[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「衆議院議員総選挙」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

衆議院議員総選挙の総点について「原発ゼロ」ということが伝えられた。そこで小泉元総理が番組に出演して「原発ゼロ」について語っている様子が伝えられた。小泉元総理は「総理が方針を示せば原発ゼロは難しくない」と語った。小泉元総理は「原発ゼロ」を争点にすべき問題だが、自民党はしないと思うと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月19日放送 6:00 - 6:45 TBS時事放談(ゲスト:増田寛也、片山善博)
小池都知事が率いる都民ファーストの会と公明党は都議選の選挙協力で一致。二階幹事長が首相との会談後、自民は自力を発揮して勝ち抜くと発言。月内にも発足する国政研究会について与野党は衆院選の布石だとみている。証人喚問の石原元都知事は小池氏を卑怯だと批判、私一人の責任ではないし混迷の責任は小池知事にあるのだと主張。小池知事は会見を受け、責任ある姿で都政を行うなら人任せはよくなかったのではないかと指摘。侍ではなく知事として話して欲しいとコメント。豊洲問題では百条委員会が当時の責任者から石原氏とは異なる証言を引き出している。

2017年3月17日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
森友学園の理事長が昨日安倍総理大臣の寄付金を受け取ったと報道陣の前で述べた。安倍首相はこれについて否定している。騒動の発端は豊中市の国有地が森友学園に安く売った疑惑。名誉校長が昭恵夫人であることから問題が紛糾した。もし関与していたとしたら、辞職するとまで安倍首相は発言していた。
理事長の自宅に野党の調査団が入った。寄付金は昭恵夫人経由で行われたと理事長は話しているという。名前もない領収書もない100万円を受け取ったと話している。社民党の福島氏は信用に値するというが、実際には名簿にさえ名前も無かったという。
安倍首相と理事長の関係性について。直接的な部分は定かではないが、学園で発行している新聞では安倍政権を手放しに持ち上げる文の数々を掲載していた。昭恵夫人からは彼女が名誉校長としてスピーチをした日に献金を貰ったという。
去年森友学園は国有地を8億円引きで手に入れている。当時理事長は安倍首相との関係について何も口利きなどをしてもらっていないと言っていたのに対し、主張を一転させた。寄付事態に法的に問題はないという。安倍首相は妻や自分が関わることで、大きな不正や犯罪があったかのごとく言うのは大きな間違いだと話している。

2017年3月15日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(報道センターニュース)
移民の排斥やEU離脱を訴える極右「自由党」民首・ウィルダース首相。礼拝所はモスクワの閉鎖など掲げている。14日の最後のテレビ討論でも過激な発言を返した。自由党が第1党の勢いをみせるも、その後与・民主が巻き返し、最新の予測では本線となっている。あす午後3時半まで始まり明日午前には大勢判明する見通し。

2017年3月14日放送 5:00 - 6:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
ことし夏の東京都議選に向け、公明党は都民ファーストの会と政策合意を結び、互いの候補者の推薦をしあうなど選挙協力へ。自民党の候補を推薦してきたこれまでの国政選挙とは異なる対応位に。公明党・斉藤選対委員長は「あくまでも東京都議会・東京都限定の局地的なもの」「国政における自公の関係・信頼関係に影響があるものでは全く無い」などコメント。自民党・下村幹事長代行は「都民ファーストの会のほうにいってしまうのは厳しい。公明党に自主投票になるような働きかけは都連としてお願いしていきたい」などコメント。自民党内からは小池知事側が次の衆院選に候補者擁立すれば公明党はどう対応するのかという不安視の声や、今後の両党の関係に微妙な影響を及ぼしかねないという懸念も。自民党執行部は国政レベルでの緊密な協力関係維持をしながら都議選めぐる対応は今後の推移を見極め判断していく考え。

2017年3月13日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
都議選で、単独過半数獲得を視野に塾生から候補者擁立を目指す都民ファーストの会の小池知事と都議会公明党の幹部が会談し、夏の都議選で連携していくことを確認した。これにより、都議会公明党と都民ファーストの会が都議選で協力することが大筋で合意された。協力内容は互いの候補者の相互推薦。都民ファーストの会は候補者が競合する選挙区でも公明党の候補者の推薦するという。去年都議会自民党との連立を解消した都議会公明党は小池知事の改革路線を支持することになった。これにより都議選は都民ファーストの会・公明党対都議会自民党となり、そのポイントは安倍総理が都知事への批判を弱める、あるいは安倍総理と小池知事の前面戦争もあり得る、と専門家は語る。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.