[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「豊洲新市場」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

豊洲新市場の移転問題を調査中の百条委員会は石原慎太郎元都知事の証人喚問を行った。石原氏の後ろに弁護士と主治医2人が座り質疑応答時間は1時間に短縮された。石原氏は交渉で浜渦氏に一任していたことを主張。東京ガスが土壌汚染対策費として78億円支払いそれ以上の追加負担を求めなかった件について質問されると石原氏は「担当の方からそういう報告を受けた記憶はございません」と繰り返した。今回の証人喚問を受けて小池知事は「都民のみなさんの都政への信頼もしくは、なぜこうなったのかということを理解するのにつながるんだろうと思います」とコメントした。新たな事実を引き出せなかった百条委員会、議会からは石原元知事に再度証人喚問をという声も上がっている。

URL: http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月28日放送 11:08 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(築地市場)
「ただの氷ではなかった」「いろんな技を加えて温度も何もかも偶然ではなくきちんと管理している」「僅かな差だが日々日々いい状態で魚を届けられるように研究されている」「色々な氷の技がある」「氷自体が変幻自在。豊洲市場では空調管理されているので氷を使う量が少なくなると考えられているが氷は仲卸さんの相棒なのでその技はなくならないのではないか」等とトークされた。

2017年7月27日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論(開幕まで3年。東京五輪への準備状況と課題を考える。)
開幕まで3年を切った東京五輪・パラリンピックに向けた準備状況と課題について、刈屋富士雄氏が解説する。参加国をホストタウンとして迎え入れて交流を深めようと全国252の自治体が既に74の国・地域と交流を開始し、795の大学ではシンポジウムが開催されたり、ボランティアの育成などが進んでいる。一方で、招致時に「コンパクトかつダイナミックな大会を開催し、オリンピックの未来を見せる」と掲げていたが、メイン会場やエンブレムの白紙撤回、分散開催など修正が相次ぎ、IOCのジョン・コーツ副会長は「信頼関係を壊す」などと苦言を呈している。そして、2024年五輪の招致活動から各都市が立候補を取り止め、フランス・パリ、アメリカ・ロサンゼルスが2024、28年にそれぞれ割り振ろうとしている。
1964年の東京五輪ではアジアで初の五輪開催とあって国際的な存在感を示し、復興や経済発展、インフラ整備などがレガシーとして残った。2012年のロンドン五輪ではボランティアの定着させたりなどロンドンはイメージアップに成功。一方で、2020年では依然として期待感が膨らまず、新国立競技場について聖歌の設置場所などは未決定。さらに大会後は球技専用とする方針で、陸上界やファンは気落ちすると予想される。東京五輪に向けた期待感をふくらませる上で、狩屋氏は環状2号線などの輸送面の調整を進めなければ、アスリートファーストの根幹を揺らげると指摘。また、実施される競技は過去最多で、若者に人気種目が増えたとあって若者へのアピールに向けた検討が求められる。そして、サニブラウンや平野美宇といった東京五輪世代が活躍している中、同氏は夢の舞台を整えて大会後にはベイエリア、神宮外苑エリアを日本の総合的なスポーツの拠点とする声に応え、具体計画をまとめるべきとしている。

2017年7月24日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZEROTOKYO 2020 Olympic and Paralympic Games
3年後のきょう、2020年東京五輪の開会式が行われる。今夜、都庁で東京大会を盛り上げるイベントが行なわれ、オリンピアン・パラリンピアン、TOKIOらが参加した。開催都市に引き継がれる旗をお披露目する「フラッグツアー」は全国で展開される。
櫻井翔は、IOCが懸念を示している東京五輪の選手村や競技施設をつなぐ交通・輸送網について取材した。特に大きな課題は環状2号線。築地市場の移転が延期されたため、付近のトンネル工事ができず、3.4kmが未開通のままになっている。地下トンネル開通は東京大会には間に合わないという。さらに、逆方向からは環状2号線を渡す築地大橋があるが、こちらも築地市場があるため工事が止まっている。東京都は2020年3月末をめどに地上を通す道路を整備するとしているが、信号機が増え、道幅が狭くなるなどの理由で渋滞が発生し、選手の移動に支障をきたすおそれもある。
メーンスタジアムとなる新たな国立競技場の建設が急ピッチで進められている。完成は2019年11月末の予定だが、その建設現場で現場監督をしていた23歳の男性が過重労働の末、自殺していたことがわかった。設計変更で工期に余裕がなく、現場監督らに負担がかかっているという。遺族側によると、自殺した男性は前月の時間外労働が200時間を超えていて、労働基準監督署が調査を開始している。

2017年7月21日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
豊洲市場に計画される観光施設「千客万来施設」の運営会社が「小池知事の方針によって築地市場にも同じ施設ができれば採算がとれなくなる」などとしてこのままでは撤退せざるを得ないとする意向を都に伝えたことがわかっている。これについて小池知事は「築地の食のブランド力を生かす。千客万来の施設の皆様が相乗効果が出るくらいの考え方が必要。」などと述べ、運営会社の懸念はあたらないとする認識を示した上で「運営会社と連携を取れていたかというと薄かった。反省し、説明し納得してもらえるよう努力したい。」とした。また、都の関係局長による会議で中西副知事は豊洲への早期移転を最優先に取り組むよう指示した。村松中央卸売市場長は盛り土がなかったことに伴う環境影響評価の手続きを来月中旬までに始め、来年の春から秋に移転に向け環境が整うとした今後のスケジュールを示した。

2017年7月21日放送 16:50 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
東京都庁で開かれた市場移転に関する関係局長会議で、移転の前提となっていた豊洲市場の土壌汚染無害化の方針を撤回し、追加対策を行った上で来年春から秋にかけての移転を目指すことが明らかにされた。小池知事は会見で「正確な情報発信を徹底し都民の理解を得ていくことが重要だ」と述べた。築地市場の跡地に建設予定の環状2号線は2020年3月までに地上部分を完成させるとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.