[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「蓮舫代表」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

高須クリニックの高須院長は、民進党・大西健介衆院議員が当クリニックのCMを陳腐だと述べた事などについて提訴した。高須院長は、大西議員の「美容外科の強引な勧誘や誇大広告の事例」についての発言にも反論した。高須院長は、悪徳美容外科の代表だと思われるのは不本意だと述べた。高須院長は1000万円の損害賠償と新聞への謝罪文掲載を求めて東京地裁に提訴した。これについて大西議員は、不快な思いをされたとしたらおわび申し上げたいと謝罪している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
加計学園の問題をめぐる集中審議で、自民党は前川前文部科学事務次官がキーパーソンと指摘した和泉総理補佐官の参考人招致は認めたが、加計学園の加計孝太郎氏の出席は認められなかった。これについて民進党の山井国対委員長は「疑惑隠し以外のなにものでもない。」などと述べた。和泉総理補佐官は加計学園の獣医学部新設に向け、安倍首相からの働きかけはなかったと説明するとみられる。自民党は衆議院で物腰のやわらかな小野寺元防衛相を質問者に立て、政治と官僚の向き合い方などを議論を展開したい考えで、民進党は参議院で蓮舫代表が質問に立ち、最初から加計学園ありきで検討が進み、「行政がゆがめられた」と経緯をただす考えとのこと。

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
稲田大臣は私の指示があったから日報を公開することに至ったという風に話しており、過去にもPKO問題があった時に安倍首相が代わりに答弁した「PKO日報問題」、籠池氏の裁判も出廷していた「森友学園問題」、都議選の応援演説、九州北部豪雨の時に政務三役の防衛省不在などで野党側から辞任や罷免を要求されていた。
稲田大臣がたばねる防衛官僚の背広組、自衛官の制服組は2月15日にデータを公表しないことで意見が一致していたと見られている。問題はその後で、陸自最高幹部が陸自内に保管されている事実を報告したとしているが、稲田大臣は報告を受けたことはないと否定している。
来週に行われる予算委員会では、自民党が質問者に元防衛大臣の小野寺氏を起用し、安倍内閣に責任はないというように持っていくのではと見られている。

2017年7月21日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
破棄されたはずの南スーダンPKO日報が見つかったとされ、稲田朋美防衛相に隠蔽疑惑が浮上した。組織的な隠蔽報道後関与を否定している稲田大臣。3月16日の答弁で「報告はなかった」と言う稲田大臣、だが、2月中旬に陸自最高幹部が日報が保管されていることが稲田大臣に報告していたことが新たに分かった。稲田大臣は報告に関し何も言わなかったため、陸自最高幹部は日報の存在の非公表を了承したものと受け止めたという。報告を受けていたとすれば3月の答弁が虚偽であったことになる。
稲田大臣に対して野党、また自民党内部からも批判の声が上がっている。日報問題の経緯を調べた特別防衛監察、きょうにも結果好評の見通しだったが、菅官房長官は本来は監察対象外の稲田大臣も調査するとし、結果の好評が来週後半にずれ込む可能性が出てきている。安倍首相は麻生副総理との会食で「小泉政権は田中眞紀子外相を更迭した時に支持率が下がった」などと話したという。
政治アナリストの伊藤さんは、予算委員会前に辞任という可能性はゼロではないなどと話した。安倍首相の秘蔵っ子として順風満帆な政治生活を送ってきた稲田氏だが、真珠湾訪問を終え帰国した直後に靖国神社を訪問。日報問題で追求を受けた時は総理が代わりに答える場面も。また、森友問題では籠池氏の顧問弁護士を務めたことはないと否定していたにも関わらず裁判への出廷が明らかに。都議選の応援演説では「防衛省・自衛隊・防衛大臣・自民党としてもお願いしたい」と発言し、撤回お詫びした。九州北部豪雨で自衛隊が救助活動を続ける中、防衛省を不在にした問題。そして今回の日報問題。
稲田大臣はきょう午前の会見で、「昨年10月3日に情報公開があり、文書不存在の為不開示との陸幕長から上申を受け不開示決定されたが、私が12月16日に破棄したため不存在との説明に疑問を持ち改めて捜索するよう指示したことにより12月26日に統合幕僚監部において発見され2月6日公表、13日に当初の決定を取り消し開示したもの。すなわち私の指示により防衛省が全ての日報を情報公開したのであり、非公表や隠蔽を了承するといった行動は、私の姿勢とは相容れないもの」などと報告を受けたことを否定。そして特別防衛監察へ協力する考えを示した。政治アナリストの伊藤さんは「安倍首相としては内閣改造まで持たせいたいと思っているが、最終的にもし批判が高まるなら任命責任より延命責任を問われることになるかも」などと話した。

2017年7月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(報道センターニュース)
民進党の蓮舫代表は25日の両院議員懇談会の後、東京都議会議員選挙の総括を取りまとめるた後に野田幹事長を交代させ党人事を一新する意向をを固めました。蓮舫代表は当初、野田幹事長を続投させる考えでしたが東京都議会議員選挙の惨敗を受けて、これ までの意見調査で”解党的な出直しが必要だ”、”執行部は責任をとるべきだ”など執行部に対する不満が噴出し野田幹事長の交代は避けられないものと考えたとみられます。一方で党内では蓮舫代表が続投する事に大して”代表が代わらないで刷新といえるのか疑問だ”などの不満もあり後任の幹事長選びも難航が予想されます。

2017年7月21日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング1週間の注目ニュース総ざらい
稲田朋美防衛相は、南スーダンでのPKOの日報データが陸自内に残っていたことを、今年3月に報道で発覚するまで知らなかったとしてきたが、問題発覚1カ月前の2月13日に防衛省大臣室で自衛隊幹部から説明を受けていたという証言が浮上した。民進党 蓮舫代表は「即刻罷免すべき」と批判したが、菅官房長官は真相究明のため特別監察の対象に含め調査すべきとした。与党内にも稲田氏の更迭論が上がっている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.