[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

豊洲移転問題を調査する百条委員会で石原元都知事の証人喚問が行われたが、新たな事実は出てこなかった。石原元都知事の後ろには医師がスタンバイする形で百条委員会はスタートした。石原元都知事は冒頭で脳梗塞の後遺症で記憶が思い出せないことがあると語り、豊洲移転については前任者からの既定路線だったと語った。また土壌汚染については、部下や専門家の意見に従ったと語っており、巨額な汚染対策費の負担について、契約内容については「覚えてない」と語っている。傍聴した人は今回の百条委員会について「どうどう巡りな話だった」と語っている。小池都知事は百条委員会に石原元都知事が出席したことについて「前回の記者会見の時とあまり出てなかったと思う」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月23日放送 7:00 - 7:30 TBS健康カプセル!ゲンキの時間(熱中症と間違えやすい2大病)
このあと、熱中症のような症状の脳梗塞とは?

2017年7月23日放送 5:00 - 5:15 NHK総合ニュース・気象情報(リポート)
2年前に脳梗塞で倒れ自宅療養中の森正幸さんは、退院の際、「口から食事はとれない」と医師から告げられ、このため胃ろうから直接胃に栄養を入れている。しかし森さんは食べることをあきらめたくないと考えていて、現在歯科医師の長谷剛志さんから歯の治療を受けている。長谷さんは口から食べる力を回復させる支援が専門の歯科医師。診察によって森さんは舌の力が弱り、食べ物を喉に送り込む機能が低下していて、訓練すれば回復する可能性があることがわかった。まずとろみをつけた水を飲み込むことから訓練を開始。そして入れ歯の形を改善。それから半年、森さんは好物を食べられるまで回復。長谷さんは、「安直に食事をストップされ諦めている方も多いのが事実。好きなものを頑張って食べるのが一番大事」と話す。そして長谷さんはこのような治療を広めていきたいと考え、自らの経験則をデータベースで共有する取り組みを開始。約10年間で2000人近くの高齢者の診断の記録をもとに、支援ソフトを開始したのだ。これは食事の様子を25項目から選択していくと、改善点や具体的訓練が表示されるようになっている。長谷さんはこれを先月の学会で紹介。食べることを簡単に諦めず、ソフト活用で食べる力の支援に力を入れてほしいと訴えた。食べる力を見える化することがこれからのポイントだと長谷さんは話している。

2017年7月21日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!夏バテ&夏の突然死予防SP
夏に発症しやすい脳梗塞。脳梗塞は、6~8月にかけて最も発症しやすい。そんな夏に多い脳梗塞の半数以上で原因とされる危険な病がある。小田原循環器病院の杉薫先生は、「夏の脳梗塞の原因に隠れ心臓病がある」と話した。最大の特徴は自覚症状がないこと。通常、死を招く重大な心臓疾患の場合、動悸や息切れなどの自覚症状が表れるが、隠れ心臓病の場合は正常な人の心電図とほぼ同じで、ほとんど自覚症状がない。そんな隠れ心臓病の推定患者数は130万人で、80歳以上の10人に1人は隠れ心臓病とされている。
隠れ心臓病で脳梗塞を発症した小川淳さん。趣味はトライアスロンで、1日10km走ることを日課にしていた。これまで心臓に大きな異常はなかったが、翌日行われるマラソンコースの下見をしていたところ、突然右手の力を失いその場に倒れてしまったという。幸い、近くで準備をしていたマラソン大会の運営係の人が助けてくれた。小川さんは救急車で搬送され集中治療室へ。診断は脳梗塞で、小川さんの奥さんは隠れ心臓病について医師から話を受けた。

2017年7月21日放送 19:00 - 19:56 TBS爆報!THE フライデー緊急爆報
1980年代の大ヒットコント番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?」でお母さん役を演じたのが真屋純子(当時40歳)だった。倉沢淳美は娘役として出演、仲睦まじい姿がお茶の間を賑わせた。そんな真屋は27歳の頃に俳優・高津住男と結婚、夫婦の劇団で活躍した。2000年、真屋は58歳の頃に脳出血を発症、一命は取り留めたが左半身不随となった。女優として舞台に立ちたいと夫と二人三脚でリハビリに励んだが、2010年に高津住男が死去、自身も2度の心不全と大動脈瘤を発症し生死をさまよった。今から4年前に当番組に出演、当時71歳で壮絶なリハビリ生活の模様を伝えた。
あれから2年、真屋は寝たきりの状態になった。息子・健一郎さんによると2回ほど脳梗塞になり病院へ入院している。真屋は現在75歳、自力呼吸もままならず問いかけに答えることも難しい状態。そんな状態で振り絞った言葉が「かなえに会いたい」、かなえ役だった倉沢淳美は真屋にとって思い入れの強い存在だった。20年ほど再会しておらず、その言葉を聞いた倉沢は病院へ足を運んだ。倉沢淳美が真屋と会えるのは体力を考慮し20分のみだという。

2017年7月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
日曜日の夕方になると翌日からの学校や会社を思い浮かべて憂鬱になる「サザエさん症候群」「ブルーマンデー」。月曜日は心筋梗塞・脳梗塞の発症率も高い。これは無意識に仕事のことを考えプレッシャーを感じているのが原因のため、意識してリラックスことが重要。(毎日新聞)立川志らくは「自分は笑点症候群だ」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.