[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「自由党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
学校法人加計学園 の獣医学部新設などを巡り、民進党・共産党・自由党・社民党の野党4党は真相を解明するため安倍首相に出席を求めて予算委員会の閉会中審査など行うよう申し入れたが、与党側は現時点では応じられないとしている。これを受けて野党4党はきょう夕方国会内で幹事長・書紀局長が会談。衆参いずれかの議員の4分の1以上の要求があれば内閣は召集を決定しなければならないとする憲法53条の規定に基づき、臨時国会の召集を求めていくことで一致した。このあと野党4党は衆院の川端副議長に召集の要求書を共同で提出した。また参議院ではほかの会派も加わり、郡司副議長に要求書を提出した。ただ憲法には具体的な召集の時期にか関する規定はないことから実際に国会を召集する日程は内閣の判断に委ねられることになる。

2017年6月22日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
今回新たに見つかったとされる文書は「10月21日萩生田光一副長官ご発言概要」というもの。これはどういったものなのか。去年10月21日、萩生田氏と高等教育局長のやり取りをメモとして書き起こした。 この文書は、萩生田光一氏とのやり取り意外にも周辺情報が混在。内閣府、農水省などとやり取りしていた中での周辺情報が載せられてあったものだという。こちらの文書を巡っては、森裕子議員が昨日文科省の職員とのあいだでやり取りがあった。「メモについて、書いている内容については正しいということでよろしい?」と森氏が質問すると、文科省担当者は「いろんなものが混在している」と返答し、また森氏「事実じゃないものも混在しているのか?」と聞くと、「そこはわからない」と文科省担当者は濁すように答えたという。

2017年6月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
加計学園問題について、このあと官僚と政治家の関係、文部科学省の実情について解説する。

2017年6月22日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
加計学園の問題について昨日、内閣府の役人を自由党が追求した。森裕子参院議員は文書はないと言う内閣府の担当者に対して、「文科省、農水省を呼んで言いたい放題言って終わりなわけがない。メモがない行政なんてない。」と追求した。自民党は閉会中審査を拒否し続けている。

2017年6月22日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!NEWSアイキャッチ
自由党が政策審議会を開き、文科省、内閣府、農水省、内閣官房の担当者に加計学園についてのヒアリングを行った。山本太郎参院議員は内閣官房が出席を拒否したことを批判した。会合では文科省が萩生田官房副長官の発言をまとめたとする文書について、文書は“総理の意向”を示唆する内容だが、萩生田氏はこれを否定。文科省も中身については情報が混在していて「不正確」なものとしている。森裕子参院議員が情報そのものの真偽について問うと担当者はわからないと答えた。主張が食い違っているのは内閣府側が文書やメモは作っていないと主張していることによる。こうした中、自由党は各省に対して情報の開示と追加調査を求めた。また国会閉会に際し、安倍総理は“説明責任は果たす”としており、野党4党は閉会中の審査を要求した。しかし自民党はこれを拒否、民進党 山井和則国対委員長は安倍総理を非難した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.