[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「若年性アルツハイマー型認知症」 に関するテレビ情報

2017年2月17日放送 20:57 - 22:00 TBS
中居正広の金曜日のスマイルたちへ 気になる病「若年性アルツハイマー」

認知症には様々なタイプがあり、中でも注目されているのが若年性アルツハイマー型認知症、患者は推計約40人、その半数は40代~50代。番組ではこの病と闘う夫婦を取材、3年間の記録を伝える。
2014年夏、番組は千葉県・睦沢町に暮らす林佳秀さんを取材。一緒に暮らしているのは妻・京子さんと幼い3人の子どもたち。佳秀さんは一見すると普通のパパだが、この時は若年性認知症を発症してから既に10年が経過していた。アルツハイマー型認知症は脳の萎縮が原因、65歳未満で発症すると若年性と診断される。佳秀さんは普通に会話することができ、自分では病気をあまり実感していない。
佳秀さんが初めて動揺を見せたのは近所の農家へお米のまとめ買いに出かけた時。帰宅してからお米を車から降ろすのは佳秀さんの役目だが、5分後には積んだ場所を忘れていた。佳秀さんがミスをしても京子さんは指摘したりはしない。夫婦は東京で暮らしていたが佳秀さんの病気がきっかけで現在の場所に引っ越してきた。佳秀さんは29歳の頃に映像制作の会社を立ち上げ、その会社で働いていたのが京子さんだった。結婚から4年後に長男が誕生したが、この頃から異変が起きはじめた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月17日放送 20:57 - 22:00 TBS中居正広の金曜日のスマイルたちへ気になる病「若年性アルツハイマー」
林佳秀さんに異変が現れはじめたのは2005年、当時48歳で働き盛りだったが、仕事に車で行って電車で帰ってきたのだった。ありえない勘違い、必死に取り繕った姿に京子さんは浮気を疑った。他にも徐々に変わった様子が現れはじめ、仕事でも遅れやミスを指摘されるようになった。ようやく病院を訪れると49歳で若年性アルツハイマーだと発覚、忙しい生活から離れるよう都会暮らしを始めた。現在、佳秀さんは障がい者枠で週5日の工場勤務を行っている。
この日、佳秀さんは長男・大介くんと2人で釣り堀にでかけた。電車を乗り換え1時間半の道のり、切符を買うことが困難な佳秀さんに変わって大介くんが率先して行う。京子さんによると病気への一番の理解者は大介くんなのだという。大介くんは病気が進行していくことも理解していた。2014年12月13日、京子さんは誕生日を迎えたが、佳秀さんは現在が何月かも思い出せない状態だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.