[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳出血」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 3:05 - 3:35 テレビ東京
ザ・ドキュメンタリー まだ救える〜小児救急医 いのちの記録〜

野澤医師に、脳動静脈奇形破裂の要請が入った。脳出血を起こした少年を手術のできる病院へ搬送。意識が戻ると痛みを感じ血圧が上がる。そうなると、さらなる脳出血を起こす可能性も出てくる。一方で低すぎると後遺症が残ってしまう。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月20日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(特集)
朝食を食べないと脳出血のリスクが高まるという研究結果が発表されたということで新橋の街の人達にこれらのことを取材。OLは野菜ジュースなどだけと言う人が目立っていたが女性は食欲がなくとも朝食はとることを心がけている人が多いという。

2017年6月17日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
エスカレーター歩行に待ったの声をかける動きが各地でみられる。千葉市ではエスカレーター事故防止のため全てにシールを貼って歩行禁止を促している。日本エレベーター協会の調査では「エスカレーターで危険を感じたことがある?」で「はい」と答えたのは57%。しかし、「それでも歩いてしまうことがある」と答えたのは84%だった。JR東日本は2010年から毎年エスカレーターの安全利用の呼びかけを行っている。大手百貨店も「立ち止まってご利用下さい」などのアナウンスを行っている。 東京都理学療法士協会・齋藤弘さんは「私どもが関わる方々には脳損傷や脊髄障害で左手の麻痺が強い人もいる。そういった方々は右手を頼りにエスカレーターに乗りたい思いがある。」など語る。川瀬正広さんもエスカレーター歩行に悩む1人。3年前に脳出血し、その後のリハビリで会社勤めができるほど回復も左手・左足に麻痺が残る。上りエスカレーターを利用の場合は右手で支えて乗り込み、その後は人が歩かない左側へ移動。右側を歩く人がいるとぶつかる可能性があり危険。下りの場合はぶつかっても左手では支えられず、後ろを振り向き安全確認。川瀬さんは約1時間の通勤で3ヶ所のエスカレーターを利用。「転倒など怖くて外に出てこられない方がいっぱいいる。そういう方のためにもなるべくエスカレーターは立ち止まっていただきたい」など川瀬さんは訴える。

2017年6月15日放送 21:54 - 22:54 テレビ東京カンブリア宮殿家族も必見“患者ファースト”劇的回復!奇跡のリハビリ病院
世田谷区のつるや鮨、海鮮ちらし寿司は近所のOLにも評判である。店の三代目・磯貝さんは右手だけで作る。42歳の時に脳出血で左半身が麻痺し、一生車椅子を覚悟した。しかしリハビリで入院の病院に3ヶ月後には歩いて帰ろうと言われ、2ヶ月で歩けるようになった。そして寿司職人として返り咲いた。病院からは卒業証書が贈られていた。
渋谷区の初台リハビリテーション病院はリハビリ専門の病院。患者の8割は脳卒中による麻痺を抱えている。脳卒中は寝たきりの原因第1位である。その中、病院では続々回復させ注目を集めてきた。イビチャ・オシムさんも脳梗塞で倒れるもこの病院のリハビリで回復した。現在はボスニアヘルツェゴビナでサッカー振興のため奮闘している。脳卒中は中高年だけではない、佐藤茜さんは大学4年の時に脳梗塞で倒れ、一人暮らしで発見が遅く、麻痺が重く寝たきり状態だった。今は杖で歩くことを目標にリハビリに励んでいる。ここは回復期リハビリテーションの病院で、病床は173床、中には一日10万円の特別個室もある。大部分は公的医療保険で入れる4人部屋、プライバシーも確保され、テレビも無料。
初台のリハビリを公開。脳卒中の麻痺は脳細胞がダメージを受けることで起き、手足を動かすことで機能を回復させる。リハビリは3種類で理学療法で立つ・座る・歩くなど基本動作を訓練、作業療法で腕や指先を使う動作を訓練、言語聴覚療法で言葉の発声や認識を訓練する。外来患者も受け入れ、リハビリ専門の医師が診察する。

2017年6月10日放送 10:00 - 11:40 テレビ朝日林修の今でしょ!講座林修の今でしょ!講座 傑作選
毛細血管が減ると、高血圧になりやすい。毛細血管の血流が悪いと酸素や栄養が行き届かなくなり、心臓は異常を察知してより強い圧力で血液を押し流そうとする。そして心臓が高い圧力で血液を押し出すと、血管ではその強い圧力に備えようとして固くなる。その結果として血圧が上昇し、高血圧になる。高血圧になると、血管が破裂するリスクが上がり、脳出血や心筋梗塞に繋がる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.