[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「認知症」 に関するテレビ情報

2017年2月17日放送 20:57 - 22:00 TBS
中居正広の金曜日のスマイルたちへ 気になる病「若年性アルツハイマー」

「ドラえもん」の声優だった大山のぶ代さんは2015年5月に認知症だと報じられた。夫・砂川啓介さんによると現在の大山さんは啓介さんの事は覚えているが、夫とは認識していない。二人で作ってきた思い出とかは残っておらず、それが切ないのだと話した。2016年4月、啓介さんは病気により入院、大山さんは老人ホームへ同時に入った。その後、啓介さんは通院治療に切り替えたが妻のいない家に帰ると寂しさを感じるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月22日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!カッツミーのピカッとNEWSボード
高齢者へのゴミ出し支援サービスの利用者が急増している。横浜市では5倍も増えている。横浜市で利用できるのは65歳以上。玄関先へゴミを出すと収集日に専門スタッフが訪問して回収してくれる。こうした支援をする自治体は札幌市、千葉市など全国260の自治体が行っており、年々増加している。これは単身の高齢者世帯のゴミ屋敷化を防止する目的もある。15年、さいたま市では一人暮らしの80代の女性の痛いが山積みのゴミの部屋から発見された。内閣府によればゴミ屋敷予備軍は1万人以上だという。横浜市では80代男性が体力の衰えで、集積所まで運べずゴミが溜まってしまったという。またある80代女性は認知症によって気がついたらゴミが溜まっていたという。横浜市ではゴミ出し支援の利用者数は約6000人で7割が単身高齢者だという。市の担当者に話しによれば、見回りで倒れている高齢者を救うケースもあったという。ただし東邦大学の岸恵美子教授によれば支援を受けるには意思表示が必要で、ゴミを他人に任せる事を恥ずかしがる高齢者が多いという。足立区ではおせっかい行政と呼ばれる一人暮らしの高齢者の生活をまるごと支援するサービスを始めている。

2017年3月21日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日林修の今でしょ!講座最新予防法で認知症は食い止められる!歩き方&食事&睡眠法!最新検定2017
認知症予防2017。第4問「認知症予防に期待できる成分が含まれる食べ物は?」、正解は「カマンベールチーズ」。普通のエサを食べたマウスよりも、カマンベールチーズの成分を食べたマウスの方が、認知症の原因物質であるアミロイドβが少なかったという。カマンベールチーズの成分が、アミロイドβを掃除する。マウスを使った実験段階のため、詳しいことは今後の研究に期待。
第5問「認知症予防に期待できる成分が含まれるお酒は?」、正解は「ビール」。東京大学と学習院大学などが昨年発表。ホップに含まれるイソα酸が、アミロイドβを減らすという。1日の純アルコールの適切量は20gで、ビールにすると中瓶1本程度。また、赤ワインにも認知症予防に期待できるポリフェノールが豊富。フランス・ボルドー地方の人は認知症が少ない報告もある。
第6問「認知症のリスクを下げるために積極的にとった方が良いのは?」、正解は「B」。九州大学などの研究によると、牛乳・大豆・野菜・海藻などを多く食べ、米の摂取量が少ない人は、認知症リスクが3割以上軽減したという研究結果がある。
第7問、「高齢者が3ヶ月間受講して認知機能が向上したボランティア活動は?」、正解は「絵本の読み聞かせ」。読み聞かせをした時の脳の血流量を測定すると、脳の血流量が大幅に増える。読み聞かせは脳の広範囲を刺激するため、認知症の予防に効果的。自分が新しく知った情報を家族に聞かせるということも、認知症予防に効果的という研究報告もある。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.