[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「血糖値」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 20:00 - 22:48 テレビ東京
主治医が見つかる診療所 10歳若返るぞ!プロジェクト第5弾 糖と油を上手に摂って若返ろう!

すぐ実践できる糖化対策を徹底調査。八木博士によると糖化対策1つめは血糖値の急上昇を防ぐ食べる糖の量を制限すること。炭水化物はタンパク質や野菜と一緒に食べると血糖値が上がりにくい。
2つ目の糖化対策は糖とタンパク質の合体を防ぐ食品を食べること。ヨーグルトの上澄みが糖化を防ぐ。糖化を防ぐ食品はサニーレタスや春菊など。八木博士が最も注目するのはヨーグルトの上澄み液。乳酸菌が糖化を防ぐ可能性があるという。体を糖化させないためのポイントは血糖値をあげない工夫と糖化を抑える物質を摂ること。
番組主治医が実践する抗糖化の方法を紹介。丁医師のオススメは水溶性食物繊維+酢。南雲医師のオススメはポリフェノールを効率よく摂取できる皮ごと食べられるもの。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットビビットプラス
池谷先生は、夏によく食べる3大食品のそうめん・アイス・冷やし中華に夏バテの原因が隠されているという。その理由は体を冷やす以外に、炭水化物中心の食生活が血糖値の急激な上下動を促すことでだるさやめまいなどの夏バテを引き起こすという。池谷先生の昼食はコンビニだといい、野菜中心のものを購入していた。夏バテ予防の食事法の1つ目は、夏バテの原因の血糖値の上昇を抑える”ソイファースト”で、ヨーグルトに蒸し豆を入れて食べるという。大豆などに多く含まれる水溶性植物繊維に血糖値の上昇を抑える秘密があり、野菜を先に食べる”ベジファースト”と同様の効果が”ソイファースト”にもあるという。池谷先生は”ソイファースト”によって、夏バテだけでなく夏太りをしたことがないという。池谷先生の朝食は、リンゴ・ニンジンなどをジューサーにかけたものにエクストラバージンオリーブオイルをかけた、ビタミンたっぷりの特性ジュース1杯。それと蒸し豆入りのヨーグルトを食べればたんぱく質・ビタミン・ミネラル・適度な糖質・炭水化物も摂れるという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.