[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「脳梗塞」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ
スッキリ!! (ニュース)

百条委員会の証人喚問に登場した石原元知事は宣誓書への捺印を指示されたときに会場からヤジが飛んだ。浜渦元副知事の証人喚問は約5時間だったが、石原元知事は体長を考慮して時間が短縮された。冒頭石原元知事は脳梗塞を患い、記憶を引き出そうとしても思い出せないことが多々あると話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月21日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 科学・文化・トレンド)
作家の内田康夫さんが脳梗塞の影響で小説の休筆を宣言。浅見光彦シリーズの小説「孤道」は未完のまま刊行されるが、作品の続きを公募し、最も優れた作品が出版されるという。

2017年3月21日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日林修の今でしょ!講座最新予防法で認知症は食い止められる!歩き方&食事&睡眠法!最新検定2017
認知症の予防薬は今後開発されるのか。現在、薬が世界中で作られている最中で、国立循環器病研究センターの発表によると、脳梗塞の再発予防薬が認知症の進行予防にも有効だという。昨年から臨床試験が開始されており、2021年度の実用化の見込み。

2017年3月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
昨日の百条委員会について自民党では下村都連会長が、石原元知事の発言についてマスコミでは厳しい切り口であるが自身は彼の主張は最もで都政を停滞させてはならないと話した。そして豊洲移転問題の対応を巡り小池知事に対して、これを具に石原都政やそれを支えていた自民党にダメージを与える戦略でだとしたら邪道だと批判した。昨日石原元知事は証人喚問の冒頭で、全ての字を忘れた、2年ほど前に脳梗塞を患い今も後遺症に悩まされていると明かした。石原氏は2013年3月に軽度の脳梗塞で入院しその時には後遺症はほとんどないと話していた。専門家は脳梗塞によって字を忘れるかについては、一般的なことと前置きをした上で宣誓書等は読めているため字は読めるが書くことが困難になる失書という症状が残っていると指摘した。現在石原氏はワープロなどを使い執筆を続けており、病後もほんの出版などの作家活動も続けている。ワープロで打ち読めるのであれば文章を書くことは出来ると専門家は話した。百条委員会では時折笑みを見せるなど余裕の表情を見せた石原氏、豊洲市場問題は多くの謎を残したままである。

2017年3月21日放送 14:35 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
豊洲問題の証人喚問がこの3連休に行われた。土壌汚染が残る豊洲の土地を何故、東京ガスから購入することになったのか?キーマン達の証人喚問から分かったことは?昨日、石原元都知事への証人喚問が行われた。石原元都知事は「2年前に患った脳梗塞の後遺症の為、思い出せないことが多々あるのでご了承願いたい」等と説明した。その為、当初の3時間から1時間に時間を短縮した。石原元都知事は、豊洲移転は既定路線と発言してきた。しかし、元市場長らは石原氏が決断したと証言した。しかし、石原氏は改めて既定路線だったと主張した。その為、2人の証言に食い違いが見られる。
次に焦点になったのは、東京ガス側が瑕疵担保責任の破棄が書かれた協定書の存在についてだ。このことについて石原氏の当時の部下である元市場長は、80億円ということを早い段階で石原氏に説明した、等と証言した。しかし石原氏は、記憶がない、等と証言した。更に、共産党の都議からの「土地売買契約について石原証人は事前に報告を受けていたのではないか?」等の質問に対しても、記憶にない、等と証言した。一方、石原氏の側近である浜渦元副知事は、水面下の交渉は悪くない、等と証言した。更に、安全宣言と引き換えに売却を迫ったメモについて問われると、そういうことは承知していない、等と証言した。そして、都と東京ガスの間で交わされた確認書では、東京ガスの土壌汚染対策の範囲を限定するとされていた。浜渦氏は、確認書の存在すら知らなかった、等と証言した。音喜多都議の「こうした混乱を招いている責任は感じないのか?」という質問に対して浜渦氏は、「みんなから称賛されたのにどこに責任があるんだ?」等と証言した。キーマン達の証人喚問を終え、新たに分ったこととは?2人の専門家と共に豊洲問題を徹底追及する。

2017年3月21日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
ゲストの伊藤惇夫が紹介された。石原元知事は記憶にないという理由の後付として病気で文字を忘れたと話したのではとコメント。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.