[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:30 - 0:55 NHK総合
ドキュメント72時間 昭和歌謡に引き寄せられて

2月19日 13:00。お店が有るのは新宿駅の直ぐ側。金曜の午後撮影を開始。3万枚の中古レコードやCDが所狭しと並んでいる。早速レコードを探す大学4年生の女性は、昭和歌謡が好きでこういうレコード屋さんによく来るという。歌謡曲好きの両親の影響で自然に好きなったと言い、一番のお気に入りは「はいからさんが通る」という南野陽子の曲。店内には誰でも使えるレコードプレーヤーも完備している。
ゆっくりと階段を降りて店内に入ってきた男性は元広告会社の社員で若いころは桑名正博さんなどのプロモーションを手がけていたという。若いころはストレスから暴飲暴食し、脳梗塞になって倒れたなどと話す。今は運動を兼ねてレコード店めぐりを楽しんでいるといいこの日は雪村いづみのベスト盤を買った。今でも根強い人気の昭和歌謡。震災以降、懐かしい音楽に癒やしを求める人が増えたという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月17日放送 19:00 - 19:56 TBS爆報!THE フライデーあの人は今…芸能人とお金SP
本日のゲスト藤真利子を紹介。映画「吉原炎上」や「薄化粧」など200本以上の映画・ドラマに出演してきた。しかし、11年ほど前を境に空白期間があり、その事を初激白。母が脳梗塞で倒れてしまい在宅介護していたという。藤は1995年に東京・阿佐ヶ谷で誕生、父親は直木賞作家の藤原審だが3歳の頃から母親と2人で生活していた。母は小料理店を営むなどし女手ひとつで藤を女優にまで育てた。やんちゃだった藤は毎晩のように遊び歩く生活していた。
藤真利子が50歳、母・静枝さんが80歳の頃に生活は一変。静枝さんは自宅で倒れ脳梗塞を発祥、右半身に麻痺が残り日常生活が困難な状況に。当時の藤は仕事で忙しく、母をリハビリ施設に入れた。ところが直面したのはお金の問題、年間支出総額は約500万円にものぼった。こうして選んだ道は在宅介護、車椅子の母のため100万円かけて自宅をバリアフリーに改修。母の介護に専念するため女優を休業、これからが本当の介護地獄の始まりだった。
藤が母の介護のためにつけたのが65冊のノート、そこには介護の現実が生々しく記されていた。毎日変わる母の容体を細かく記録、塩分の摂取量も制限されていたため、母が口にする全ての塩分を1g単位で記録していた。在宅介護から1年が経過すると貯金の底が見えてきたため、少しづつ女優の仕事を再会。当時は今以上に介護ヘルパーが人手不足、そのため拘束時間の短い小さな役を続けた。そんな時に救われたのが支援費制度、介護する者の労働時間などによってホームヘルプサービスなどが受けられる制度。その結果、月100時間以上のヘルパー代が減った。このような生活で11年間の介護を続けた。
2016年11月7日、母・静枝さんは92歳で亡くなった。藤は母に対し最善を尽くし介護したが、さらなる悲劇が襲った。母を亡くして四十九日が経過した頃、母の主治医を続けてきた彼女は後悔。自分のせいで死んでしまったのではないかという「思い込み症候群」にかかった。

2017年2月17日放送 12:00 - 12:30 テレビ朝日徹子の部屋(今日のお客様 はるな愛)
はるな愛の弟・裕二さんが脳梗塞になったことについてトーク。弟さんははるなの良き理解者で、今は車椅子生活だが早くよくなると嬉しいと話した。

2017年2月16日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+家で最期を迎えたい~広がる在宅医療の陰で~
在宅医療に納得できなかったという岡本智恵子さん。2年前まで自宅で支えようと考えていた。在宅医に徘徊など認知性の症状にどう対応すればいいか相談したが満足のいく答えが得られなかったという。経験豊富な在宅医が不足しているのが現状である。25万人の医師が登録するコンサルタント会社には在宅医を紹介してほしいとの相談が医療機関から相次いでいる。在宅医療経験が少ない医師を雇わざるを得ず患者から苦情が寄せられた診療所もあった。夫を亡くした女性は、夫が脳梗塞を患って以来在宅医療を受けていたが、療養中にできた床ずれが悪化し病院を相談してほしいと相談したが、すぐに応じてもらえなかった。しかし左足切断の状態になっていた。

2017年2月16日放送 10:50 - 10:55 NHK総合あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜
岩手・宮古市でスポーツ用品店を経営している太田雅則さんは、震災当日、仕事中に被災した。店は海から1.5km以上離れていたため津波の心配はないと思っていたが、想定外に津波が迫ってきたため避難することに。店から50mほど離れた自宅へ行き、脳梗塞を患って以来 足が不自由だった父親を、妻と協力しながら連れ出すも、気持ちが焦りうまく歩けなかった。津波はすでに迫っており、とっさに2階建ての建物に逃げ込んだ。幸い津波は2階までは達しなかったが、寒さとの戦いとなった。避難した建物から自宅へ屋根伝いに移動して布団を持ち込んだが、それでも寒さからか恐怖からか父親の震え止まらなかった。太田さんは水に浸かりながら助けを呼びに行き、消防団員により父親らと共に無事避難した。太田さんは、一歩間違っていたら父親も自分も命を落としていたかもと思い、事前準備の必要性を強く感じている。

2017年2月15日放送 22:25 - 23:15 NHK総合総合診療医 ドクターG三大疾病スペシャル「脳卒中」
秋子さんの脳血管の画像を紹介。MRIにより太い血管に血栓があることもわかった。血栓ができるとその先に酸素が届けられなくなるため、その部分の機能が停止し、脳細胞は壊死していく。血栓を取り除いた時に生き残った細胞は機能を取り戻すが、壊死した細胞は戻ることがない。そのため治療にはスピード感が大事になってくる。治療法はいくつかあり、一つは「血管内カテーテル治療」。血栓を回収する治療法であるため、リンゴは「掃除や」とコメントした。もうひとつは「血栓溶解療法(t-PA)」。早い人は薬を入れて10分で血栓が溶けるという。しかしこれは細胞の壊死が進んでいると大量出血が起きる場合があり、そのリスクは時間の経過とともに高まる。ガイドラインには発症から4時間半以内に投与することと記されている。
問題はいつ発症したか。3時間かかる和裁が完成しており、その間に歯医者に行っていたため、早ければ13時半ごろに終わっていることが予測される。渚が帰宅した午後4時半であるためその間は3時間。しかしt-PAのガイドラインには第三者が脳梗塞の症状が現れていないことを確認した最後の時刻となっているため、歯医者の受付が確認した11時半からだと5時間が経過している。塩尻先生は「これでt-PAをやりますか?あきらめますか?現場ではこういう判断を迫られる」と話した。大湾先生は「できればやりたい。比較的若い人であるためなんとかしたい」と話した。椎木先生は「MRIでどれくらい壊死しているか判断できる」と話し、秋子さんのMRIの画像には白くなっている部分が確認されなかったため、発症はまだ早期だとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.