[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「読売新聞」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

URL: http://www.yomiuri.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月22日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
トランプ大統領が最側近のバノン氏を更迭したことについてのトーク。先週金曜日に大統領上級顧問・首席戦略官のバノン氏が更迭された。ホワイトハウスは「今日がバノン氏の最後の日となることで合意した。貢献に感謝し、今後の幸運を祈る」と声明を発表している。先週土曜日にトランプ大統領は「バノン氏の貢献に感謝した。不正ばかりのクリントン候補との選挙戦に加わってくれた」とした。更迭された理由の1つ目は「娘婿のクシュナー上級顧問との対立」で、今年4月にシリア攻撃をめぐり「化学兵器で痛ましい被害が出ている」と賛成したクシュナー氏に対し、バノン氏は「米国民が犠牲になっておらず米国第一主義に反する」と反対した。白人至上主義であり規律を乱すバノン氏の解任をケリー氏はトランプ大統領へ伝えていたという。
トランプ大統領が最側近のバノン氏を更迭したことについてのトーク。2つ目の理由は「北朝鮮の対応をめぐりトランプ氏とズレ?」で、バノン氏は「我々は中国と経済戦争中だ。北朝鮮問題は余興にすぎない。軍事的解決などありえない」としてトランプ氏が排除していない軍事オプションを否定した。これにトランプ氏は怒り心頭だったという。

2017年8月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
山梨市の職員採用試験での改ざん事件について。便宜をもとめて前山梨市長に賄賂をしたとして校長と住職が逮捕。校長の息子を受からせるため現金80万円を渡した疑い。(読売新聞)

2017年8月22日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
きのうアメリカ海軍のイージス艦がシンガポール沖でタンカーと衝突。イージス艦が所属するのは。第七艦隊。第七艦隊は2カ月前にも事故をおこしている。相次ぐ事故をうけアメリカ海軍は全艦船の運用停止し、安全点検を行うとのこと。(読売新聞)

2017年8月22日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビ新聞トップ記事 徹底比較
前原誠司氏と枝野幸男氏の一騎打ちとなった民進党の代表選について、対小池新党に差が出てきている。小池新党との連携について前原氏が含みを残している一方、枝野氏は否定的となっている(毎日新聞)。民進党の国会議員100人の動向を調査したところ、前原氏が優位になっている(読売新聞)。

2017年8月22日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊見出しまとめ
読売新聞は俳句甲子園で開成高校が連覇を達成したと伝えた。(読売新聞)

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.