TVでた蔵トップ >> キーワード

「航空法」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月6日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットビビットプラス
夏休み最後の週末、山岳救助隊に密着した。山岳遭難救助隊が、向かったのは山頂パトロール。遭難防止のため、救助要請がなければ山頂でパトロールをするという。座り込む10代の女性を発見。吐き気で歩くのが困難だったという女性は近くの山小屋で休憩をとった。高山病は気圧が下がることで頭痛や吐き気・めまいなどの症状が現れる。高山病の疑いがある場合は呼吸が浅くなるマスクはしないほうが良いとされる。女性の高山病は軽いものだったが、重症化すると肺や脳に水がたまり死に至るケースもあるという。また、登山中には高山病の他、トラブルが生じるという。次に出会ったのは左足をかばう60代女性。女性は御来光を見ていた際に転倒し、足首をくじいてしまったという。富士登山のトラブルで一番多いのは転倒による事故。女性は座り込むと立ち上がれなくなった。この状況に隊員は女性を背負って運ぶことにした。途中交代しながら背負うこと1時間以上。富士山衛生センターに到着した。診断結果は足首捻挫。転倒理由を女性に尋ねると弾丸登山が原因だった。弾丸登山とは十分な休憩をとらずに山頂を目指す登山で、降りる頃にはへとへとなので、岩場で足をくじくという。女性は症状から歩行困難なため、山小屋に物資を運ぶブルドーザー会社の協力で下山することに。女性は無事下山したという。
富士山に登ることが出来る夏の約2か月。この間に山岳遭難救助隊は標高3400mの山小屋に2、3人が24時間体制で勤務するという。隊員たちは静岡県警約6000人から27人が選抜される。この日は強風で、霧がかかっていた。山岳救助隊に通報があったと連絡があり、駆けつけると2人の中国人観光客がいた。注意を受けて取り出したのは無人航空機「ドローン」。山頂付近でドローンがとんでいるという通報が入っていたのだという。ある程度の高さを越えると航空法にも触れるので勝手に飛ばしてはいけないという。また、航空法に定めるルールに違反した場合には50万円以下の罰金が課せられるという。2人は法に触れていないか確認するため、下山し警察署へ向かった。
8月最後の日曜日、隊員達が8合目の衛生センターに立ち寄ると、目を腫らした20代男性がいた。男性はコンタクトをしたまま寝てしまったので目が痛いのと、泊まった場所が砂埃がすごかったなどと話した。医師の診断は両目の結膜炎。コンタクトレンズと結膜の間に砂埃が入り炎症を起こして目が開けられない状態だという。歩行困難と判断した隊員がブルドーザーでの下山を提案するもブルドーザーが走っていなかった。消防本部からの連絡で男性を担架搬送するために増員するという。2時間半後、消防隊員が到着し、準備にかかる。また、担架では時間がかかるため7合目付近でヘリで釣り上げて病院に搬送することになった。富士山は気流が代わりやすくヘリで近づくのは難しいという。救助隊員が1人地上におり、ロープをつけてわずか10秒後、男性を釣り上げ病院へ向かった。その後男性の両目は病院で回復したという。山岳救助隊の佐野さんは富士山は非日常の世界だと語る。登る前に入念な下調べをして準備をして万全の体調で登ってほしいと話した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.