[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「読売新聞」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! はや見せ! 朝刊一面チェック

2020年東京五輪ゴルフ会場の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)が女性の正会員を認めていないことに対し、国際オリンピック委員会(IOC)などから改善を求められていた問題で、霞ヶ関CCは20日、臨時理事会を開き、正会員は男子に限るとしていた定款の細則変更を全会一致で議決し、女性正会員も受け入れることを決めた。(読売新聞)

URL: http://www.yomiuri.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月24日放送 4:00 - 4:15 TBSTBSニュースバード(ニュース)
東京千代田区で前川喜平前文科事務次官が会見を行った。前川氏は「総理官邸と文部科学省の関係は蛇と蛙みたいな関係。蛇ににらまれた蛙は言いたいことが言えない」と述べた。また前川氏は「加計学園しか応募できないような条件が加えられていった」と強調した。一方、国家戦略特区諮問会議八田達夫氏は「規制改革のプロセスに一点の曇りもない。したがって加計ありきで検討されたことはまったくありません」と話した。さらに前川氏は「私に対する個人攻撃だと思われる記事を5月22日の読売新聞に掲載された。その背後に何があったのかメディアの中で検証されるべき問題だと思います」と述べた。
新たな文書で関係が指摘された萩生田官房副長官は昨日に引き続きヒアリングへの出席を拒否した。民進党桜井充参院議員は「萩生田官房副長官にお願いしたが来ていない」山井和則国対委員長は「マスコミ国民に対して直接一言も肉声で萩生田官房副長官は資料につついて説明していない逃げ回っている」と述べた。萩生田官房副長官は都議選の自民党応援にも姿を見せなかった。萩生田官房副長官は「加計問題に関連して安倍総理からいかなる指示を受けたこともなく、誰かに指示を伝えたこともありません」とコメントした。

2017年6月23日放送 23:58 - 0:55 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(プチ鹿島のプチタイム)
プチ鹿島のプチタイム、今回は朝日新聞の夕刊で素粒子というコラムで森友学園とかけ学園をそばの「もり」と「かけ」にたとえていると紹介。読売新聞の編集手帳は、吉田兼好の徒然草から引用し、安倍首相は名将だから良いが、鈍い人を使いすぎだと、全部金田勝年法相のせいにしているという解釈をプチ鹿島が紹介した。
NEXT 「命のバトン」おばあに誓い。

2017年6月23日放送 23:30 - 0:15 TBSNEWS23(ニュース)
東京千代田区で前川喜平前文科事務次官が会見を行った。前川氏は「総理官邸と文部科学省の関係は蛇と蛙みたいな関係。蛇ににらまれた蛙は言いたいことが言えない」と述べた。また前川氏は「加計学園しか応募できないような条件が加えられていった」と強調した。一方、国家戦略特区諮問会議八田達夫氏は「規制改革のプロセスに一点の曇りもない。したがって加計ありきで検討されたことはまったくありません」と話した。さらに前川氏は「私に対する個人攻撃だと思われる記事を5月22日の読売新聞に掲載された。その背後に何があったのかメディアの中で検証されるべき問題だと思います」と述べた。
新たな文書で関係が指摘された萩生田官房副長官は昨日に引き続きヒアリングへの出席を拒否した。民進党桜井充参院議員は「萩生田官房副長官にお願いしたが来ていない」山井和則国対委員長は「マスコミ国民に対して直接一言も肉声で萩生田官房副長官は資料につついて説明していない逃げ回っている」と述べた。萩生田官房副長官は都議選の自民党応援にも姿を見せなかった。萩生田官房副長官は「加計問題に関連して安倍総理からいかなる指示を受けたこともなく、誰かに指示を伝えたこともありません」とコメントした。

2017年6月23日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
前川前事務次官は加計学園をめぐる”総理のご意向”文書について、先月25日に「文書は存在する」と会見で発言。これに当時、政府与党は前川氏批判を繰り広げていた。さらに、出会い系バーに通っていたと読売新聞が報じ、前川氏も「女性の貧困の実態を聞くために店に訪れ、小遣いを渡した」と認めた。これを菅官房長官は「教育行政の最高責任者がそうした店に出入りして小遣いを渡すようなことは到底考えられない」と批判した。野党側が前川氏の証人喚問を要求しても、与党側は拒否し続けた。今月15日に文書の存在が明らかになると、前川氏は”もともとあった文書が「あった」と確認されたのは当然のこと”とコメントを寄せた。

2017年6月23日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊まとめ
自民党の保岡興治憲法改正推進本部長は首相の提案を踏まえ、憲法9条1、2項を維持した上で自衛隊の根拠規定を追加する案など4項目を検討していて、年内に改正案を作成するとの事。国民投票も想定されており、仮に発議が6月末なら、投票は8月末から12月末となるとのこと。(読売新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.