[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳出血」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:57 フジテレビ
その原因、Xにあり! 死を招くサインを見逃すな!有名人を襲った病気SP

救急搬送された河合美智子。左脳から出血していたことが分かった。死の危険もあったが、工藤千秋先生によると、出血のスピードは遅く量もそこまで多くなったため、一命を取り留めることができたという。しかし、右半身が麻痺した状態となり、入院4日目からリハビリを始めた。リハビリの結果、身の回りのことを自分ひとりでできるまでに回復した。河合美智子の脳出血の原因は、塩分の摂りすぎにあった。
塩分を摂りすぎると、血液中の塩分濃度が上がる。すると身体は塩分濃度を下げようと血液量を増やし、血圧が上昇。その結果、血管壁が硬化し出血しやすくなるという。脳出血のおよそ8割は、高血圧が原因とされている。河合美智子も高血圧だった。ストレス、アルコールの過剰摂取や喫煙、運動不足なども脳出血の原因になりうる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング明快!まとめるパネル
高齢者ほど肉を食べたほうがいいと言われる。栄養失調の予防が期待できるという。

2017年6月26日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(特集)
山口大学医学部附属病院に脳梗塞で倒れた男性が運ばれた。行われたのはt-PA療法である。t-PA療法は発症から4時間半以内に行う必要がある。男性は病院到着30分後に行われた。しかし、薬の量を間違えると死亡リスクもあり、専門医が必要で一部の病院に限られる。受けられた患者は推計で約5%しかいない。厚生労働省は脳卒中患者が専門治療を24時間受けられる医療体制を全国に整備する方針を固めた。手段の一つとしてあげられているのは遠隔療法である。山口大学医学部附属病院など10の医療機関が先進的な取り組みを進めている。

2017年6月20日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(特集)
朝食を食べないと脳出血のリスクが高まるという研究結果が発表されたということで新橋の街の人達にこれらのことを取材。OLは野菜ジュースなどだけと言う人が目立っていたが女性は食欲がなくとも朝食はとることを心がけている人が多いという。

2017年6月17日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
エスカレーター歩行に待ったの声をかける動きが各地でみられる。千葉市ではエスカレーター事故防止のため全てにシールを貼って歩行禁止を促している。日本エレベーター協会の調査では「エスカレーターで危険を感じたことがある?」で「はい」と答えたのは57%。しかし、「それでも歩いてしまうことがある」と答えたのは84%だった。JR東日本は2010年から毎年エスカレーターの安全利用の呼びかけを行っている。大手百貨店も「立ち止まってご利用下さい」などのアナウンスを行っている。 東京都理学療法士協会・齋藤弘さんは「私どもが関わる方々には脳損傷や脊髄障害で左手の麻痺が強い人もいる。そういった方々は右手を頼りにエスカレーターに乗りたい思いがある。」など語る。川瀬正広さんもエスカレーター歩行に悩む1人。3年前に脳出血し、その後のリハビリで会社勤めができるほど回復も左手・左足に麻痺が残る。上りエスカレーターを利用の場合は右手で支えて乗り込み、その後は人が歩かない左側へ移動。右側を歩く人がいるとぶつかる可能性があり危険。下りの場合はぶつかっても左手では支えられず、後ろを振り向き安全確認。川瀬さんは約1時間の通勤で3ヶ所のエスカレーターを利用。「転倒など怖くて外に出てこられない方がいっぱいいる。そういう方のためにもなるべくエスカレーターは立ち止まっていただきたい」など川瀬さんは訴える。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.