[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「肺炎」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの動物スターは今…大追跡SP

2008年に大ブームとなった元祖ブサカワ犬の「わさお」。わさおが激ヤセした写真がネット上を騒がせており、真相を探るべくスタッフは鰺ヶ沢町へ向かった。飼い主の菊谷節子さんは現在73歳、4年前に肺炎を患い呼吸補助器が手放せない状態。この4年前は2か月ほど入院、元々捨て犬だったわさおは節子さんの姿が家からなくなり、再び捨てられたと勘違いしストレスから10kgほど痩せこけた。激ヤセから4年、体重は元通りになり毛もフサフサだった。そんなわさおは”つばき”という牝犬と結婚、娘まで生まれていた。誰からも愛されるわさおだが、夫・静良さんだけは苦手な様子、近づくだけで唸られていた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月18日放送 20:58 - 23:06 テレビ朝日古舘伊知郎ショー〜THE・マッチメイカー〜桂歌丸に古舘伊知郎が密着
3月12日、関内ホールでの高座のため桂歌丸師匠が車椅子に乗って登場。楽屋に古舘伊知郎が訪れ、対談がスタートした。師匠は昨年末から正月にかけて肺炎で入院し、呼吸するのも苦しさを覚えるほど体調は芳しくないという。師匠は不調に加えて老齢のせいか物覚えが悪くなり、「行先を懊悩している」と明かした。告白したのは細君と古舘伊知郎のみで、細君は師匠が出す考えを尊重するという。
芸歴65年の師匠は「苦しいことばかり」と回想し、現況は話を覚えるのが苦しいという。ある時、ある人から「いつまで、そんなに苦しむ?」と尋ねられ、師匠は「目を瞑った時」と答えたという。今年で齢81となる師匠は「桂歌丸引退興行を死ぬまでやって儲ける」という構想を明かした。古舘は歓談を通して元気溌剌としていると感嘆していた。次に古舘は師匠が雑誌に綴った「若い噺家たちにはいっておきたいことがある。落語を壊さないでくれ」の真意について尋ねると、師匠は「50~1時間かかる落語を20分で終わらせるのは器用ではなく、誤魔化しだ。イジっていい落語とイジって悪い落語がある。新作落語はいいが、できている噺を弄り回さないで欲しい」と述懐した。
古舘は師匠が唯一泣いた漫画が「ジャングル大帝」ということに着目し、高座を上がる姿を若い世代に残そうとする自己犠牲の精神を感じると語った。また、噺家として言葉遣いなど土台をしっかりするよう後進には言い聞かせている。だが、間を教えることはできず、師匠は「自分の間を早く拵える人が噺家にとってプラスになる」とコメント。「聞き上手は喋らせても上手いが、聞き下手は喋らせても下手」というのが師匠の持論で、古舘は「苦言として賜りました。まだまだ、聞き上手になれていない自分がいます」と感謝した。そして、師匠は「学ぶことを捨てたら噺家として0になる。0にはなりたくない」とコメント。
桂歌丸師匠がトリの高座に臨み、古舘伊知郎は観客とともに「竹の水仙」を鑑賞した。終了後、師匠のサプライズ指名で古舘は登壇し、「山田くん座布団100枚持ってきなさい」と芸を絶賛した。

2017年3月17日放送 15:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
「花粉症皮膚炎」を紹介。今年の関東地方は花粉飛散量は少ないものの乾燥しており患者は例年の3割増だという(三鷹はなふさ皮膚科の場合)。花粉を意識しすぎて過剰になる肌ケアは肌荒れを悪化させてしまうという。またアレルギー改善のため自己流のビタミン補給により「口腔アレルギー症候群」を引き起こす可能性がある。「花粉症」への甘い認識がさらなる危険を招くことがある。
花粉症歴30年の女性(61)は2年前に人前で鼻をかむのを我慢した結果「肺炎」を患った。花粉飛散量が増えたことで花粉症がこじれ「副鼻腔炎」を発症、鼻をかむのを我慢した結果肺炎球菌などが急増し「肺炎」に繋がったという。
両目にチクチクとした痛みと涙目の症状を感じた泉谷千恵さん(78)は誤った自己診断のせいで「急性緑内障発作」を発症していたことで両目を手術した。「急性緑内障発作」は発症からわずか3日で失明するケースもある。つけまつげやメイク崩れを気にして痛みを我慢することが事態を悪化させてしまう。泉谷さんは緊急手術により失明を免れた。

2017年3月16日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング見逃せない☆ ストライクニュース まとめ
渡瀬恒彦さんが一昨日、胆のうがんで亡くなっていたことがわかった。渡瀬さんは1月に松方弘樹が亡くなった際、コメントしていた。渡瀬さんは1970年に「殺し屋人別帳」で俳優デビューし、多くの作品に出演した。渡瀬さんは役者に興味はなかったが、東映の社長に惚れ込まれて芸能界入りした。これまでにブルーリボン賞助演男優賞などを受賞した。しかし、1994年に脳梗塞、2005年には肺炎も発症していた。プライベートでは女優の大原麗子と結婚したが、その後離婚した。渡哲也の舞台では渡瀬恒彦の代役候補も務めていた。

2017年3月15日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュースやくさん
おととしから腸閉塞や肺炎などを患い、入退院を繰り返してきた桂歌丸さんが引退を考えているとテレビ番組で告白。息を吸うことが困難のため鼻に酸素吸入器をつけ高座にあがっているが、桂歌丸さんんは「お客さんに失礼なんじゃないか、みっともないんじゃないか」と打ち明けたそう。また「かみさんに勇退しようと思うと言ったらお父さんの思う通りにしてください。でも落語をやめちゃうとつまらないんじゃない」と言われたことを明かしている。

2017年3月12日放送 7:00 - 7:30 TBS健康カプセル!ゲンキの時間(オープニング)
出演者らの挨拶。スタジオの中村も「息切れが不安ですね」などコメントした。ゲスト・鶴見辰吾が登場。自転車やマラソンにハマっており、病気予防には気を付けているそう。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.