[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「自民党」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ
直撃LIVE グッディ! (ニュース)

不倫騒動で中川俊直衆院議員が自民党を離党届提出した件などを受け闘病中妻が取材を受けたことをスタジオトーク。妻の悦子さんは渦中ということもあり闘病中にもかかわらず取材を受けたのだがこうしたことを安藤はよくできた奥様などと賞賛していた。そして長谷川も妻の対応を評価していたが風間はこの騒動で妻が取材を受ける必要がなかったなどと苦言を呈した。理由としてこれが日本の政治家の現実としていて、家族がこんなことをする必要があるのかとしている。
こうした問題を伊藤惇夫を招きスタジオ解説した。今回のことで自民党の二階幹事長はこの問題で時間を割くつもりはないとしていて、中川議員は離党届を提出したがこれらのことを二階幹事長はインタビューで誠に残念ですが今後とも気を引き締めて対応していきたいと話している。だが議員辞職などではなくあくまで離党の対応に野党などから批判が出ているがこうしたことを伊藤は自民からすると離党によって関与できなくなるのでこれで騒動の幕引きを狙っているとしていた。
この騒動で妻の悦子さんが取材などを受けたということでスタジオ解説。悦子さんの経歴だが高校時の陸上部のマネージャーだといい、24歳のときに結婚していた。3人子供がいるのだが現在がんで闘病中だという。そしてこの問題では連帯責任ということで謝罪などをしているのだが現状夫の中川議員と会えない状況だという。だがブログなどでメッセージを出しているということで伊藤はホテルなどに身を隠していると分析していて、不倫報道が世に出ることを知った自民党では官房長官などが辞任を要求したとみられ、昨日の菅房長官の会見では本人が判断することとしていることからこれがメッセージになったとしていた。
離党届を出した中川議員だが辞職ではないことをスタジオ解説。これ以外に自民党では宮崎議員も不倫騒動で辞職していたが今回は離党のみということで伊藤はこの幕引きでは支持率低下を懸念して辞職もあると分析していた。だが辞職した場合7月の都議選、10月の衆院補欠選での苦戦が予想されることから離党のみも検討しているといい、こうしたことから状況を見るとしていた。
噂されていた前川恵議員は否定しているのだが今日は本会議に登場したということでスタジオ解説。囲み取材に応じたというが実際に議会に着席する様子も流れたが固い表情というよりは笑みなどもあった。だが昨日の委員会への出席では出入り口で電話をするなど慌てていたといい、マスコミもいたため結局登場せず大西宏幸議員に替わったという。こうしたことから党から指示があったことを伊藤は指摘していた。

住所: 東京都千代田区永田町1-11-23

URL: http://www.jimin.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
支持率回復を狙い、安倍首相が打ち出す逆転の一手が内閣改造。誰が内閣から外れ、誰が新たに入閣するのか。起死回生を狙ったサプライズ人事はあるのか。

2017年7月26日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
一方稲田大臣の日報隠蔽疑惑についても激しく追及があった。蓮舫代表は「防衛省を統制できている自負はあるか」と質問、稲田防衛相は日報問題も自分の指示で日報が公表された、統制できているなどと述べ、ヤジにより審議が一部中断する場面もあった。蓮舫代表は統制できているのになぜ内部情報が漏れるのかと指摘、また都議選での「自衛隊としてもお願いしたい」と言った問題発言についても指摘した。なぜ稲田大臣は守られるのかと蓮舫代表、安倍総理は稲田大臣への指摘には大臣自身が説明責任を果たすべく努力してきたとし、改めて罷免要求を拒否した。日報問題について、特別防衛監察が明後日28日にも公表される見通し。自民党は公表され次第閉会中審査を行う考え。

2017年7月26日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
今日のグッディは、集中審議で火花を散らした青山議員と玉木議員が生出演する。

2017年7月26日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング最新ニュース言いたい放題 バイキング×グッディ!
きょうのグッディでは、集中審議で質問に立った二人、玉木雄一郎議員と青山繁晴議員をスタジオに招く。

2017年7月26日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
自民党本部前から前田さんが中継。自民党本部で3週間ぶりに憲法改正推進本部の会合が開催される。きょうの会合では、一票の格差問題に絡んで、参議院の「合区」解消が議論される予定。憲法改正推進本部では、憲法9条や緊急事態条項などといった、4項目の論点ごとに意見交換が進められていて、来週、教育無償化の議論が行われれば、論点は一巡することになる。ただ、今月のANN世論調査では、秋の臨時国会に自民党の改憲案を提出する、という安倍総理の考えに対して「評価する」が31%、「評価しない」が50%だった。内閣支持率が低下する中、党内からは「(議論は)期限ありきで行うべきではない」「焦ってやる必要はない」といった慎重論も多く出ている。安倍総理は、2020年に施行という考えを変えていないが、今後は世論や党内の動きを見据えて、難しい舵取りを迫られる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.