[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「衆議院議員総選挙」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (エンディング)

東京都議会議員選挙や衆議院議員総選挙に向けて「これだけは言いたい!」について伝える。増田寛也は世論をあまりに気にしすぎているのではないかと語った。片山善博は東京都議会議員選挙について、誰かに寄り添っていれば安心というようなことではなく都政についてしっかりと話すべきと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
秘書への暴行・暴言で自民党を離党した豊田真由子議員について、別の元秘書の男性が暴言を受けていたと新たに証言。5年前に衆院選に立候補予定だった豊田議員は自民党が配信する広報番組「Cafe sta」で「人間って自分を律することを覚えないと将来自分がすごく困ると思う。」など現在の自分を暗示するようなことを述べていた。別の元秘書の男性は「暴言や暴行は頻繁に繰り返されていた」「事務仕事をやっている奥に議員が座っている椅子があって、怒鳴りながらそこのパーテーションをガンガン蹴って、自分もそれなりにショックを受けたんですけど事務の女性がそれで体調を崩して辞めたということがあった」など語る。こうしたことが日常的に行われたために辞めたスタッフは数十人以上。この元秘書にも車内で暴行を受けていた。元秘書は「私は前の座席にいて、豊田議員が殴りかかろうという感じ。たまたま目に豊田議員の手が入ってしまった。その時に思わず痛いと行ったら『私の心が痛いんだ』と言われた。頭に血が上ると制御が利かないというか、そういう感じだと思う」など語る。豊田議員は東京大学法学部から旧厚生省へ入省。ハーバード大学大学院に留学したキャリアの持ち主。幼いころから成績優秀で得意なことはおしゃべりだった。そんな豊田議員はなぜ自分を律することができなかったのか?元秘書は「頭が切れて真面目な人なんでしょうけど、それをうまく生かせなかったのかなと思う。有権者にどうやって説明するんだろうなと思う」など語る。自民党は豊田議員の離党届を受理する方針も、結論は都議選後に先送りかと見られる。

2017年6月25日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(ニュース)
国政選挙に大きな影響を与えた都議選を振り返った。1993年 日本新党が6月の都議選で躍進し、翌7月の国政選挙で35人が当選し細川内閣が誕生した。2009年の都議選では民主党が都議会第1党となり。翌8月の衆院選で勝利し政権交代となった。2013年の都議選では自民党が候補者全員当選となり、翌7月の参院選でねじれを解消した。田崎史郎は政界再編にもつながる選挙だと述べた。都議会は現在、都議会自民党が第1党だが、都議会公明党と都民ファーストの会が過半数を獲得できるからが注目されている。片山善博は国政との関連ばかりではなく、もっと都議会そのものに目を向けるべきと指摘した。小池都知事が遊説した壇上には、若狭勝衆院議員と長島昭久衆院議員の姿もあった。これについて北川正恭、中田宏は小池都知事は国政への進出を考えていると指摘した。

2017年6月25日放送 5:00 - 5:15 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
衆議院の一票の格差の是正に向けて、選挙区を6つ減らし、97選挙区で区割りを見直すことなどを盛り込んだ改正公職選挙法が通常国会で成立し、来月16日以降に公示の衆院選から新たな区割りが適用される。これを受けて自民党は今週、二階幹事長と古屋選対委員長が6県の県連幹部と個別会談をし、候補者調整を本格化させることにしている。県連側は小選挙区で公認できない議員は比例代表の名簿上位で処遇することや、比例代表の候補者は原則73歳未満とするとした党のルールの適用除外とすることなどの要望が出されていて、執行部は要望も踏まえて調整を進め、秋にも決着させたいとしている。

2017年6月24日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
自民党の豊田真由子衆議院議員の元秘書への暴言・暴行疑惑が報道された。音声が公開され、週刊新潮によると、録音されたのは5月20日の夜で、嫌がる秘書に対して「お前はどれだけ私の心を叩いている!」と叫ぶ豊田議員の声が録音されていた。暴行された秘書は「顔面打撲」と診断され、6月18日付けで秘書を辞めたという。豊田議員は都内の名門私立・桜蔭高校を経て東大法学部に入学、卒業後は現在の厚生労働省に入省し、アメリカ・ハーバード州の大学院に留学後、2012年衆議院議員選挙に出馬して埼玉4区で初当選を果たした。録音された音声にはミュージカル調のに嫌味も記録されていた。民進党の蓮舫代表は「また自民党の”魔の2回生”と思いました」とコメント。魔の2回生とは自民党2回生のことで、女性問題で議員辞職に追いやられた宮崎謙介衆院議員、内閣府兼復興政務官を辞任した務台俊介衆院議員、金銭トラブルで離党した武藤貴也衆院議員、重婚ウエディング報道の中川俊直衆院議員も2回生だった。豊田議員は22日、自民党に離党届を提出した。

2017年6月23日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
東京都議会議員選挙が告示されたと報じた。東京都議会議員選挙は国政選挙を先取りする傾向があるので注目されていると伝えた。そこで今回は徹底的に東京都議会議員選挙のポイントを解説する。笠松弘治は選挙の焦点は小池都政の評価だと語った。小池知事はこれまでに、東京五輪・パラリンピック競技会場の見直しを提案したり、費用負担についても一定の結論が出た。また豊洲市場移転問題では、市場は豊洲に移転し、築地は再開発して食をテーマにした一大拠点にすると発表している。
スタジオでは小池知事の都政について話題になった。笠松弘治は常に注目を浴びてきたということから「劇場型」都政と語った。笠松弘治は新たな争点を作ることができたのではと語った。
東京都議会議員選挙には定員127人に対して259人が立候補した。告示を受けて各党の党首らは街頭で指示を訴えた。小池都知事の勢力が過半数を取ることができるかがポイントになってくると伝えた。そのため都政運営のためにも過半数の64議席を取る必要があると伝えた。各党は次の衆議院選挙を睨んで党を挙げた運動を繰り広げている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.