[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「航空法」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月16日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
患者空輸任務のため搭乗していた機長他男性自衛官4人。消息をたっている機体は電気系統の不具合があり、音声を記録するボイスレコーダーは積んであったものの、飛行高度やエンジンなど記録する「フライトレコーダー」がない状態で飛行していたという。航空法では自衛隊が除外されている。一夜明けての捜査は、警察・消防など1700人態勢で捜索が再開されたが、行方がわからなくなった原因を突き止めることができるのだろうか。

2017年5月12日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!ニュース400
政府が今国会での成立を目指す共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備剤を新設する法案について、民進党はきのう対案を提出した。対案の内容は、組織的な人身売買・詐欺についての予備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案と、空港保安体制における国の役割を強化する独自の航空保安法案の2つだ。民進党は「政府案は内心の自由を侵す可能性がある上にテロ対策になっていない」などと主張していて、与党側に対案の審議を求めるとともに、政府案を廃案に追い込みたい考えだ。一方、政府案をめぐっては自民・公明・維新の修正協議が大筋で合意した。維新は取り調べの可視化など5項目の修正を求めていたが、協議の結果、法案に「被害者からの告訴が必要な親告罪については同様に告訴が必要」と記載すること、また取り調べの録音・録画による可視化の検討などが確認された。修正案は委員会に提出され、維新は賛成にまわることになる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.