[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア エンタメアクア400

現在、脳リンパ腫で入院中の俳優の松方弘樹が、去年秋から3度の脳梗塞を発症していたことを、きょう発売の女性週刊誌が報じた。体の自由がきかず、車椅子で生活しているという。また、自力で食事がとれないため、点滴で栄養を補給している状態で、意識が混濁することもあると伝えている。(サンケイスポーツ)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット(人生シリーズ)
その後、ビビットのインタビューで語ってくれたのは、過去にの挫折と亡き母の教えのことだった。1952年福岡・小倉市・全国有数の工業の町で生まれた。アメリカ兵の父は戦死となり、母と2人暮らしていた。生活は貧乏だったが、いたずら少年で悪ガキだったという。体当たり子育てされ、豪快な母であり厳しかったという。母の趣味は親子で行った映画館で、時代劇を見るのが好きだったという。17歳のときモデルしたいという転機が訪れ、「故郷を離れ東京で勝負したい」と決意を伝えた。しかし母は「好きなことをやりなさい」と話したという。駆け出しモデルは上手くイカず、母を東京に呼び寄せた。1970年に東京で始まる”先の見えない2人暮らし”が始まった。
心配ばかりつきまとっていたが、テレビCMへの大抜擢をきっかけに「和製アラン・ドロン」と呼ばれ注目のまととまった。いきなり浴びたスッポトライトに二枚目俳優の重圧と戦いながら、駆け上る成功の階段。草刈さんの代表作は「汚れた英雄」。天才オートバイレーサー役を演た後、「哀しみは風になる」の歌うなど歌手デビューを果たした。1988年に結婚した子宝に恵まれたが、突然の母の死去。脳梗塞でなくなることとなった。その失意の中に残ったのは役者の意地だったという。
失意の中で決意した運命を変える作品「真田丸」のドラマで真田昌幸役を演じた。母が愛した時代劇に若い世代からも人気を集めた。役がなくなると、ファンの人に”#昌幸ロス”が言わしめたのは亡き母に輝く姿を見てもらいたかった意地があった。母の教えである「ごめんなさいとありがとうを素直に言える人間になりなさい」の言葉は今でも支えている。

2017年5月22日放送 19:00 - 21:00 日本テレビ大家族石田さんチ大家族石田さんチ
茨城県常総市、石田晃さんは高血圧に悩んでいた。晃さんは脳梗塞を経験し糖尿病も抱えていた。晃さんの終活宣言を波紋を呼んだ。7男2女一家11人の密着取材は21年目を突入した。七男・隼司くんは美容室に勤務、長男・孝之くんはマイホームパパを満喫中、四男・智広くんは高校と卒業と同時に製鉄所で働き始めた。隼司くんよりひと足早く美容師デビューした六男・有志くんは去年から勤め先が近い五男・元基くんと共同生活をしている。元基くんはシステムエンジニアとしてキャリアを重ねている。実家で暮らしてる二女・芽衣子さんは20年ぶりに部屋を公開。

2017年5月22日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
認知症の4つのタイプについて説明。全体60%ほどあるアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変成し機能を悪化させ、記憶障害が特徴となっている。20%ほどある脳血管性認知症は、脳梗塞など脳の出血障害により神経細胞が破壊・死滅してしまうことが原因となっていて、性格の変化が特徴となっている。花田さんは「イライラしている方多い」などコメントした。10%ほどあるレビー小体型認知症は、レビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能を低下させるもの、幻視・歩行障害などが特徴となっている。同じく10%ほどある前頭側頭型認知症は、前頭葉と側頭葉の神経に特に異常が見られ、感情の起伏が激しい特徴があるという。レビー型について花田さんは「ちょっと歳のいった方に多いが、若い方からなるのはある」など話した。

2017年5月19日放送 20:57 - 22:00 TBS中居正広の金曜日のスマイルたちへ金曜日のリクエスト 芳村真理
4月某日、芳村真理が西城秀樹と30年ぶりの再会を果たした。西城秀樹は2003年と2011年に2度の脳梗塞で倒れた。命に別状はないが右半身にマヒが残る結果となった。そんな西城秀樹と再会、スタイルは当時と変わっておらず、その姿に芳村は驚きを隠せなかった。2人は30年会っていないのがウソのように打ち解けあい、芳村は「動脈瘤が見つかってから気持ちを新たにした。すると今はすごく元気になった。病気はそういう事を考える機会になる」と伝えた。西城は今でも積極的に公演を行っており、待っている人がいる限り舞台に立ち続けるという。

2017年5月18日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
マンションや団地のベランダからたばこを吸うホタル族。たばこの火がホタルの光に見えることからそう呼称される。そのベランダ喫煙に待ったをかける動きが。ホタル族の喫煙に悩む人々が被害者の会を発足。被害者団体「近隣住民受動喫煙被害者の会」はマンションは部屋が隣接しているためダイレクトに煙の被害を受けるため、ベランダ喫煙を禁止することを目的に条例を厚労省・国交省に申し入れ。あるマンションに住む被害者のAさんは下階のたばこの煙に苦しめられ、受動喫煙症に。専門家によると、初期症状は急性の受動喫煙症と言い、煙を吸うとのど・鼻・せき、場合によってはめまいや吐き気なども生じる。だんだんと慢性的症状となり、大きな病気だと肺気腫・ぜんそく・脳梗塞といったもののリスクが高まる。ホタル族のたばこの煙はどこまで広がるのか、番組は喫煙者の部屋の隣と上階にスタッフ3人を配置。においを感じた時点で手を挙げる検証をした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.