[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWSペーパー

石原氏は証人喚問の冒頭で2年前にかかった脳梗塞の後遺症があると話し、当時の記憶が不鮮明なことをわびた。(読売新聞/産経新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 8:00 - 9:25 TBSサタデープラスくらしプラス
今回は都道府県別健康ピンキリランキング。腸は自律神経がコントロールしているため、便秘は今の時期こそ要注意で腸はストレスの影響を非常に受けやすく気温の変動の激しい今こそ便秘が起こりやすいという。便秘は心筋梗塞や脳梗塞を招く動脈硬化の要因にもなっているという。

2017年5月26日放送 19:00 - 19:56 TBS爆報!THE フライデーセレブお嬢様は今…大追跡SP
昭和のご意見番として活躍したのが細川隆一郎、毎日新聞の記者出身でリチャード・ニクソンやジョージ・W・ブッシュと対等に接するなど敏腕政治評論家だった。そんな彼が溺愛していたのが愛娘・細川珠生、お嬢様として育てられた。
細川珠生は現在48歳。父・細川隆一郎は2003年に脳梗塞を発症、半身不随と失明を患い1人で生活できなくなった。家族がヘルパーを呼んだが、頑固者で見栄をはり、要介護5でもおかしくない症状なのに要介護3だと認定された。家族が必死で必死で介護していた。この細川の頑固さが珠生を大成功へと導いていた。

2017年5月26日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!血管力アップで突然死を防げ!SP
今回は血管力アップ最強食材の検証のため、血管に不安を抱える芸能人の血管力を徹底検査。今回の検査で池谷敏郎が注目したのは「血管の強さ」「プラークという血管内のコブの有無」。プラークの検査で以上が見つかったのは岡まゆみと松崎しげる。プラークは傷がつくと傷を塞ごうと血栓ができ、その血栓が剥がれ細い血管を詰まらせることが問題。
「血管の強さ」の検査で異常が見つかったのは松崎しげる。血管内皮細胞とは血管の内側の壁にある細胞で、傷つくと血管が硬くもろくなり動脈硬化につながる。血管内皮機能の正常値は6.0以上だが松崎しげるは2.7だった。

2017年5月24日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
眠気対策として6年間、糖分を多めに取り続けた萩原さん。 その結果引き起こしてしまったのは「血糖値スパイク」。「血糖値スパイク」は食後、短時間で急激に血糖値が上昇するのが特徴。潜在的な患者数は約1200万人。健康診断の検査では血糖値スパイクの発見が難しく、隠れ糖尿病とも呼ばれている。萩原さんの場合、甘いものを日常的に摂取し、急いで食事をとる傾向があったことから血糖値スパイクが頻繁に起きていた可能性が高い。その結果、歩行中に異変が起き、脳梗塞を引き起こしていた。もしあと5ミリ右にずれ、病変が5ミリでも拡大していればマヒが残った可能性が高かったそう。
眠気や疲れは女性の約20人の1人のある病気が原因がケースもある。田中さんは2年前に出産、その後仕事復帰。復帰した五月ごろから症状があったという。日中は仕事、夕方からは子育てや家事。そんな多忙な日々が2週間続くと洗い物をするだけでたってもいられないほどのめまい。それでも田中さんは家族のために耐えていた。そして1ヶ月後、疲れが原因の風邪を引き、風邪薬を飲んで2週間経っても体調は回復しなかったという。そのためうがい薬を使いうがいをしていた。慢性甲状腺炎は成人女性の20人の1人が患うといわれている。田中さんの場合、甲状腺機能低下症まで進行していた。その結果、疲れや眠気、むくみ、胃腸機能の低下などの症状を引き起こしていた。うがい薬にはヨウ素を含んでいるうがい薬もあるため、甲状腺疾患を持つ場合ヨウ素を多く摂取しすぎると逆に甲状腺機能を低下させてしまう働きがある。田中さんの場合、よかれと思って続けていたうがいが病気を悪化させていた。
一方、春の眠気や疲れから思いもよらぬ症状が始める病気がある。それは圧倒的に女性に多い病。63歳の主婦・當間八千代さんの人生が一変したのは25年前。当時保育士の仕事をしながら3人の子育てをしていた。症状がはじまったのは38歳の時、4月になると決まって眠気、倦怠感を自覚するようになった。これまでにない倦怠感や眠気は仕事と家事で忙しいからと自己診断をしていた。1ヶ月後、朝目覚めると手の指の関節や足首にむくみやこわばり、当時はこれも疲れが原因と考えていた。関節のむくみや目の乾き、そして虫歯などの体の異変の数々が同じ病気からきていた。そんな状況が3年続いたある日、動悸と息切れ、急いで病院に駆け込むとその病気はシェーグレン症候群だった。シェーグレン症候群は免疫システムに異常が起こり正常な細胞を攻撃する原因不明の難病。30代から50代の女性に多く発症。歌手の和田アキ子さんもシェーグレン症候群であることを告白している。倦怠感やむくみの他、乾燥症状などが特徴。當間さんの虫歯も口の中が乾くことが原因だった。シェーグレン症候群の中には命に関わるような病気を発症する可能性もあるという。當間さんは間質性肺炎を合併。間質性肺炎は肺胞を囲む間質が線維化して固くなり、呼吸がしずらくなり動悸や息切れが起こしやすいという。當間さんは病気が悪化しないいように今も9種類もの薬を服用している。

2017年5月23日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット(人生シリーズ)
その後、ビビットのインタビューで語ってくれたのは、過去にの挫折と亡き母の教えのことだった。1952年福岡・小倉市・全国有数の工業の町で生まれた。アメリカ兵の父は戦死となり、母と2人暮らしていた。生活は貧乏だったが、いたずら少年で悪ガキだったという。体当たり子育てされ、豪快な母であり厳しかったという。母の趣味は親子で行った映画館で、時代劇を見るのが好きだったという。17歳のときモデルしたいという転機が訪れ、「故郷を離れ東京で勝負したい」と決意を伝えた。しかし母は「好きなことをやりなさい」と話したという。駆け出しモデルは上手くイカず、母を東京に呼び寄せた。1970年に東京で始まる”先の見えない2人暮らし”が始まった。
心配ばかりつきまとっていたが、テレビCMへの大抜擢をきっかけに「和製アラン・ドロン」と呼ばれ注目のまととまった。いきなり浴びたスッポトライトに二枚目俳優の重圧と戦いながら、駆け上る成功の階段。草刈さんの代表作は「汚れた英雄」。天才オートバイレーサー役を演た後、「哀しみは風になる」の歌うなど歌手デビューを果たした。1988年に結婚した子宝に恵まれたが、突然の母の死去。脳梗塞でなくなることとなった。その失意の中に残ったのは役者の意地だったという。
失意の中で決意した運命を変える作品「真田丸」のドラマで真田昌幸役を演じた。母が愛した時代劇に若い世代からも人気を集めた。役がなくなると、ファンの人に”#昌幸ロス”が言わしめたのは亡き母に輝く姿を見てもらいたかった意地があった。母の教えである「ごめんなさいとありがとうを素直に言える人間になりなさい」の言葉は今でも支えている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.