[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「専門家会議」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (関東甲信越のニュース)

豊洲市場の「地下水管理システム」が去年の10月から本格稼働しているが、地下水の水位が未だに管理目標まで下がっていないことがわかった。都の担当者は「春に雨が多く水位が上がったが、現在徐々に低下し、システムは機能している」としているが、都議会からは疑問の声が上がっている。専門家会議では有害物質検出の地下水を浄化するためのポンプの数を増やすなど、強化策を示した。汚染対策が進むのか注目される。

URL: http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/expert/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
昨日、専門家会議では、盛り土に代わる「新たな土壌汚染対策」を議論されるはずだったが、大紛糾の末、対策の説明に至る前に休会になった。地下水の最新の調査では、最大で環境基準の100倍のベンゼン検出しており、小池都知事は、汚染を環境基準以下にする「無害化」目指す、石原都政時代の方針を重視している。「豊洲市場の安全安心を、どう確保するのか、市場の皆様と連帯、理解を深めていただきたい。早く専門家会議を再開していただきたい」と話した。

2017年5月19日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
地下水モニタリング調査の結果報告。今回も環境基準の最大100倍のベンゼンなど有害物質を検出。環境基準を超える「ヒ素」及び検出されないことが基準となっている「シアン」も複数箇所で検出された。しかし、追加対策を行えば、地下水や主要建物の下にある地下空間の大気に含まれる有害物質の濃度上昇を将来的に抑えることが出来るという。追加対策案は地下空間に遮蔽シートを敷く方法。揮発ガス遮蔽効果は高いという。もう一つの対策案は地下空間にコンクリートを敷く方法。揮発ガス遮蔽効果は低いという。
無害化をめぐり専門家会議で業者は「豊洲が安全だというなら将来土壌汚染の問題が発覚して我々が倒産するようなことになったらあなた方は保証できるんですか?」と言う質問に対し平田座長は「無害化の約束を私はできない。全て環境基準にすることを今回は目指していない」と話している。豊洲の無害化を言い出したのは石原慎太郎氏で無害化は石原知事時代に移転の条件として設定されている。小池都知事も「ゼロリスクはありえないが、尊重すべきだ」と話している。

2017年5月17日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZERO(エンディング)
5月18日のBookmark。 豊洲市場の安全性を研究している専門家会議が開かれる。

2017年5月17日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
豊洲市場の問題で専門家会議の検討結果がまとまった。専門家会議は豊洲市場で盛り土がないことが発覚した建物の地下が空洞になっていることや地下水から環境基準を上回る有害物質が検出されたことをうけた検証を続けていた。対策案では土壌に含まれる有害物質が気化し空洞に上昇するのを防ぐため空洞の底に特殊なシートやコンクリートを敷く他換気設備を新たに整備するとしている。地下水の汚染対策として地下水を汲み上げ水位を一定に保つ地下水管理システムのポンプ機能を強化するとしている。その上でこれらの対策を進めることで無害化を目指すことができるとする見解をまとめた。無害化は石原知事時代に移転の条件として設定していて、小池知事は無害化が達成されているか重視する考え。これらの検討結果は明日の専門家会議で公表される予定で小池知事がどのような判断を示すか注目される。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.