[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「肺炎」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの動物スターは今…大追跡SP

2008年に大ブームとなった元祖ブサカワ犬の「わさお」。わさおが激ヤセした写真がネット上を騒がせており、真相を探るべくスタッフは鰺ヶ沢町へ向かった。飼い主の菊谷節子さんは現在73歳、4年前に肺炎を患い呼吸補助器が手放せない状態。この4年前は2か月ほど入院、元々捨て犬だったわさおは節子さんの姿が家からなくなり、再び捨てられたと勘違いしストレスから10kgほど痩せこけた。激ヤセから4年、体重は元通りになり毛もフサフサだった。そんなわさおは”つばき”という牝犬と結婚、娘まで生まれていた。誰からも愛されるわさおだが、夫・静良さんだけは苦手な様子、近づくだけで唸られていた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月24日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュースやくさん
カナダからの手紙などヒット曲を生み出した平尾昌晃は21日肺炎で亡くなった。小柳ルミ子の代表曲瀬戸の花嫁は平尾さんの音楽生活40周年を祝うパーティでも歌われた。小柳ルミ子は17で出会い数え切れない思い出があるとコメントを残した。五木ひろしも恩師と仰いでいた。平尾昌晃は絶対にメジャーになると話していた。五木ひろしはよこはま・たそがれのキャンペーンに回った時に平尾昌晃がレコード屋の店頭に立って道行く人に声をかけたという。お客さんも平尾昌晃を知っているため人を集めたという。五木ひろしは夜空で日本レコード大賞を受賞した。畑中葉子はこれからも一人でカナダからの手紙を歌うと話した。
必殺仕事人や銀河鉄道999なども作曲していた。ささきいさおは才能のある方が向こうの世界にいってしまうのがとても寂しいとコメント。平尾昌晃は歌はヒットした瞬間から手元を離れみんなの心のなかに入っていくと話していた。

2017年7月24日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.カルスポっ!
作曲家で歌手の平尾昌晃さんの突然の訃報に芸能界からも彼を偲ぶ声が上がっている。先程行われた音楽イベントに出席した黒沢年雄さんは「とてもいい方で才能があって、僕は憧れた」と話し、田川寿美さんは「多才な作家の先制が亡くなっていいくのは演歌界でも衝撃」と話した。五木ひろしさんの「よこはま・たそがれ」「夜空」、小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」を手掛けた平尾さんは先週金曜日79歳で肺炎のためなくなった。きのう五木ひろしさんは「普通の歌い手さんの何十倍の歌を自分は作っていただいたので、そういう意味ではすべてをもらった感じがする。自分の中ではメロディーが残っているので、これからもずっと歌い続けていきたい。もらった作品を自分が元気な限り歌っていきたい」と話した。1978年に大ヒットした「カナダからの手紙」をデュエットし、40年近く親交がある畑中葉子さんは「カナダからの手紙以外にもたくさんの曲があり、そんな平尾さんとご一緒させていただき感謝している。自分は16で父を亡くしているので父のように感じていたので残念だ」とした。ミッキー・カーチスさんらとロカビリー三人男として爆発的な人気を博した平尾さんについて、ミッキーさんは「俺とは違う素晴らしい才能を持っている奴だったね、本当に寂しい」とコメント。平尾さんは歌手としてデビューし、1960年代からは作曲家としても活躍し様々な名曲を生み出した。1972年に瀬戸の花嫁で日本歌謡大賞を受賞した小柳ルミ子さんは「先生の教えを胸に人々の心に響く歌を心を込めて歌って行きたいと思います」とコメント。1973年に草原の輝きで日本レコード大賞新人賞を受賞したアグネス・チャンさんは「昭和を代表する音楽界の星が消えたことはとても寂しく心細い」と話した。また、平尾さんは「必殺仕掛人」「銀河鉄道999」の音楽を担当していた。若手歌手の育成にも力を入れ、1974年に設立された平尾昌晃音楽学校では松田聖子さんや森口博子さんらを送り出した。平尾さんの葬儀告別式は近親者のみで営まれる予定。

2017年7月24日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
昭和の名曲の数々を世に送り出してきた歌手で作曲家の平尾昌晃さんが先週金曜日に肺炎のために79歳で亡くなった。平尾さんはこれまで多くの歌手に楽曲を提供、昭和の歌謡史に残る名曲ばかりだった。昭和のヒットメーカーと呼ばれた平尾さん、曲を提供された歌手にとって代表曲になり、人生のターニングポイントにもなっていた。
平尾さんが作曲した「よこはま・たそがれ」、歌手・五木ひろしとしてのデビュー曲。この曲から「五木ひろし」となり、一躍人気歌手となった。さらにアグネス・チャンさんも平尾さんを恩師と慕う1人。平尾さんが作曲したアグネス・チャンさんの3枚目のシングル「草原の輝き」、この曲で日本レコード大賞新人賞を受賞、人気歌手の仲間入りをした。平尾さんは1958年に歌手デビュー、1960年代半ばから多くの歌手に楽曲を提供、その曲がキッカケで人気に火がついたり、のちの代表曲となった歌手が大勢いる。1978年に放送されたアニメ「銀河鉄道999」の主題歌「銀河鉄道999」、同じく1978年に放送されたドラマ「熱中時代」の主題歌「ぼくの先生はフィーバー」も手がけている。ポップスや演歌など幅広いジャンルでヒットを連発。さらに「必殺シリーズ」のテーマ曲も手がけている。1974年には音楽学校を設立、石野真子さんや松田聖子さんらのスター歌手を数多く選出。教え子とのデュエット曲「カナダからの手紙」が大ヒットした。

2017年7月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
先週金曜日、歌手・作曲家として活動した平尾昌晃さん(79)が肺炎で亡くなった。「カナダからの手紙」でデュエットした畑中葉子さんは訃報を受け胸中を語った。平尾さんは1958年に「リトル・ダーリン」でデビュー、ミッキー・カーチスさんらとロカビリー旋風を巻き起こし”和製プレスリー”とのあだ名で呼ばれた。作曲家としては数々の昭和の名曲を生み出した。35歳で作曲した「夜空」で五木ひろしさんが歌いレコード大賞を受賞した。また「必殺」シリーズ音楽も出掛けた。訃報から2日後、五木さんはコンサートで涙を見せた。

2017年7月24日放送 6:10 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
作曲家の平尾昌晃さんが21日、肺炎のため79歳で亡くなった。1958年に歌手デビューした平尾さんはロカビリー3人男の1人として人気を博した。その後、作曲家として活動を始めると「よこはま・たそがれ」「カナダからの手紙」など次々とヒット曲を生み出した。「瀬戸の花嫁」など多くの楽曲提供を受けた小柳ルミ子さんは「悲しくて今の気持ちを表す言葉が見つかりません。「瀬戸の花嫁」は私の宝物です」などとコメントを発表した。葬儀告別式は近親者で執り行い、秋頃に音楽葬を開く予定。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.