[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「読売新聞社」 に関するテレビ情報

2017年5月17日放送 19:00 - 21:54 TBS
ダイエット総選挙2017夏の陣 夏にまだ間に合う!ダイエット総選挙2017

菅野絵莉花、レイチェル、渡部絵美がMCTオイルダイエットに挑戦する。MCTオイルダイエットは、米や麦・甘いものは徹底して制限し、無臭のMCTオイルを飲む方法となっている。またMCTオイルダイエットによってケトン体質になるという。
渡部絵美がMCTオイルダイエットに挑戦した。夕食、渡部絵美は豆乳、ゆで卵とMCTオイルを食した。渡部絵美は続けていけるか不安を口にした。またプライベートで1週間ハワイ旅行に行くという。
菅野絵莉花がMCTオイルダイエットに挑戦した。22歳当時は約65kgの体重であったが、妊娠の度に食べづわりを起こし、93kgにまで増加した。菅野絵莉花はウエディングドレスを着ることだと目標を語った。

住所: 東京都千代田区大手町1-7-1

URL: http://www.yomiuri.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
JR東海によると、21日は午前中から大雨の影響で愛知、静岡両県内の一部区間で運転見合わせが相次いだ。いずれも夕方までに運転は再開された。停電発生時は京都新神戸間の上下線で少なくとも10本が走行し、立ち往生した下り線の6本はトロリ線が切れた大阪府高槻市周辺の約6キロ間に集中していた。切れたトロリ線は8日の点検時には異常がなく、架線の摩耗も確認できなかったという。しかしこのことによって新幹線の上部には大きな穴が9カ所開いた。この結果約9万人の乗客に影響がでてしまった。(朝日新聞/読売新聞/東京新聞)

2017年6月21日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
加藤一二三九段は藤井四段の活躍を「あの年代では一番研究している」などとコメントし、記者会見では藤井四段のことを杉本昌隆七段が「ちょっと強すぎる」などと称えていた。そして都内にある将棋ソフトを開発する会社でソフトを用い、今日の対局を見ていくと藤井四段の指し方が人工知能に近いことが判明した。史上最年少でプロ棋士となった公式戦で負け知らずで神谷広志八段の最多連勝記録に挑み澤田真吾六段と戦い、勝利し今月26日には歴代単独1位となる29連勝がかかった対局を迎える。

2017年6月21日放送 20:00 - 21:48 テレビ朝日ホワッツ!?となりの外国人ホワッツ!?となりの外国人
日本で働くガーナ人が紹介された。ピーターさんは仕事を探しに日本に来たという。ガーナは1990年代後半に金の国際価格が下落したことにより経済が低迷しているという。
日本で働くガーナ人が紹介された。ピーターさんはボクシングを行っているという。ガーナでは貧しい家庭に生まれ育ったためストリートのジムさえ通うことができなかったという。
日本で働くガーナ人が紹介された。オポクさんは茨城県勝田市で現在の奥さんと出会い結婚したという。現在、オポクさんは埼玉のリサイクル会社で働いているという。夕食にはオムトゥとピーナッツスープが出された。
日本で働くガーナ人が紹介された。オポクさんの息子は高校から陸上部に入学し、陸上未経験ながら初めて測った100mで11秒02を記録したという。今後はスタミナ強化が課題となっているという。
スタジオでは日本で働くガーナ人について話題となった。藤本敏史はパッと見怖いというイメージがあったが、イメージが変わったと語った。また梅沢富美男は東京に来た時、人が多くて吐いたと語った。

2017年6月21日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
27連勝中の藤井聡太四段と対戦して負けてしまった豊川孝弘七段は「藤井四段は強い。僕は藤井四段が有利だと思う。」等とコメントした。豊川七段は羽生さんと同期で15歳で奨励会に入ったが、24歳で四段になり棋士デビューし、2009年に七段となった。豊川さんは『将棋ダジャレの名手』と呼ばれていて、日本将棋連盟のHPで22個の将棋ダジャレが紹介されている。更に、将棋の解説でも将棋ダジャレを披露している。豊川七段は「うけるうけない関係なくダジャレを言ってしまう。」等とコメントした。

2017年6月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
昨日、加藤一二三九段に勝利した藤井四段(14歳)の対局をライブで中継しながら佐藤紳哉七段が解説。佐藤七段は前々から藤井四段は将棋の素質があると聞いていたが実際受けも攻めもこなせる神がかった棋士と評し、対局してみたいと話しながらカツラを外した。
藤井四段は最多連勝記録タイをかけ本日対局中。相手は寝ぐせがトレードマークで2009年に17歳でプロに昇格した若手実力派の澤田真吾六段。藤井四段と澤田六段の対局は二度目で、一度目は棋王戦予選決勝。将棋ライターの鈴木氏によると藤井四段が追い詰められたが逆転勝ちしているとのこと。藤井四段は今月17日、澤田六段は強敵だが気負わずに臨めればと話していた。佐藤七段は中盤の難所は五分五分で、ここから一時間程度でどちらかが有利になっていくと関西将棋会館の中継映像を背景に話した。
藤井四段のしぐさについて、藤井四段がする前傾姿勢は師匠である杉本七段によると勝機を感じ集中力を高めている時に出るもの。今月15日の瀬川五段との対局では序盤から中盤と終盤にかけて前傾姿勢が多く、その際に集中していたのではないかと杉本七段は分析している。対局中のしぐさとして前傾姿勢は気にならないが、加藤一二三九段が自分の手番に残り分数を10秒おきに尋ねるのが毎回のことながら気になったと佐藤七段は話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.