[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア エンタメアクア400

現在、脳リンパ腫で入院中の俳優の松方弘樹が、去年秋から3度の脳梗塞を発症していたことを、きょう発売の女性週刊誌が報じた。体の自由がきかず、車椅子で生活しているという。また、自力で食事がとれないため、点滴で栄養を補給している状態で、意識が混濁することもあると伝えている。(サンケイスポーツ)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月21日放送 8:00 - 9:25 TBSサタデープラスDr.プラス
30秒でできる、ごっくんチェック。MC三人が挑戦。小島さんは10回、小堺さんは12回、丸山さんは5回。20代から70代の男女34人の平均は9.3回。 順天堂大学の高橋先生は、アメリカのハーバード大学 医学部附属病院で医療を学び、日本で最も古い歴史を持つ呼吸器専門の内科のトップを務める喉のスペシャリスト。飲み込む回数と病気の関連。6回以下は要注意という。59-82歳の平均は5.9回。3回以下はかなり危険。6回以下は要注意。7回以上は問題なし。食事中に頻繁にむせる、痰が増えた人は、危険信号。弱くなる原因で警戒すべきは、脳梗塞など脳の病気が原因であることが多いという。

2017年1月19日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
この時期に多い急激な温度変化で起きるヒートショックについて解説。暖かいところから寒いところに移った時に血管の収縮で血圧の上がり下がりによって失神や心筋梗塞などを引き起こす恐れがあるという。入浴中のヒートショックによる事故死は1万9000人に上る。お風呂に入る時は事前に浴室を温めておく・水分補給をしておくなどして対策をするのが良いとのこと。

2017年1月18日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
脳出血は、脳の中にある血管が何らかの原因で破綻し、出血した状態。脳の血管の病気は大きく分けて3つある。多いとされている1つ「脳梗塞」は、脳の血管がつまり血液の流れが悪くなるもの。そして2つは脳出血。3つは「くも膜下出血」で、くも膜の内側に出血するもの。これら3つは総称として脳卒中と呼ばれる。手足が麻痺するや痺れることとろれつが回らない症状が共通している。またその症状に違いもあるという。くも膜下出血は激しい痛みになると伴うに対し、脳出血や脳梗塞は痛みがないという。厚生労働省によると、脳出血の患者は約13万8000人のうち年間約3万2000人が死亡している。女性より男性の患者が多くなっているというが、30・40代でもなるケースは多いという。その主な原因は高血圧。上140・下90を上回る場合は治療を受けたほうがいいという。塩分のとりすぎや過度の飲酒なども血管に負担がかかり原因になるとされる。

2017年1月18日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
俳優の松方弘樹さんは去年2月脳リンパ腫と診断された後脳梗塞を3度起こしていたと報じられた。

2017年1月17日放送 22:25 - 23:15 NHK総合NHKスペシャル女たちの大震災~最新医療が迫る 体と心のリスク~
もう一つのリスクは血栓。災害時の血栓について長年研究してきた榛沢医師の分析では、血栓が原因で病気になった疑いがあるのは、男性38人に対して女性が52人。女性の方が避難所で運動不足や水分不足になる傾向があるため、血栓ができやすいという。血栓はエコノミークラス症候群などにもつながる。当時血栓の疑いがあった安川さんを取材。安川さんは震災後に突然倒れて入院したという。当時家族6人で車中泊をし、トイレの回数を減らすために水分を減らしていた。避難生活では血栓は足にできやすい。剥がれた血栓が全身を巡り、細い血管で詰まると細胞が壊死。エコノミークラス症候群や心筋梗塞につながる。
震災から22年経った今でも血栓のリスクは続いているのではないかと、神戸で調査が始まった。検査を受けた安川さんは左足に血栓が見つかった。長さ5cmで血管から剥がれかけていた。安川さんはその後、病院で詳しい検査を受けることになった。血栓は一度できるとできやすくなる。榛沢さんは新潟県中越地震の被災者を毎年調査。血栓の見つかった女性の割合は、全国平均の2倍の水準で続いている。地震から長期間を経ても女性のリスクは続くと榛沢さんは考えている。今回検査を受けた21人のうち、血栓が見つかったのは8人。同年代女性と比べ、2倍の多さだった。榛沢さんは、震災直後に血栓のあった女性は1万人いたと推計している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.