[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「衆院選」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月25日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論辺野古 護岸工事開始 国・沖縄の対立は
西川龍一解説委員は普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、国が護岸工事に着手したことを政治委員の安達宜正氏とともに解説する。安達氏によると現状回復は困難で、後戻りができない工事だという。従来の海上での工事は濁った海水の広がりを防ぐものだったが、護岸工事は大量の石材、土砂を海に投入されることから建設予定地の海を元の姿に戻すことは困難。沖縄県は沖縄防衛局への働きかけを行ない、岩礁破砕許可の期限が切れたことから工事の一時中止などを指示。だが防衛局側は協議に応じなかった。
政府からすると当初の計画どおりで、菅官房長官は「普天間全面返還実現への一歩」と話している。また、今年に入ってから沖縄県内の市長選挙の結果に目を向けると、宮古島市、浦添市、うるま市で自民党、自民党・公明党推薦の候補が勝利し、翁長知事の求心力低下が囁かれる。だが、沖縄県民の辺野古移設に対する見解が変わったわけではない。さらに翁長知事は今回の護岸工事について、「環境保全の重要性を無視した暴挙」とし、工事差し止め訴訟や埋め立て承認撤回に踏み切る可能性がある。安達氏は政府の対抗措置として、「承認撤回の効力停止」、「移設作業の中断による損害賠償請求」「翁長知事本人への賠償請求」を列挙。だが県民との悪化が懸念され、与党内での慎重論がある。
沖縄では移設に反対する活動中に逮捕・起訴された市民グループのリーダーが5ヵ月以上も交流され、人権侵害との指摘が出ている。それでも安倍首相、トランプ大統領は「辺野古移設が唯一の解決策」としている。そうした中、政府、沖縄県側が焦点をあわせているのが平成30年の政治決戦で、1月には名護市市長選、11月には沖縄県知事選があり、衆議院総選挙の可能性がある。西川解説委員は「なし崩し的に工事をすすめるのは許さないという声がある一方、諦めの声があることも事実。今月28日には散歩中の20歳女性がアメリカ軍の元軍属の男に殺害された事件から1年を迎える。この日を3日後に控えた護岸工事の着工を過重な基地負担を抱える沖縄県民がどんな気持ちで迎えているのか思いをはせる必要がある」とコメント。

2017年4月24日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
自民党を離党し無所属となった中川俊直衆院議員についての解説。出身地は広島県で父は内閣官房長官や自民党幹事長など務めた中川秀直氏。12年に衆議院選挙に広島4区から出馬し当選。去年8月に経産相政務官に就任。妻と3人の子どもがいる。週刊新潮が報じたのは中川議員の重婚ウェディング疑惑。愛人女性と2011年から交際。13年にはハワイで結婚式も。両方の友人だというタレント・杉本彩によると、愛人女性はファッションブランドの社長で華やかで個性的。中川議員は重要な役割を担う方。心配で残念などコメント。また、この愛人女性と過去に揉めたことで中川議員にストーカー疑惑も。橋本大二郎は「常識を逸脱している」など、岩渕美克は「全体として程度が低いというか、一社会人として愛人宅の前で騒動を起こして警察沙汰になるなどかなり一般人として常軌を逸している」「国会議員は国民の代表ですのでこういう方が代表でいいのか?」など述べた。
中川議員について地元・広島県からは「引っ越した友達から中川議員の件で東広島のことを思い出したというメールをもらった。こんなことで東広島が全国に広まるのは恥ずかしい」「政治家というより人間として間違っている」などの意見がみられた。廿日市市議の萩村文規氏は「しっかりと自分の口で説明すべき」など、有力支援者の一人は「強く生きてくれとだけメールを送ったが返信はない。辞職して地盤に帰って1軒1軒事情説明したほうが将来のためになるといいたい」など述べた。

2017年4月20日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
和田さんは「なんで重要ポジションで頑張っている方が人の目に触れるかもしれない場所で式を挙げたのが理解不能。浮気ひとつ上手に出来ない、男としてもその程度だった思って気持ち悪い」とコメント。中川氏の政治家一家の子供で、おととい政務官を辞任した。発売前に情報を知っていた田崎さんは「本人は月曜日に知って、辞任を申し出た」と話した。中川氏は辞任前日まで政治活動をしていた。
中川氏は日本大学を卒業後、テレビ東京の政治部記者を務めた。そして、高校時代の陸上部マネージャーと結婚した。その後、退社して父の秘書を勤め、2012年に出馬・初当選した。重婚ウェディングは2013年9月に行われた。政務官は大臣・副大臣に次ぐNo.3のポストである。中川氏は真面目で評判もよく、父親より期待されていた。テリーさんは「議員を辞めるべき。政治家がフェイスブックで謝罪するのはおかしい」とコメント。田崎さんによると、党は議員を辞任してほしくないと思っているので、議員辞職はしないみられるとのこと。

2017年4月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
政府の審議会はきのう、小選挙区を6つ減らして一票の格差を2倍未満におさめるとした法律に基づき、合わせて19都道府県97選挙区の区割りを見直し、格差を最大で1.999倍にする改定案を安倍総理大臣に勧告した。政府は来月、勧告を反映させた公職選挙法改正案を国会に提出する方針。国会では民進党内に複数の選挙区に分割される自治体が増えると疑問視する意見があり、共産党は生活圏を無視した複雑怪奇な異常な線引きがみられると批判している。与党側は新しい区割りのもとで次の衆院選を行うのが筋だとしていて、改正案は今国会で成立する公算が大きくなっている。
具体的な区割りが明らかになったことで定数が減る青森・熊本などに多くの現職議員を抱える自民党では今後候補者調整が課題となる。自民党は小選挙区で公認できない議員については比例代表に転出してもらうことも検討する考え。しかし、比例代表の候補者は原則73歳未満とする党のルールがあることから73歳以上の議員の処遇をめぐり調整が難航することも予想される。また、民進党と自由党も定数が減る岩手県の新3区で現職議員同士の候補者一本化を模索するものとみられている。

2017年4月20日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
衆院97選挙区の区割り変更の勧告が安倍首相になされた。1票の格差がまた1.999倍になってしまうという指摘もあるが、新しい制度に基づく衆院選が可能になるのは今夏以降になる見通しだ。(朝日新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.