TVでた蔵トップ >> キーワード

「読売新聞」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー 新聞ぜーんぶ見てみよう!

訪日外国人が最速で1000万人を超えたと伝えた。去年よりも早いペースだと伝えた。大型クルーズ船の寄港や航空路線の拡充などが増加の理由だと伝えた。宮本和知は地方にも外国人観光客が多いと語った。(読売新聞)

URL: http://www.yomiuri.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
須田さんの考える早期解散の理由その2は、小池新党の準備不足。読売新聞によると、新党の党名・綱領などを決める作業を急いでいて、新人の選挙資金・手足となって動く組織のあては見つかっていないという。須田さんは、「選挙というのは公示日から本格的にスタートするが、当選される方のだいたい6~7割は公示日でほぼ当選を決めている。そう考えると、準備不足はおろか、準備なんか何もやってないじゃないかということになる」と述べた。東国原さんは、「小池さんの名前を冠につけないと効力は下がる。党名は小池新党になるのでは。小池さんは選挙のためなら何でもやる」と話した。須田さんは、「過去に“山本太郎となかまたち”というのがあったから、ないわけじゃない。小池さんならありうる」と述べた。

2017年9月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
自民党が新たな政権公約とするのが社会保障制度の見直し。幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減を盛り込む。消費増税の増収分のうち一部を子育て支援などにふりわける。(読売新聞)

2017年9月20日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
トランプ大統領の強い言葉の演説は大きく取り扱われているが、新聞によって評価が大きく異なっている。産経新聞では「トランプ氏による今回の演説は国連を軽視するような従来の立場と孤立主義を連想させる「米国第一」の主張を国連の理念である「主権」「安全」「繁栄」と絶妙に融合させ「トランプ時代の国連」という新たな概念を打ち出した」と評価している。一方読売新聞では「外交政策全般に通じる一貫した理念は見えず、場当たり的な言動に国際社会が振り回される状況は変わりそうにない」・「最近は北朝鮮を「最大の懸案」として積極的に取り上げているが、政権のスキャンダルから関心をそらしたいと言う思惑も見え隠れする」と批判していた。そして、トランプ大統領に続いて日本時間の明日には安倍総理も演説をするが演説の全編が北朝鮮問題になっていて「北朝鮮は核・ミサイル開発をあきらめるつもりなど持ち合わせていなかった」・「必要なのは対話ではなく圧力だ」・「「すべての選択肢はテーブルの上にある」というアメリカの立場を支持する」と言った内容になっている。浜田敬子さんは「名指しで避難することは無かったのではないか。日本も圧力をかけるとしていたが、これに同調していいのか」と述べた。玉川徹さんは「ロケットマン発言は挑発だが、演説の原稿はホワイトハウスが見ているため、何か意図があるはず。北朝鮮から攻撃があればソウルが火の海になっても戦争ができる・戦争するために謀略をしているのであれば、アメリカに同調すると泣きを見るのは日本になる」とコメントしていた。浜田敬子さんは「アメリカの軍需産業の株がこの騒動によって上がっている」ということにも言及した。

2017年9月20日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
自民党の衆院選公約にアベノミクスの加速化が加わる。ほか、全世代型社会保障制度の実現、憲法改正など。社会保障については、民進党から「模倣だ」などと批判がでている。

2017年9月20日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビ新聞トップ記事 徹底比較
社会保障制度の見直しや幼児教育の無償化などを通じ、労働力の生産性向上を通じたGDPの増加や家計の負担軽減による消費拡大をはかる。自民党は衆院選の公約に関して改憲の条文案は掲げない方針を決めた。一方、憲法9条に自衛隊を明記するという安倍総理が打ち出した改正案を公約に盛り込む方針を固めた。また、再来年の消費税アップの増収分のうち1兆円超を教育などの充実策に振り向けるため、財政再建にまわる税収が減り2020年度としてきた基礎的財政収支の黒字化目標の達成を先送りする意向だと報じている(読売新聞/東京新聞/朝日新聞/日本経済新聞)。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.