名は煙台市、もう3名は三亜市で捕まった。いずれも中国から依頼され、温泉調査を務めていただけという。なぜ捕まったのか?ポイントは土地。それぞれ海軍基地のある場所で、空母なども停泊している。そのため“スパイ”と疑われた可能性が。しかし日本人らは空母からは50kmも離れた地点で働いており、スタジオ出演者に「東京から鎌倉の大仏が見えるかって話ですよね」と苦笑された。近年同様の事件が増えている。2010年、直前に尖閣沖で違法中国漁船が巡視船に衝突。日本政府が船長を逮捕・拘束した。するとまるで報復のように、中国側は無実のフジタ社員4名を拘束。その後釈放されたもの、2015年~現在まで計11人が未だ自由になれていない。何故ここまでするのか。それは2014年に、中国へ新設された「反スパイ法」のせいと思われる。内容は「国の安全に危害を及ぼす活動禁止」など、なんでもスパイにこじつけられてしまうようなもの。つまり観光客が写真を撮っているだけでも、中国側が「スパイ」と決めたらスパイにされてしまうのだ。在中国日本大使館は、観光客らへ注意を呼びかけている。しかし今回に限っては中国側が依頼してきた仕事。にも関わらず拘束されたのは、習近平が体制崩壊を恐れて過激に取り締まっているため。実際に北京市内では、あるポスターが大量に貼られている。なんとスパイ通報で800万円という懸賞ポスターだ。ポイントは誤報でも罪に問われないこと。そのため専門家は、「金目的のでっち上げ通報が増えますよ」と見通した。

2017年5月23日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
アメリカのとあるサイトが発表した、女性も含む見た目だけで判断したハンサムな世界のリーダーランキング。ワースト1が金正恩委員長、196位が習近平国家主席、137位がトランプ大統領、50位に安倍総理、25位がプーチン大統領、7位に文在寅大統領、6位に女性でクロアチアのコリンダ・グラバル・キタロビッチ大統領、5位はマクロン大統領、4位にハイチのジョブネル・モイーズ大統領、そして3位にはメキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領。国民からはとにかく失言が多いとして支持率が12%まで下がっている。2位にはブータンのワンチュク国王、眞子さまが今月31日から6月8日の日程でブータンを公式訪問し「花の博覧会」などにご出席予定とのこと。

2017年5月22日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
国連は安保理緊急会合を開き、報道声明を発表したが、制裁について意見がまとまらず。あす安保理緊急会合が開かれるが、小野寺元防衛相は制裁について踏み込んだ議論はできないだろうと予想した。中国は北朝鮮に対して働きかけているが、まだ成果は出ていないという。

2017年5月22日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜シリーズ中国異変!カラクリか本物か?中国経済の真相
マカオ拡大プロジェクトはいいかえれば、スーパー特区計画。この地域は、習近平国家主席が就任して最初に視察した場所だった。これだけに終わらず、ウルトラ特区なるものも計画されており、北京にある国有企業や銀行本社を全て移転させ、中国経済の首都となると言われている。中国がこれほど頑張る理由には、今年秋に共産党大会が行われる事を見越している。実は、さらなる底上げの作戦が残されていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.